一体型PC : まとめらいぶ

タグ:一体型PC

1:まとめらいぶ 2019/10/11(金) 17:27:46.92 ID:+NmcYd1n9
ドン・キホーテが同社のプライベートブランド「情熱価格」から、21.5型フルHDディスプレイ
一体型のPC「MONIPA(モニパ)」を10月11日(金)に発売します。価格は税抜2万9800円。

ドン・キホーテはこれまでも格安PCを販売してきましたが、MONIPAはその最新版。
21.5型のディスプレイは非光沢のIPS液晶で、HDMI入力を備えており、
ゲーム機などのディスプレイとしても利用可能です。

肝心のPC部分は、CPUはAMD A4-7210でグラフィックはRadeon R3 Graphics。メモリは4GBで
増設不可。ストレージはeMMC 64GB。ストレージについては、SATA接続の拡張スロットを
備えており、最大2TBで7mm厚の2.5インチSATA接続HDDもしくはSSDを利用可能です。

そのほかのインターフェースとしては、USB 3.0 x 2、USB 2.0 x 1、microSD x 1、有線LAN
(RJ-45) x 1。3.5mmのヘッドフォンジャック、マイクロフォンジャックも備えます。

無線関連はIEEE 802.11 a/b/g/n/acにBluetooth 4.2対応。2W x 2のスピーカーを内蔵し、
USB接続のマウスとキーボードも付属します。出荷時OSはWindows 10 Sモードですが、
Windows 10 Home 64bitへ移行可能。

サイズは幅495 x 高さ372 x 奥行139mm(スタンド含む)で重さは約2.6kgです。

現在のWindows 10を使う上でメモリ4GBは厳しいものを感じますが、液晶一体型PCでHDMI入力を
備えたモデルは比較的珍しいのが特徴。価格も手頃なため、普段はゲームなどのディスプレイとして
使いつつ、いざとなったら単独でウェブ閲覧やテキスト編集もできるセカンド端末としてはいいかも
しれません。

【Engadget 日本版】

【ライブドアニュース】 
 https://news.livedoor.com/article/detail/17214344/
no title

引用元: 【家電】ドンキ、21.5型フルHD液晶一体型PC「MONIPA」発売 お値段2万9800円(税抜)

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1まとめらいぶ2016/12/08(木) 13:09:26.68ID:CAP_USER.net
【engadget】
 http://japanese.engadget.com/2016/12/04/pc-2-pc-ii-2017-1/



テックウインドがキーボード一体型PCキーボードPC II(WKA-W10HBK)を発表しました。
発売時期は2017年1月下旬以降、オープン価格。テックウィンドは今年2月にキーボード
一体型の「キーボードPC WP004」を発売しており、このときは「まるでMSXだ」と話題に
なりました。今回のモデルはその後継機にあたるとのこと。キーボードPC IIの特徴は、
一見すると一般的なキーボードのくせに内部にPC機能を内蔵しているところ。外部
ディスプレイと接続すればWindows 10 Home(64bit)搭載のデスクトップPCとして
利用可能です。前モデルでは外部電源が必須でしたが、本製品では6000mAhの
バッテリーを内蔵、外部電源なしでも約6時間連続使用できるようになりました。

CPUはIntelのAtom Z3735F(1.33GHz駆動)からx5-Z8300(1.44GHz駆動)へ、
RAMは2GBから4GBに強化。さらにUSBポート2基のうち1つがUSB 3.0になるなど、
スペックも順当に強化されています。なお、内蔵ストレージ容量は32GBで、最大
64GBのmicroSDXCカードに対応したスロットを備えます。キーボードは82キーの
日本語独自配列を採用。先代では非常に小さかったタッチパッドはキーボード
右側に異動して充分すぎるほどの大きさとなりました。ディスプレイ出力では
HDMI(最大2560x1440px)、VGA(最大1920x1080)での表示が可能。
そのほか、ステレオスピーカーを内蔵し、イヤホンジャック、
有線LANポートなどを備えています。

無線規格は、IEEE 802.11b/g/n、およびBluetooth 4.0を搭載。
本体の大きさは約321.46×115×26.6mmで、重量は約560g。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ