タグ:ワイヤレス充電

1まとめらいぶ2017/09/13(水) 22:54:51.74ID:CAP_USER.net
Appleは米国時間9月12日、同社が設計した無線充電アクセサリ「AirPower」を
発表した。無線充電機能を搭載する新型「iPhone」3機種に対応する。
2018年に発売予定だ。

 AirPowerは充電に対応するエリアが広く、「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」
「iPhone X」のユーザーは、「Apple Watch Series 3」やワイヤレスヘッドホン
「AirPods」用の新しい無線充電ケースなど、最大3台の機器を同時に充電できる
ようになるという。Qi規格に準拠している。



2018年発売時の価格は不明だ。

 Appleは12日のイベントで、AirPowerの短いデモを参加者らに披露した。
AirPowerによる機器の具体的な充電時間について、詳細は語られなかった。

 iPhone Xの予約受付開始は10月27日、発売は11月3日の予定だ。iPhone 8と
iPhone 8 Plusの予約受付開始は9月15日、発売は9月22日。AppleがAirPower
の販売を開始する前でも、サードパーティー製のQi対応無線充電器が使用できる。

【cnet】
 https://japan.cnet.com/article/35107168/
続きを読む

1まとめらいぶ2017/01/15(日) 17:28:09.03ID:CAP_USER9.net


今年の発売が噂される「iPhone8」の新たなコンセプト動画が公開されました。

軽くて強いセラミックボディ

「iPhone8」のコンセプト動画を公開したのは、これまで、数多くの
Apple製品のコンセプト動画を公開しているConceptsiPhoneです。

カラーバリエーションは、ホワイトとブラックの2色で、
毎年新色を追加してきた近年の傾向からあえて外れています。



ボディの素材は、昨秋発売されたApple Watch Editionと同様、軽くて強度が高く、
電波に影響を及ぼさない酸化ジルコニウムセラミックを使っています。

なお、Appleが、この素材をiPhoneに使う可能性を想定していることが、
特許出願書類から明らかになっています。

ただし、iPhoneの生産規模でセラミック素材を加工するのは困難ではないか、
とも言われています。

5.8インチ曲面有機EL、iPhone史上最薄

ディスプレイは、5.8インチの曲面有機EL(OLED)ディスプレイで、
iPhone7の7.1mmよりもさらに薄い6.9mmは、iPhone史上最薄です。



ホームボタンは、ディスプレイ下のベゼルに埋め込まれています。



ワイヤレス充電に対応

ワイヤレス充電に対応したSmart connectorが搭載されており、
充電台に乗せるだけで充電できます。



なお、iPhone8は、部屋のどこに置いても充電できる遠距離ワイヤレス充電に
対応するのではないか、とも噂されています。

公開されたのは、あくまでもコンセプトデザインで、Apple公式のものではありませんが、
秋とみられる次世代iPhoneの発表への期待が高まりますね。

「iPhone8」のコンセプト動画はこちらからご覧ください。



【livedoor news】
 http://news.livedoor.com/article/detail/12543290/ 
続きを読む

↑このページのトップヘ