1:まとめらいぶ 2022/06/09(木) 19:30:59.94 ID:q14gQ8Tf0● BE:896590257-PLT(21003)
4トン級EVローラー商品化へ、酒井工業が「2号機」製作

酒井重工業はリチウムイオン電池で駆動する電気自動車(EV)式ローラーの2号機として、
客先での利用を想定した機種を年内に製作する。

完成済みの1号機は社内テスト用が主目的で、客先の利用を想定した作りになっていない。
ローラーは地面を押し固める作業に用いる。

2号機を実際の現場工事で実験的に利用してもらうことで、細かい操作性や使い勝手などを検証。

改良に反映し、早期の商品化につなげる。

環境保護や二酸化炭素(CO2)排出削減の見地から、
コマツや日立建機をはじめとする建設機械メーカー各社はEVショベルの開発を加速している。

酒井重工業は主力製品のローラーで対応する。

酒井重工が開発を進めるEVローラーの大きさは4トンクラス。

油圧ショベルと同様、ローラーも重量が大きいため、現在のリチウムイオン電池では
稼働時間が短く、価格も通常車の数倍する。

ただ、電池自体は高性能化や低価格化が進んでおり、将来新しい電池が登場した
段階でそれに置き換えて実験を続けることも視野に入れる。

稼働時間のネックを解決するため、コマツはホンダの交換式バッテリーを活用した
電動マイクロショベルを開発している。

酒井重工の酒井一郎社長は「ローラーでもバッテリー交換方式が可能かどうか検討したが、
重量が大きいので難しい。ただ関心はある」と話す。

https://newswitch.jp/p/32471

no title



引用元: 【画像】斬新なEVロードローラーだッ!

(C)2015 - 2022 まとめらいぶ

続きを読む