ローソン : まとめらいぶ

タグ:ローソン

1:まとめらいぶ 2018/10/31(水) 23:33:56.86 0
ローソン店員が募金箱のお金をレジの中にいれている!

お店側が募金で集まったお金を横領しようとしていると
言わんばかりのツイートがTwitterで拡散されました。

でもこれ、単に募金額を集計しているだけなんです……。

no title

ツイートが投稿されたのは10月29日。店員が募金箱のお金を取り出し、
レジに入れる様子が撮影された動画も添付され、2万5000件近いRTを稼いでいました。

しかしリプライ欄では
「単に集計しているだけ」「店員がかわいそう」
「何でも盗撮して拡散すればいいってもんじゃない」と、
ツイートを訂正しようとするコメントや、
ツイート主への批判が殺到。

ローソン広報に確認したところ、動画については既に把握しており、
やはり「募金額をレジで確認しているだけ」とのことでした。

no title

ツイート主は未成年のようで、Twitterでは学校などの個人情報を調べ上げ、
拡散しようとする動きもあります。しかしこうした私刑行為は必要以上に
当人を追い込んだり、無関係の第三者を巻き込むデマにつながる危険性もあるため、
くれぐれもやめましょう。

【ねとらぼ】
 http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1810/31/news071.html

引用元: バカッター「ローソンの店員が募金をレジに入れてる!」ローソン「募金額の集計してるだけです」バカッター炎上して批判殺到

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2017/10/22(日) 13:56:27.15ID:CAP_USER9.net
ローソンは12月5日から、
「からあげクン ブラックホール味(ブラックペッパー)」
を発売する。210万食限定で、価格は216円(税込み)。

「からあげクン ブラックホール味(ブラックペッパー)」は、今年5月から6月に
かけて、人気マンガ「宇宙兄弟」連載10周年を記念して行われた企画“みんなで
つくる「からあげクン宇宙で食べたい味」”から誕生した味。多くのアイデアが
寄せられた中で、「ブラックホール味」がグランプリに輝いた。

ブラックホールをイメージして、竹炭パウダーとイカ墨を使用した黒色の
からあげクンで、ブラックペッパーがしっかり効いたピリ辛味だ。

なお、ローソンは現在、「からあげクン」を2020年に「宇宙日本食」
(※食品メーカーが提案する食品をJAXAが評価し、宇宙食としての基準を
満足している場合に宇宙日本食として認証するもの)として認証を
得るための申請を進めている。

【livedoor NEWS】
 http://news.livedoor.com/article/detail/13780902/

ナリナリドットコム


続きを読む

1まとめらいぶ2017/08/14(月) 06:48:50.90ID:CAP_USER.net
NTTドコモが、QRコード読み取りによる決済サービスを今年度中にローソンなどで
始めることが13日、分かった。利用者は、店頭でスマートフォンのアプリに表示した
QRコードを読み取ってもらうことなどで代金支払いが完了する。代金は毎月の携帯
電話料金と一緒に支払う。

 国内のQR決済の普及は中国より遅れているが、携帯電話最大手のドコモの参入で
普及に弾みがつきそうだ。

 QR決済は、政府が成長戦略で掲げる非現金(キャッシュレス)決済の“起爆剤”
として期待され、楽天や無料通信アプリのLINE(ライン)などIT大手が普及
に乗り出している。

 QRコードの読み取りはスマホや従来のバーコードリーダーでできるため、電子
マネー決済用の読み取り機に比べれば導入コストが格段に安い。このため、店舗側
の負担が少なく、利用者にとっても基本的には自分のスマホにアプリを入れるだけ
で使える。

 ドコモの計画するQR決済は、毎月の携帯電話料金と合算して決済代金を支払う
仕組みのため、クレジットカード登録などは不要だ。ドコモの「dポイント」を
支払いに充てることもできる。

 中国ではQR決済を含むキャッシュレス決済の割合が全体の約6割を占め、露店
などの小規模店でも普及が進む。これに対し、現金支払いの割合が世界最高水準の
日本では、キャッシュレス決済比率が約2割にとどまる。だが、政府は訪日外国人
の利便性向上などを目的に、10年後に約4割まで引き上げる目標を成長戦略に
盛り込んだ。

 ドコモはQR決済の導入費用負担の少なさを武器に、ベンチャー各社などと提携
して対象店舗の拡大を図る。ドコモは従来型携帯電話時代から電子マネー「iD」
の普及を進めているが、今後は「iDが浸透していない地方の小規模店舗にもQR
決済を普及させたい」(ドコモ幹部)考えだ。

【用語解説】QRコード 白黒のモザイク模様で四角形のコード。自動車部品大手
デンソーの事業部(現デンソーウェーブ)が平成6年に開発した。従来のバーコード
が横方向(1次元)にしか情報を持たないのに対し、縦と横(2次元)に情報を
入れられるため、数字だけでなく、英字や漢字など多くのデータ(数字のみで最大
約7千字)を収容できる。QRはクイック・レスポンスに由来し、データを瞬時に
読み取れるのも特長だ。

【産経ニュース】
 http://www.sankei.com/economy/news/170814/ecn1708140004-n1.html

続きを読む

1まとめらいぶ2016/12/13(火) 19:18:52.50ID:CAP_USER9.net
◆ ローソンとパナソニック、「無人レジ」の実証実験を公開

コンビニ大手のローソンとパナソニックは、コンビニでのレジ打ちや
袋詰めを自動で行う、「無人レジ」の実証実験を公開しました。

ローソンとパナソニックが開発したのは、「レジロボ」と名づけられた、
無人のレジシステムです。買い物かごに商品のバーコードを読み取る
センサーがついていて、客が自らバーコードを読み取らせます。

精算が終わると、かごの底がスライド式に開いて袋詰めも自動で行います。
ゆっくりと袋詰めするので、卵も割れません。

「レジロボ」を1台導入すると、店の仕事をおよそ1割削減できる見通しで、
ローソンは2018年度以降の本格導入を目指しています。

一方、海外では、更に進んだ試みが始まっています。
アメリカの通販大手のアマゾンが運営するコンビニの映像です。

店に入ってきた男性。商品を手に取ると、そのまま店を出て行ってしまいました。
次の女性は、自分のバッグに次々と商品を入れていきます。

一見、万引きしているように見えますが、違うのです。
そもそも「レジ」がないコンビニなのです。

どうやって支払っているのかですが、まず、入店する際に、客はゲートにスマートフォンを
かざします。店内では客がどんな商品を取ったのかカメラやセンサーなどが検知して、
逐一、スマホの専用アプリに情報を集めます。

やっぱり棚に返すという動きも、全て認識できるということです。
店を出る際に、スマホのアプリが商品の合計額を計算し、
クレジットカードで代金が決済されます。

この店はアマゾンのアメリカ本社の1階にあり、既に社員向けに営業が始まっていて、
来年1月には一般の人も利用できるということです。

写真:



【TBS News i】
 http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20161212-00000061-jnn-bus_all
続きを読む

↑このページのトップヘ