『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.11.20

      ロック板

      1まとめらいぶ2017/03/11(土) 12:25:55.89ID:CAP_USER.net
      【乗りものニュース】
       https://trafficnews.jp/post/65954/



      コインパーキングで近年、「ロック板」を廃止した方式が増えています。
      どのように不正利用を防止し、そしてなぜそれが広がりつつあるのでしょうか。

      不正の言い逃れはできない「ロック板なし」
       近年、ロック板(フラップ)を廃したコインパーキングが少しずつ増えています。
      もちろん、出入口のゲートもありません。

       無防備すぎるように思えますが、不正に利用されるおそれはないのでしょうか。
      駐車場のシステムを手掛けるアイテック(東京都文京区)に、誕生の背景を聞きました。

      コインパーキングのロック板は、そもそもどういうものなのでしょう。
       駐車するとそのロック板が跳ね上がり、料金を精算すると下がって
      出庫できるようになるというものです。それまでは駐車場の入口で
      駐車券が発券され、出口で精算する「ゲート式」が主流でしたが、
      処理に時間がかかりクルマが詰まりやすいことから、1台1台
      出入りを管理できる「ロック板式」が広まっていきました。

      ロック板をなくして、不正に利用されるおそれはないのでしょうか。
       確かに、料金を払わずに出庫することは容易です。しかし、駐車マスに埋設された
      センサーで車両を認識し、マスの奥に立つポールに取り付けられたカメラで
      車両のナンバーを記録することで、出入りを管理しています。
      また、場内全体を見渡す監視カメラで、全体の出入り状況も随時記録していますので、
      不正の証拠を把握して、あとから料金を請求します。言い逃れはできません。

      導入の背景に「ロック板式」の問題点

      仮に不正するとどうなるのでしょうか。
       不正に出庫したクルマを、すぐ捕まえて料金を請求するわけではありません。
      ナンバーや不正の証拠は把握しているので、そのクルマが全国にある同方式の駐車場に
      再び入庫した際に、警備員が未払いぶんの支払いを促す紙をクルマに貼ります。
      紙を貼られた人は、その場の精算機で支払うこともできますが、請求書の発行を
      申し出て後日、支払い手続きを行うことも可能で、実際には後者のケースが多いです。

      なぜこうしたシステムを開発したのでしょうか。
       最大の目的は、ロック板による事故やトラブルを避けることです。ロック板は、
      精算から一定の時間内に出庫しないと再び跳ね上がりますが、たとえば、料金の精算後に
      車内で電話していて、それに気づかず発車し、クルマが破損してトラブルになるケースが
      あります。また、乗降の際にロック板でケガをしたという人も多く、当社が実施した
      ロック板式駐車場に関するアンケート調査では、20パーセント以上の人が
      なんらかのトラブルを経験していました。

      「ロック板なし」は増えているのでしょうか。
       当社はこの方式を2009(平成21)年に業界で初めて開発し、現在、全国2300弱の
      駐車場に導入されています。お話しした通り、ロック板式はクルマが破損するような
      トラブルもあり、時に深刻なクレームが寄せられます。一方でほとんどの利用者は、
      料金をちゃんと支払いたいという意思を持っています。利用者の「事故」を
      避けたいと考えている駐車場運営者に選ばれているのだと思います。

      ※ ロック板のない駐車場には、不正利用を防止するよりも、まずトラブルを避ける
        という意図がありました。一面では、利用者との信頼関係で成立している
        方式ともいえそうです。
      【【駐車】コインパーキングから『ロック板』消える?不正防止よりも重要視すること】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/11/28(月) 10:01:58.21ID:CAP_USER.net
      【朝日新聞】
       http://www.asahi.com/articles/ASJCB5293JCBPPTB007.html



      車止めのロック板(フラップ)が無い代わりにナンバーを記録する「フラップレス」方式のコイン
      パーキングが、全国でじわりと増えている。利用者にとっては、乗り越える段差がないため
      安心して止められると好評だ。管理者にとっても料金を払わずに逃げる不正利用が減り、
      故障や損傷の心配も少ないという。

       74社が加盟する日本パーキングビジネス協会によると、現在のコインパーキングは
      ロック板方式や、出入り口で駐車券の発行と精算をするゲート式が主流だ。

       一方、ロック板もゲートも無いフラップレス方式は7年ほど前に登場した。開発したのは、
      駐車場機器製造販売の「アイテック」(東京都文京区)。ロック板方式も製造しているが、
      故障や整備の手間も少なくない。駐車時にロック板の段差を越えるのが苦手という
      ドライバーの声も寄せられていた。
      【【クルマ】ゲートもロック板もない駐車場が増加中、段差なく安心して止められると利用者から好評。】の続きを読む

        このページのトップヘ