タグ:ランボルギーニ

1まとめらいぶ2017/11/13(月) 20:55:38.29ID:CAP_USER9.net
◆ランボルギーニ、次世代の電動スーパーカー披露 MITと協力

ランボルギーニの次世代スーパーカーは、車そのものが強力なバッテリーとなるほか、
自らを修理することもできる。アウトモービリ・ランボルギーニは6日、米マサチュー
セッツ州ケンブリッジで開催された会議でコンセプトカー「テルツォ・ミッレニオ」を
披露した。イタリア語で「第3千年紀」と名付けられたこの車はマサチューセッツ工科
大学(MIT)との3年間のパートナーシップにおける1年目の成果だ。

この車はランボルギーニの伝統に従い、無駄を省いたデザインで、Y型のテールライト
を装備。フロントガラスは車体上部から運転手の足元ぐらいまであるように見え、車体
は極めて低い。

しかし、この車の最も注目すべき特長は、目で見ることができない。
まだ存在していないからだ。

ランボルギーニは、スーパーカーに必要となる強力な電力を高速で供給できるスーパー
キャパシターを開発する計画だ。ランボルギーニは車体の成型に使われるカーボン
ファイバーのパネルでスーパーキャパシターを製造する方針であるため、
テルツォ・ミッレニオは自らの車体からエネルギーを引き出すことになる。
つまり、車そのものがバッテリーになるということだ。

この車はさらに自らの構造の状態を継続的にモニターし、摩耗や損傷を検出できる。
カーボンファイバー製の車体にある「回復作用を持つ化学物質」を含むマイクロ
チャンネルは、小さな亀裂を自動的に修復する。

同社はその上、インホイールモーターも開発する。
これにより大型エンジンの必要性がなくなる。

テルツォ・ミッレニオについては、想定価格もタイムラインも示されていない。
生産モデルが入手可能になるまでは何年もかかるだろう。
しかし、「値ごろ感」はランボルギーニが目指すコンセプトではないはずだ。

写真:ランボルギーニの次世代スーパーカー「テルツォ・ミッレニオ」



【日刊工業新聞】 
 https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00450419?twinews=20171113
続きを読む

1まとめらいぶ2017/09/09(土) 06:44:53.42ID:CAP_USER9.net
ランボルギーニは、9月12日に開幕する「フランクフルトモーターショー」で
スーパースポーツカー『アヴェンタドールSロードスター』を初公開する。

アヴェンタドール S ロードスターは、昨年末、初の大幅改良を受けた
『アヴェンタドールS』のオープンエアモデル。車体後部はクーペとは
異なるラインで、ロードスターならではのエアロダイナミクスを発揮
する。リアウィンドウから車体後部へと流れるエンジンブリッジは、
ボディカラーとマットブラック仕上げのカーボンファイバー製エン
ジンボンネットブレードのバイカラー。V12エンジンをそのまま
見せるトランスペアレントオプションも用意する。

着脱可能な流線型のハードトップパネルは、重さ6kg弱。外側に膨らんだ形状で、
広い車内空間を確保する。標準ではマットブラック仕上げのカーボンファイバー
だが、オプションでハイグロスブラックや光沢仕上げの剥き出しカーボンファイ
バーも用意する。またルーフパネルは素早く外してフロントトランクに収納する
こともできる。

パワートレインはクーペ同様、最大出力740hp、最大トルク690Nmを発生する6.5
リットルV型12気筒ガソリン自然吸気エンジンと、50ミリ秒以内のギアシフトを
実現する7速軽量ISRトランスミッションの組み合わせ。0-100km/h加速3.0秒、
最高速350km/hという世界屈指のパフォーマンスを発揮する。また四輪駆動と
新アクティブサスペンション、新四輪ステアリングシステム、EGOドライビン
グモードを採用。さらにサスペンションと電子制御システムを全面的に再開発
するなど、トータルな制御コンセプトにより、優れたドライビング、
乗り心地を実現する。

アヴェンタドール Sロードスターは、2018年2月より納車開始を予定している。

【Response】
 http://s.response.jp/article/2017/09/08/299560.html







続きを読む

1まとめらいぶ2017/04/03(月) 13:51:51.92ID:CAP_USER9.net
【ローマAFP=時事】イタリアを代表する自動車メーカーの一つ、ランボルギーニの最新
スーパーカー「ウラカン」がパトカーになっている。走りだせば3.2秒で時速100キロ
に達し、最高時速は300キロを超える。スピードを生かし、提供臓器や輸血用血液を届け
る一刻を争う現場急行で活躍が期待される。

ランボルギーニのスーパーカーが伊警察の車両となるのは2代目で、これまでも「ガヤルド」
がパトカーとなってきた。引退後のガヤルドはローマの警察車両博物館で展示される予定。

ミンニーティ内相は3月末、ランボルギーニ社のステファノ・ドメニカリ最高経営責任者
(CEO)からウラカンのキーを受け取り「ガヤルドは15万キロ走った。移植用の臓器
を何回も運んで大勢の命を救った」と活躍を称賛。ドメニカリ氏も「警察に協力できるこ
とを誇りに思う」と応じた。

【時事ドットコム】
 http://www.jiji.com/jc/article?k=2017040300208&g=int
続きを読む

1まとめらいぶ2017/02/13(月) 21:42:02.33ID:CAP_USER.net
【response】
 http://response.jp/article/2017/02/13/290573.html







ポルシェ カイエン スクープ写真

ポルシェ カイエン次期型が、厳冬のスカンジナビアに姿を見せた。
一見、これまでよりカモフラージュが軽く見えるが、騙されてはいけない。
フロントエアインテークやデイタイムランニングライト、ヘッドライト
などは全てダミーパーツがはめられている。

但し、露わになっているルーフラインが、現行モデルより伸びやかに、そして
ルーフエンドが丸みを帯びていることが確認出来た。次期型では、アウディ
「Q7」を始め、VW「トゥアレグ」次期型や、ランボルギーニ「ウルス」と
フォルクスワーゲン・グループの「MLB」プラットフォームを共有し、
兄弟モデルとなる。

新プラットフォームにより、エアロダイナミクスを始め燃費やパフォーマンスが
向上する他、車重を約20%軽減し、剛性アップが図られる。エクステリアの
ポイントは、新型「パナメーラ」のフロントエアインテーク・デザイン、
「マカン」のクラムシェルフードとラップアラウンドテールライトだと言う。

また、室内も「パナメーラ」新型からインスピレーションを得たものとなりそうで、
タッチスクリーンのインターフェイスはシンプルになる。

パワートレインは、現行ラインナップのがブラッシュアップされる他、
直列4気筒や完全エレクトリックモデルの投入も噂されている。

ワールドプレミアは2017年と発表されている。
続きを読む

1まとめらいぶ2016/03/15(火) 15:32:17.92ID:CAP_USER.net
Response】 




ランボルギーニ・ジャパンは3月15日、
カスタマイズプログラム「アド・ペルソナム」を活用して
日本市場向けに特別にカスタマイズされた
『ウラカン LP610-4』を報道陣に公開した。

ウラカンLP610-4の外装ベース色は5色だが、
今回公開されたカスタマイズモデルはマット仕上げの
ホワイト塗装に赤のストライプを随所に施されている。

ランボルギーニでアド・ペルソナムの担当マネージャーを務める
ヴィットリオ・ガバ氏は「日本の国旗をイメージして開発された」と解説。

ランボルギーニではアド・ペルソナムを通じて「外装は50色、
革に関しては30以上の素材を用意。

また月ごとに特別なコンフィギュレーションを提案して
お客様にインスピレーションを与える」こともしており、
今回公開されたカスタマイズモデルもその一環。





続きを読む

1まとめらいぶ2016/03/03(木) 23:12:46.48ID:CAP_USER.net
Response】 

イタリアの高級スポーツカーメーカー、ランボルギーニが3月1日、
ジュネーブモーターショー16で初公開した『センテナリオ』。

価格は日本円で2億円を超えるが、
発表の時点で限定40台は完売しており、
「完売御礼」のワールドプレミアとなった。

センテナリオは、ランボルギーニの創業者、
フェルッチオ・ランボルギーニ(1916年生まれ)の生誕100周年を記念する限定モデル。

クーペ20台、ロードスター20台の合計40台が限定生産される。

センテナリオは、わずか40台のために専用ボディを設計。

エアロダイナミクスを追求したデザインが特徴で、とくにアグレッシブな
リアディフューザーや格納式のリアスポイラーが目を引く。

モノコックにフルカーボンファイバー製ボディを組み合わせ、
乾燥重量は1520kgに抑えられた。

ボディサイズは、全長が4924mm、全高が1143mm。

インテリアは、基本的にフルオーダー仕様。

カーボンファイバー製スポーツシートをはじめ、カーボンやアルカンターラを使った
ステアリングホイール、サンバイザー、ドアパネルなどが選択できる。

駆動方式はフルタイム4WDを基本にしながら、
センテナリオには新開発の後輪操舵システムを採用。

低速走行時、ステアリングホイールの舵角とは反対方向に後輪をステア。

方向転換の際には、最小回転半径を短縮する。

一方、高速走行時には、ステアリングホイールの舵角方向に後輪ステアが連動。

安定性や車両のレスポンスを高める。

ミッドシップには、『アヴェンタドール』用がベースの6.5リットル
V型12気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載。

最大出力は770hpと、ランボルギーニ史上最強のパワーへ引き上げられた。

パワーウェイトレシオは、1.97kg/hp。この結果、センテナリオは0-100km/h加速2.8秒、
最高速350km/hオーバーという圧倒的パフォーマンスを実現した。

センテナリオの価格は、税別で175万ユーロ(約2億1685万円)から。

創業者の生誕100周年記念車で、専用ボディ、フルオーダー内装、
そして少量限定車という点が世界の富裕層の購買欲を刺激し、
初公開を前に40台のオーダーリストは埋まった。

ランボルギーニをはじめ、フェラーリやマクーラーレンなどのスーパーカー
ビジネスの好調さを、またひとつセンテナリオが証明した形となった。







続きを読む

1まとめらいぶ2015/12/26(土) 18:51:11.07ID:CAP_USER*.net
26日午前11時半すぎ、
栃木・宇都宮市の国道で、スポーツカーのランボルギーニが
車線変更をしようとしたところ、隣の車に追突した。

ランボルギーニは、そのまま中央分離帯を乗り越え、
反対車線の車と正面衝突し、あわせて3台がからむ事故となった。

この事故で、男女5人が軽傷を負った。

※ リンク先に動画があります



【FNN】
 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00312273.html
続きを読む

1まとめらいぶ2015/11/22(日) 10:10:55.83ID:???.net
【GQ】
 http://gqjapan.jp/car/news/20151119/lamborghini-huracan-lp580-2

本来ウラカンは4WDを前提に開発された訳だが、ウラカン LP 580-2は後輪
駆動の2WD。ランボルギーニがなぜそのようなモデルを販売するのかと言えば、
その理由は明快で、より強烈なドライビングエクスペリエンスをオーナーに提供
するため。一昔前のレーシングカーをも凌駕するほどのスペックを持ったマシンを
自分の思うままに操縦できた時、このクルマはもっとも輝きを放つ。

だが4WDからの2WD化に伴い、単にパワートレインの無駄な箇所を取り去った
だけで終わらないのが、このクルマの面白いところ。後輪駆動車ならではの運転の
楽しさを引き出すため、ランボルギーニは様々な施策を採った。ウラカン LP 580-2は
車名が示す通り、最高出力580ps、最大トルク540Nmを発揮する5.2リッター
自然吸気のV型10気筒エンジンを、リアミッドに縦置きで搭載する。4WDモデル
「ウラカン LP 610-4」と比べると30psほどパワーダウンしているが、そこは軽量化
によって解決。車両重量(乾燥)はわずか1389kgで、4WDモデルと比べ33kgも軽く、
パワーウエイトレシオも2.33kg/psに対し、2.4kg/psと肉薄する。
トランスミッションには7段デュアルクラッチを備え、0-100km/h加速は3.4秒、
最高速度も320km/hとどちらも一級のパフォーマンスだ。

後輪駆動になったことで現れる一番の違いは、やはりハンドリングだろう。
前後重量配分も40:60へと変更したことで、フロントアクスルへの慣性力は削られ、
ノーズの動きはよりクイックになった。ステアリング上に備わる選択式のドライビング
モード「ANIMA(イタリア語で魂を意味する)」には3つのモードが設定され、
ストラーダこそトラクション志向の通常モードだが、スポルトを選択すれば
オーバーステアリング傾向の走りとなり、さらにコルサを選べば、サーキットで
思う存分にマシンのパフォーマンスを味わすことができるニュートラルなハンドリング
設定となっている。ステアリング自体は引き続き電動パワーアシストタイプのものが
採用されるが、オプションの「ランボルギーニ・ダイナミック・ステアリング(LDS)」を
選べば、速度やドライビングモードによってギアレシオが変わり、より高精度な
ハンドリングで運転を楽しむこともできる。同時に、新しい後輪操舵システムを
投入したことで、より安定した車両走行が実感できるようになった
とランボルギーニはアナウンスする。

さらに「ランボルギーニ・ピアッタフォルマ・イネルツィアーレ(LPI)」と呼ばれる車両
コントロールシステムも、ウラカン LP 580-2のために再設計。車体の重心近くに
備えられたセンサーシステムで、車両の挙動を常に把握。ドライバーが路面を
よりダイレクトに感じながら走れるよう改良が施された。

他のスポーツカーブランドが続々とターボ化していく中で、NAエンジンを搭載し、
“あえての後輪駆動”を選択したウラカン LP 580-2。より自然に、クルマとの
一体感を求める方にとっては、魅力溢れるハンドリングマシンとなることだろう。
なお、日本での販売価格は2280万円。





続きを読む

↑このページのトップヘ