『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.3.20

      ユーチューバー

      1まとめらいぶ2017/03/19(日) 20:17:14.28ID:CAP_USER.net
      【R25】
       https://r25.jp/money/00056163/

      「RPG」風に職業を表現した給料・給与のポータルサイト「給与バンク」で、
      「YouTuber(ユーチューバー)」の平均給料・給与が「月額747万円」と算出
      されことが明らかになり、ネットでは衝撃が広がっている。

      同サイトは、資本主義という世界で戦う企業戦士たちを「RPG」に登場するような
      キャラクターとして描いた「一億総かっこいい職業」をコンセプトにしたサイト。
      お馴染みの“ジョブ”や“スキル”といった言葉を用いて職業の特徴を捉えて
      解説している。

      YouTuberは、「ニュージェネレーションジョブ(新しい職業)」の一つとして、
      歌い手やコスプレイヤー、プロゲーマーなどとともに紹介されている。YouTuberの
      ページには「YOUTUBEという動画サイトで活動するネットタレント。人気ジョブ
      ランクで上位に君臨しはじめた『新生代ジョブ』の一つ」とあり、「当たれば金と
      名声を同時に手に入れることができる一攫千金型の職業」とも記載されている。

      給与については、「最近出来た仕事のため平均を算出するのは難しい」としながらも、
      動画再生の単価を0.11円として、2016年5月の動画再生数ランキングトップ20から平均
      給与を予測。結果、「トップランカーの平均給与747万」と算出されたという。

      これは同サイトの全職種の中で、1位・プロ野球選手(平均給与1395万円)、
      2位・騎手(平均給与1175万円)に次ぐ堂々3位にランクインしている。

      このYouTuberの給与額にTwitterでは、

      「ユーチューバーに俺はなる!」
      「俺も、YouTuberなろうかな(笑)」
      「僕、ブロガーやめてYoutTuberになります!」

      と志望者が相次ぐ事態となっている。さらに、

      「圧倒的な努力あってこそ!」
      「YouTuberの平均給料は747万円って誤解を生みそうなw」
      「ユーチューバーって税金どうしてんだろ?ってよく思う」

      と思い思いの反応を示している。
      ちなみに、同サイトによると日本人YouTuberの収入ランキングベスト3は、

      1位がHIKAKIN(推定1億1846万円以上)、
      2位がマックスむらい(推定7462万9440万円以上)、
      3位がKan & Aki's CHANNEL(推定7400万円以上)だった。

      世界ランキングでは、1位ピューディパイ(7億1000万円)、
      2位スモッシュ(6億3000万円)など億越えがスタンダードのようだ。

      もちろん成功しているYouTuberばかりではなく、「初任給1万円」と記載されている
      ように、約8割の人が月1000円未満程度の収入という厳しい世界であるようだ。
      といはいえ、多くのユーザーにとってジョブチェンジをも考えさせる
      夢のある話題といえそう?

      自撮動画

      【イメージ画像】
      【【経済】ユーチューバーの平均給与『月額747万円』】の続きを読む

      1まとめらいぶ2015/06/10(水) 17:36:34.14ID:UKRtsTZz0.net BE:837857943-PLT(12000)
      再生回数さっぱり…
      小島よしおの動画に「痛い高校生みたい」

      動画投稿で一発狙いはアテが外れたか。
      お笑いタレントの小島よしお(34)が先月、
      ユーチューブ上に開設した「小島よしおチャンネル」が
      早くも“閑古鳥”状態で、ファンから失笑を買っている。

      こどもの日の5月5日、
      午前5時55分にスタートした同チャンネルのテーマは
      「よい子のみんなといっしょに遊ぶチャンネル」。ペンや雑巾を
      用いて“学校で使えるギャグシリーズ”を展開するなど、
      ギャグ受けのいい子供をターゲットにしている。

      第1回目の“小島よしおチャンネルとは”と題した
      動画に海パン姿で登場した小島は、「自宅から撮影しているよ」
      「どんどん更新していくからね」「ウェ~イ!」とハイテンションで説明。
      今後のチャンネルの盛り上がりを期待させていた。

      ところが、スタートから1カ月が経過しても再生回数3ケタ
      止まりの動画も多く、芸能人のネームバリューの割に寂しい数字が
      並ぶ。1本の動画が数十万、数百万回再生される
      ユーチューバーとは比較にもならない。

      また、小島は「どんどん更新」と宣言していたものの、これまで
      アップされた動画は12本。その更新頻度の低さからも、
      小島が手応えをつかめていない様子がうかがえる。

      動画のコメント欄には、

      <応援してるよ!>
      <元気が出ます!>

      と温かいメッセージが寄せられているが、
      ネット掲示板などでは

      <ほぼ無編集>

      というダメ出しや、

      <痛い高校生みたい>

      といった声が噴出するありさまだ。

      このままでは、一発屋にもなれそうにない小島。
      起死回生の策はあるのか。

      日刊ゲンダイ

      動画

       

       

      参考:スクリーンショット

      YouTuber 小島よしお
      【【動画】『小島よしお』ユーチューバーになるもアクセス少なく、痛い高校生みたい。】の続きを読む

        このページのトップヘ