タグ:モバイル

1まとめらいぶ2017/03/21(火) 22:55:24.84ID:CAP_USER.net
【iPhone Mania】
 http://iphone-mania.jp/news-162184/



Appleが3月21日夜、9.7インチの新型iPadを発表しました。最大の特徴は
最安値モデルが4万円を下回るという、その価格の安さです。

容量は32GBと128GB、カラーは3色
9.7インチiPadは、カラーはシルバー、ゴールド、スペースグレイの3色展開、
ストレージ容量は32GBと128GBの2種類です。

搭載しているのは2,048 × 1,536ピクセル解像度の9.7インチRetinaディスプレイで、
9.7インチiPad Proと同じです。ただし安価版だけあって、フルラミネーション
ディスプレイではなく、反射防止コーティングは施されていません。

プロセッサはA9、コプロセッサはM9を搭載しています。カメラはiPad mini4と同じ
8メガピクセル、スピーカーも2スピーカーオーディオとなっています。各iPadの
スペックの比較については、Appleの「iPadのモデルを比較する」ページを
参照してください。

最大の魅力は価格
最大の魅力は何といっても37,800円からという手頃な価格設定です。
32GB版のWi-Fiモデルは37,800円、
Wi-Fi + Cellularモデルは52,800円。
128GB版のWi-Fiモデルは48,800円、
Wi-Fi + Cellularモデルは63,800円となっています。

なお注文の受付は3月25日午前0時01(日本時間)からとなっています。
結局10.5インチ版と12.9インチ版はリリースされず3月には例年Appleの
スプリングイベントが開催されており、今年はベゼルレスの10.5インチ
iPad Pro、12.9インチiPad Pro、そして9.7インチiPadが発表される
のではないかと噂されていました。

しかし実際にはDigiTimesなどが報じていたように、10.5インチ版と12.9インチ版は
リリースされないという結果になりました。イベントが開催されず、Webサイトで
の発表のみになったのも、目玉商品のリリースがなかったためと見てよさそうです。
続きを読む

1まとめらいぶ2016/07/01(金) 08:53:55.05ID:CAP_USER.net
IT media ニュース



米Googleは6月30日(現地時間)、「Android N」と呼んでいた次期Androidの
名前を「Nougat」(ヌガー)に決定したと、公式Twitterアカウントで発表した。

恒例の本社キャンパスへのマスコット設置の除幕式の様子もツイートした。

 さらに、公式Snapchatアカウントでも、
ヌガーのデビューを「ストーリー」で紹介した。

 本稿執筆現在、バージョンナンバーはまだ明らかにしていない。

7.0になるとみられるが、6.Xの可能性もある。

 Android Nのコードネームは、スンダー・ピチャイCEOが予告したように、
Google I/O 2016開催中から一般公募していた。
コードネーム発表の数時間前に締め切られた。

公募はしたが、決定が多数決によるものかどうかは不明。

ヌガーというお菓子は、Wikipediaによると、フランス発祥のソフトキャンディ。

砂糖と水飴を煮詰めてアーモンドなどのナッツやドライフルーツを混ぜて固める。

 Android Nougatには、マルチウィンドウやピクチャーインピクチャー、
ロック画面での通知機能の強化、画面のズーム機能などが
追加になる。リリースは“今夏”の予定だ。
続きを読む

1まとめらいぶ2016/03/27(日) 15:30:38.32ID:CAP_USER.net
tech crunch

メッセージングアプリが、モバイルファースト時代のコミュニケーションの未来で
あることへのわずかな疑問を打ち消すかのように、今日発表された調査結果
がその勢いを示す明確な数字を示している。

そして若者ユーザーの間でのEメールに対する優位性を。

App Annieのレポートによると、Eメールはこの集団の中では事実上死につつある。

13~24歳がメッセージングアプリの利用に費やす時間は、45歳の3.5倍以上であり、
年長ユーザーたちは、依然としてEメールやウェブブラウザーといった、
デスクトップを再現するアプリを主に使っている。

調査データはリアル世界ユーザーの多数のサンプルを対象としたものであり、
それを会社独自のデータセットと組み合わせている、とApp Annieは説明する。

ただし、対象はAndroidスマートフォンユーザーのみであり、
米国市場の全体傾向を表わしてはいない。

iOSデータが加わればある程度数字は変わるだろうが、大きな傾向は残るだろう。

スマートフォンと共に育ってこなかった世代は、
このデバイスを小さなパソコンとして使う傾向がある。

45歳以上のユーザーは、モバイルウェブブラウザーの
トップ5を使っている時間が他のどの年代よりも長い。

さらに、彼らがAndroid用のトップ5メールアプリを使う時間は、
メッセージングアプリのトップ5を使う時間よりも長い。

一方、最若年層では傾向が逆転する。2015年に、13~24歳のユーザーは
Eメールよりもメッセージングアプリの方をずっと多く使った。

実際、2種類のサービス間の利用パターンの相違は劇的だ。

(上図右のグラフを参照)。メッセージングアプリの利用時間は、
Eメールを上回っているだけではなく、圧倒している。




モバイルファースト文化へとシフトする。

そして若いユーザーが大人になるにつれ、
メッセージングアプリの重要性は高まるばかりだ。

既に何社ものトップ企業が、この分野でリーダーになる
ための取り組みに大きく注力しているのはそのためだ。

例えばFacebookは、同社サービスのMessengerとWhatsAppをショート
メッセージの代替品としてだけではなく、企業対消費者コミュニケーション、
Eコマースと商品発見、さらには半人間実験ロボット “M”による
バーチャル支援等と統合しようとしている。

他の地域では、KakaoTalk、LINE 、WebChat等の
メッセージングプラットフォームがほぼ同じ状態にある。

実際、場所によってはメッセージングアプリがインターネット
全体の入口になろうとしているところもある。

ウェブブラウザーやGoolge検索でも、
Facebookのようなソーシャルメディアもなく。



メッセージングを好む傾向に加え、現在の最若年ユーザーたちは、既に
スマートフォンでビデオストリーミングサービスのヘビーユーザーになっている。

報告によると、彼らがAndroidのトップ5ストリーミング
アプリに費した時間は、45歳以上の2倍以上だった。

若いユーザーは1日平均4回以上この種のアプリをアクセスしている。

しかし、モバイルショッピングとなると、Androidのトップ5買い物
アプリに最も時間を費しているのは中間年齢層(25~44歳)で、
若年層よりも高齢層よりも長時間利用している。

これは彼らの購入能力とモバイルサーヒス
利用への抵抗のなさを証明するものだ。

もちろん、いずれは10代や若き成人たちも、
収入の増加と共に似たような行動をするようになるだろう。
続きを読む

1まとめらいぶ2015/06/17(水) 14:54:47.20ID:???.net
IT media Mobile

 UQコミュニケーションズは、WiMAX 2+およびau 4G LTE
向けの通信速度制限を5月29日より開始した。WiMAX 2+および
au 4G LTEでのデータ通信量が「直近3日間で3Gバイト」を超えた
場合、通信速度が上下最大で1Mbps程度に制限される。

 UQコミュニケーションズでは速度制限時の速度を
「YouTubeの標準画質が閲覧できる程度の制限」になると説明。
「制限なし」が大きなウリであった同社サービス向けの通信速度
制限が、極端に厳しい内容にはならないことをアピールしていた。

 この速度制限は「当日を含まない直近3日間の通信量が
3Gバイトを超えた場合」に一律適用される。通信を利用する
時間帯、場所を変えてもユーザー単位で速度制限が行われる
ため、WiMAX 2+およびauの4G LTEでの通信量を減らす
という以外には根本的には制限を回避する方法がない。

 ただし、速度制限の対象となった状態でも(2+ではない)
WiMAXについては速度制限なしで通信が行える。具体的には
ノーリミットモードまたはハイスピードモードでのWiMAX通信は
速度制限の対象外だ(ハイスピードモードでもエリアによっては
WiMAX 2+接続にならない場合がある)。

 WiMAX接続中は速度制限の対象外になるという一応の
回避策は残っているが、UQコミュニケーションズはWiMAX 2+の
キャリアアグリゲーション(CA)対応エリアを9月末までに全国に
拡大する予定で、これに伴いWiMAXの通信速度が下り
最大40Mbpsから13.3Mbpsへと全エリアで低速化するとみられる。

 さらに、UQコミュニケーションズはWiMAXからWiMAX 2+への
“移住”を促している真っ最中でもあり、速度制限がないとは言え
WiMAXが「過去のサービス」であるという印象は拭えない。


UQコミュニケーションズはWiMAX 2+の発表時点から、
4月以降は直近3日間の通信量に応じた速度制限を設けることを
案内していたため、今回のWiMAX 2+向けの速度制限は
「来るべき時が、来た」ということになる。

 速度制限の対象とならないユーザーにとっては、通信量の多い
ユーザーの通信が速度制限によって減少することで実効速度の
改善が期待できる反面、WiMAX 2+を固定回線代わりに使って
いたユーザーにとっては、時間帯や場所を問わずに速度制限の
対象となってしまうため、かなり厳しい制限といえる。

 電波が有限の資源であることを考えれば、WiMAX 2+向けの通信
速度制限はやむを得ない面がある。しかし一律の速度制限ではなく、
混雑するエリアや時間帯のみ制限するという形や、Wi-Fi通信への
自動切り替え機能によるトラフィックのオフロードなどで、制限が
少しでも緩和されることに期待したい。

 キャリア各社が行ってきた直近3日間の通信量に基づく速度制限は、
2014年後半より条件が緩くなる流れが続いていた。しかし、
UQコミュニケーションズがWiMAX 2+向けに速度制限を開始したほか、
Y!mobileのモバイルWi-Fiルーター「305ZT」も直近3日間の通信量に
基づく速度制限を4月ころから開始している。速度制限の詳細に
ついては前回の記事に記載を参照していただきたい。

UQ、料金そのままで2+への「移住」を促進/携帯
各社のSIMロック解除、購入から180日は解除不可に

 一連の通信速度制限の強化には、一部のユーザーによる大容量
通信の影響をほかのユーザーに与えないためのほか、モバイル通信
サービスにおける通信速度の表記が、現在用いられている理論値
(下り最大220Mbpsなど)から、実際の環境で通信速度を測定した
「実測値」をベースにしたものに変更されることも
関連している可能性がある。

 実測値での通信速度表記が重要であることは否定しないが、
通信速度も時間帯や場所、使用する機種によって変わるため、
あくまで「1つの指標」に過ぎないことには注意したい。
続きを読む

↑このページのトップヘ