タグ:ホンダ

1まとめらいぶ2017/03/16(木) 17:32:31.05ID:CAP_USER.net
【response】
 http://response.jp/article/2017/03/16/292199.html







ホンダは、大型スーパースポーツ『CBR1000RR』『CBR1000RR SP』を
6年ぶりにフルモデルチェンジし、3月17日より発売する。

新型CBR1000RRは、メインフレームのエンジンハンガー剛性を最適化したほか、
新設計のアルミダイキャスト製シートレール、新デザインの前後ホイール、
新構造のチタン製マフラーなどを採用。

大幅な軽量化とマス集中化により、軽快感あるニュートラルなハンドリングを実現した。
水冷4ストロークDOHC直列4気筒1000ccエンジンは、バルブタイミングおよびリフト量、
圧縮比などの最適化と、スロットルボアの拡大、マフラー構造の最適化など吸排気系の
セッティングを組み合わせ、低回転域の力強いトルク特性と高回転域の出力向上を両立。
最高出力は従来モデル比14psアップの192ps、最大トルクは
2Nmアップの114Nmとなった。

また、車体の角速度・加速度検出による車体姿勢推定システムをはじめ、スロットル操作
に対する出力特性を選択できるパワーセレクター、セレクタブルトルクコントロール/エン
ジンブレーキなど、各種電子制御技術を採用し、快適かつ安全なライディングを
サポートする。

CBR1000RR SPには、走行状況に応じて減衰力を制御し最適な特性を提供する
オーリンズ製Smart ECシステム採用の電子制御サスペンションのほか、ブレンボ製
フロントブレーキキャリパーを装備。さらなる軽量化とマス集中化を図るため、
リチウムイオンバッテリーを搭載したほか、公道用量産車として世界初の
チタン製フューエルタンクを採用する。

外観は「タイト&コンパクト」をテーマに、軽快感とアグレッシブなイメージを表現。
必要最低限のカウル面積と、よりタイトに各カウル面を内側に追い込むことで、
コンパクト化と前面投影面積の低減を図り、軽量化とマスの集中化に寄与。

また、フューエルタンク形状を見直し、ニーグリップ両側面部の幅をスリム化。
ライダーによる荷重コントロールの自由度を向上した。

価格はCBR1000RR(マットバリスティックブラックメタリック)201万4200円、
CBR1000RR(ヴィクトリーレッド)204万6600円、
CBR1000RR SP(ヴィクトリーレッド)246万2400円。
続きを読む

1まとめらいぶ2017/02/19(日) 21:28:19.20ID:CAP_USER.net
【オートックワン】
 http://autoc-one.jp/news/3184425/
  http://autoc-one.jp/news/3184425/photo/0011.html 



東京オートサロン2017の会場でプロトタイプが日本初公開されて話題を呼んだホンダ
新型シビックタイプRの市販モデルが、3月にスイス・ジュネーブで開催される
ジュネーブ国際モーターショーで世界初公開されることがわかった。

新型シビックタイプRは、新型シビックハッチバックと
並行して開発が進められてきた特別なモデル。

新型シビックタイプRに搭載されるエンジンは、最新の2リッターVTEC
ターボエンジンだ(ハッチバックは1.5リッターVTECターボエンジン)。

>>ホンダ 新型シビックタイプR(プロトタイプ)の写真を見る

なお、シビックタイプRとシビックハッチバックは、2017年夏より
ホンダオブザユー・ケー・マニュファクチュアリング・リミテッド
(Honda of the UK Manufacturing. Ltd.HUM)
で生産が開始され、ヨーロッパや日本、米国を含む世界の各市場に
輸出されることになる。これまで公開されてきたシビックタイプRは
プロトタイプモデルだったから、市販モデルの正式公開が待ち遠しい。
オートックワンでは、ジュネーブショーで公開される市販
モデルの情報が入り次第お届けする。
続きを読む

1まとめらいぶ2017/02/14(火) 15:41:43.74ID:CAP_USER.net
【response】
 http://response.jp/article/2017/02/14/290615.html





ホンダが2015年に発売した、軽自動車規格の「S660」の上位に位置する、
新型スポーツ「S1000」のコンセプトモデルが、東京モーターショー17で
公開される可能性があるようだ。

Spyder7では、情報を元にCGを作成した。

「NSX」譲りのフロントエンドに、エアーバルジを備えるボンネット、最大限に
エアロダイナミクスを活かすボディキットを装備し、前後オーバーハングや
ホイールベースを切り詰め、コンパクトかつ、アグレッシブな
エクステリアに仕上げた。

ミッドシップにマウントされるパワートレインは、新開発のリットル
直噴3気筒VTECターボで、最高馬力は130ps程度と、「S660」の64ps
から大幅アップし、本格的高性能スポーツになりそうだ。

発売予定は未確認ながら、2017年の東京モーターショーでは
なんらかのヒントとなるコンセプトカーが登場を期待したい。
続きを読む

1まとめらいぶ2017/01/13(金) 12:02:47.91ID:CAP_USER.net
【SankeiBiz】
 http://www.sankeibiz.jp/business/news/170113/bsa1701131104003-n1.htm



 ホンダは13日午前、海外向け主力車「シビック」のセダンなどを日本初公開し、
今夏から国内販売を始めると発表した。2011年3月の国内販売終了から6年
ぶりの量販となる。往年の主力セダンの復活で、ブランド力の強化を目指す。

 この日、千葉市の幕張メッセで開幕した改造車(カスタムカー)の祭典「東京オートサロン」で
発表した。公開したのは今夏に国内投入するセダンやハッチバックに加え、北米で年内発売を
予定するスポーツ仕様車「タイプアール」。セダンは2015年11月に北米で発売し、年間の
最も優秀なクルマを選ぶ賞「北米カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞するなど人気を呼んでいる。
日本仕様車は排気量1・5リットルのターボエンジンを搭載する計画だ。

 シビックは1972年の発売以来、世界で累計2400万台を販売する主力車だが、セダン
需要の縮小などで国内販売を終了した。だが、昨年10~11月に限定750台で国内販売
したタイプアールには10倍以上の受注が集まるなど根強い人気を誇る。寺谷公良執行
役員は「ホンダらしさを象徴する商品としてブランドを輝かせる材料にする」と述べた。

 また、マツダはオープンスポーツ車「ロードスター」の初代で使った車体色
「クラシックレッド」を復刻したモデルを期間限定で発売すると発表した。
続きを読む

↑このページのトップヘ