タグ:ペット

1:まとめらいぶ 2018/03/20(火) 22:35:14.27 ID:BoNMPaQr0
号泣

【イメージ画像】

引用元: ペット死んでクッソ萎えてるから笑えるgif貼ってくれマンス..

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2017/02/23(木) 14:17:53.15ID:CAP_USER9.net


2016年の6月、一匹の猫が保護されました。

その猫は衰弱しており、見るからにボロボロ。

すぐに治療が必要に見えました。

going to the vet
Jon Snow Kitty Updatesさんの投稿 2016年8月15日

レイチェルさんは、ネット上でその猫を見て「助けたい」という気持ちを持ちます。
ジョン・スノーは脱水に衰弱、呼吸器の感染症を患っており、この時点で治療費が
高くなることは分かっていました。スタッフにも状態を説明されましたが、
レイチェルさんはジョン・スノーを救うことを諦めませんでした。

Day 2-weak but so sweet
Jon Snow Kitty Updatesさんの投稿 2016年8月15日

レイチェルさんは、ジョン・スノーを引き取ると、すぐに獣医に連れて行きました。
そこで受けた診断は、体の炎症と口の潰瘍と、死亡率の高いウイルスに感染している
ということでした。助かる見込みがあるとは言えない状態だったのです。

Jon Snow Kitty Updatesさんの投稿 2016年8月15日

治療を行っても命を救えないばかりか、高い治療費が掛かってしまうことが分かって
いましたが、レイチェルさんは仕事の後に毎日電車で30分かけて病院に通いました。

Jon Snow Kitty Updatesさんの投稿 2016年12月26日

レイチェルさんの愛情が伝わったのでしょう。
ジョン・スノーは、周囲の人々が驚くほどの回復を見せたのです。
状態が安定した6日目、彼女たちは多くの薬を持ってふたりで家に帰りました。

Jon Snow Kitty Updatesさんの投稿 2016年11月9日

その後、数週間の治療と通院によってジョン・スノーの病状は落ち着きました。
ウイルス関しては、感染はしているものの運良く発病はしていなかったようです。
現在はやせ細っていた体重も2倍になり、元気になっているとのこと。

Jon Snow Kitty Updatesさんの投稿 2016年10月24日

ジョン・スノーは自分を救い愛してくれるレイチェルさんを心から信頼している
ようで、いつもレイチェルさんの側にいて、同じベットで一緒に寝ています。
憐れなほどにボロボロだった猫が、こんなに美しくなると誰が思ったでしょう。
これからも健康で幸せに暮らして欲しいですね。

Jon Snow Kitty Updatesさんの投稿 2016年12月24日

【biglobe news】
 https://news.biglobe.ne.jp/trend/0223/heaaart_170223_8699977200.html

@Heaaart2月23日(木)13時31分

続きを読む

1まとめらいぶ2016/08/13(土) 18:17:45.98ID:CAP_USER.net
【engadget】
 http://japanese.engadget.com/2016/08/05/chip-dmm-9-2-9800/







DMM.comは、香港WowWeeが開発した犬型パートナーロボット『CHiP』の予約受付を、
DMM.make ROBOTSサイトにて開始しました。発売は9月下旬の予定。
価格は2万9800円(税込)です。

音声認識によって人の声に反応して動くほか、スマートバンドで飼い主を認識して
寄ってくるなど、さまざまなペットらしさを備えているのが特徴。ペットを飼えない
環境にいるアクティブシニア層や核家族、散歩や世話の時間をとれない
単身者などをおもなターゲットとしています。

『CHiP』は、人の声に反応して「お座り」や「伏せ」などができる音声認識機能
搭載の犬型パートナーロボットです。付属品のスマートバンドを装着した人を
飼い主として認識し、その人が部屋に入ったときに近寄ってくるほか、お腹が
空いた時やかまってほしい時には、スマートバンドへ通知を行います。

また、スマートバンドや専用スマートフォンアプリからは、CHiPを前進・後退・旋回
させるなどのリモートコントロールが可能。さらに、アプリ上では、CHiPの健康状態
やお腹の空き具合を確認したり、えさをあげることができます。

4本の足にはメカナムホイール(車輪)を搭載し、前後左右に機敏に動くことが可能。
また、専用のスマートボールを転がせば、それを追いかけて、取って戻ってくるなど、
本物の愛犬さながらのボール遊びも楽しめます。

さらに、バッテリーが少なくなると、寝床であるスマートベッドに自分で戻って充電を
開始します。そのほか、人工知能によって障害物を避けたり、褒められた行動を
積極的に行うようになるなど、成長していく機能も備えています。

ロボット本体のほか、スマートバンド、スマートボール、スマートベッド各1個が付属し、
さらにDMM予約特典として、追加用スマートバンド1個と
非売品のオリジナルグッズを提供するとしています。

サイズは270x195x240mm、重量は1280g。専用スマートフォンアプリの
対応OSは、iOS 9以降またはAndroid 4.4.4以降です。
続きを読む

1まとめらいぶ2016/03/03(木) 20:41:41.74ID:CAP_USER*.net
4月から、新社会人生活がスタートするのに合わせ、初めてする
一人暮らしにワクワク!ドキドキ!の方、新年度からの転勤や転職で
心機一転、住まいを変える人が増えるなど、まさに「引っ越しシーズン」が到来する。

今回、リードなしで愛犬と散歩ができる入居者専用「ドッグパーク」付き
アパートメント『dog park apartment Bamboo House』を運営する
株式会社東京エコノスペースは、ひとり暮らしの独身女性100名に
住宅や引っ越しに関して簡易意識調査を実施した。

 調査で、一緒に住みたいペットを聞いた結果
(ペットと一緒に住める住宅に住んでいると仮定)、
犬派(小型犬/中・大型犬を含む)は38.0%、
猫派は25.0%となり、犬派が猫派を上回る結果となった。

なお、3位は「うさぎ」の8.3%と引き離された結果となり、
犬と猫は「2大ペット」といえそうだ。

 また、独身ひとり暮らしの女性が引っ越しをしたくなる理由を聞いたところ、
「恋人ができた/恋人と別れた」などの「恋愛」に関係した理由が9.4%であった一方
、「転職」が19.6%という結果となり、「恋愛より仕事」の方が引っ越しをしたい
理由になりやすいという結果だった。

なお、引っ越しをしたくなる理由の1位は「契約更新時」20.3%、
その他、「違う街に住みたくなった」13.4%、
「駅の近くに住みたくなった」9.0%などが上位に挙がった。

■愛犬との散歩も楽々!
 二子玉川や富士山が見渡せる屋上「ドッグパーク」付ペット共生型住居が誕生

 犬は一緒に住みたい動物として、根強い人気があることがわかる結果となったが、
犬との暮らしの中で大変なのが、毎日の散歩と思っている人はいないだろうか。

 東京エコノスペースは、ペットとより快適に暮らせる生活空間をめざし、
「ドッグパーク」付きの大型犬・複数匹飼育可能な賃貸住宅
『dog park apartment Bamboo House』(建築確認番号:第15UDI1K建00787)
を新宿、渋谷から電車で25分の小田急線「狛江」駅(東京都狛江市)より徒歩
10分の閑静な住宅街にオープンする。入居者と愛犬は、天気の良い日は
富士山から二子玉川まで見渡せる屋上の「ドッグパーク」、地上の共有
スペースである「ドッグパーク」や「ドッグプール」、また、
「日本庭園」などを自由に散歩することができる。

Yahoo! ニュース

トイプードル

【イメージ画像】 
続きを読む

↑このページのトップヘ