タグ:フルモデルチェンジ

1:まとめらいぶ 2019/09/04(水) 02:06:13.63 ID:Rcj5ldzM9
【Car Watch】
 https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1205151.html

日産、新型「ジューク」世界初公開。9年ぶりフルモデルチェンジ

欧州仕様は直列3気筒1.0リッターターボ搭載、6速MTと7速DCTをラインアップ

編集部:椿山和雄2019年9月4日 01:37

 日産自動車は9月3日(現地時間)、新型「ジューク」を欧州公式サイトで公開した。
コンパクトクロスオーバーとして登場した現行モデルの2010年2月の発表から、
9年ぶりのフルモデルチェンジとなる。

 欧州仕様の新型ジュークは、最高出力117PSを発生する直列3気筒1.0リッターターボエンジンを
搭載。トランスミッションは6速MTまたは7速DCTを組み合わせる。そのほか、自動運転技術の「ProPILOT」、無線アップデートを備えたインフォテインメントシステムなどを搭載する。

 エクステリアデザインは、新型ジュークはヨーロッパでデザインされたといい、クーペラインを
採用したシルエットや色分けされたルーフなどが特徴的。ボディサイズは4210×1800×1595mm
(全長×全幅×全高)と従来モデルよりサイズを拡大、足下でも従来モデルで採用していた17インチ
ホイールから、19インチホイールを装着している。

no title

引用元: 【日産】新型「ジューク」世界初公開。9年ぶりフルモデルチェンジ

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2018/06/18(月) 13:40:49.02 ID:BIBCRRaF0 BE:837857943-PLT(16930)
スズキ ジムニーがいよいよフルモデルチェンジ

スズキは、軽自動車「ジムニー」と乗用車「ジムニーシエラ」を20年ぶりにフルモデル
チェンジし、2018年7月に発売する。発売に先立ち、新型ジムニーのティザーサイトが
公開された。

今回公開された4代目となる新型ジムニー/ジムニーシエラは、歴代ジムニーのDNAを
継承しつつ、最新のテクノロジーも注ぎ込まれた。

これまで以上に頑丈なラダーフレーム構造にエンジンを縦置きしたFRレイアウトを引き
続き採用。副変速機付きパートタイム4WDや3リンクリジッドサスペンションも健在だ。

一方で、最新のテクノロジーとして、単眼カメラとレーザーレーダーで危険を回避する
「デュアルセンサーブレーキサポート」が搭載されたのは大きなニュースだ。ジムニー
としては初の自動ブレーキ採用で、予防安全性能はグンと上がった。

【オートックワン】
 https://autoc-one.jp/news/5002267/

no title

no title

no title

no title

no title

引用元: 【画像】スズキ、ジムニーが20年ぶりのフルモデルチェンジ!2018年7月発売

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2017/03/16(木) 17:32:31.05ID:CAP_USER.net
【response】
 http://response.jp/article/2017/03/16/292199.html







ホンダは、大型スーパースポーツ『CBR1000RR』『CBR1000RR SP』を
6年ぶりにフルモデルチェンジし、3月17日より発売する。

新型CBR1000RRは、メインフレームのエンジンハンガー剛性を最適化したほか、
新設計のアルミダイキャスト製シートレール、新デザインの前後ホイール、
新構造のチタン製マフラーなどを採用。

大幅な軽量化とマス集中化により、軽快感あるニュートラルなハンドリングを実現した。
水冷4ストロークDOHC直列4気筒1000ccエンジンは、バルブタイミングおよびリフト量、
圧縮比などの最適化と、スロットルボアの拡大、マフラー構造の最適化など吸排気系の
セッティングを組み合わせ、低回転域の力強いトルク特性と高回転域の出力向上を両立。
最高出力は従来モデル比14psアップの192ps、最大トルクは
2Nmアップの114Nmとなった。

また、車体の角速度・加速度検出による車体姿勢推定システムをはじめ、スロットル操作
に対する出力特性を選択できるパワーセレクター、セレクタブルトルクコントロール/エン
ジンブレーキなど、各種電子制御技術を採用し、快適かつ安全なライディングを
サポートする。

CBR1000RR SPには、走行状況に応じて減衰力を制御し最適な特性を提供する
オーリンズ製Smart ECシステム採用の電子制御サスペンションのほか、ブレンボ製
フロントブレーキキャリパーを装備。さらなる軽量化とマス集中化を図るため、
リチウムイオンバッテリーを搭載したほか、公道用量産車として世界初の
チタン製フューエルタンクを採用する。

外観は「タイト&コンパクト」をテーマに、軽快感とアグレッシブなイメージを表現。
必要最低限のカウル面積と、よりタイトに各カウル面を内側に追い込むことで、
コンパクト化と前面投影面積の低減を図り、軽量化とマスの集中化に寄与。

また、フューエルタンク形状を見直し、ニーグリップ両側面部の幅をスリム化。
ライダーによる荷重コントロールの自由度を向上した。

価格はCBR1000RR(マットバリスティックブラックメタリック)201万4200円、
CBR1000RR(ヴィクトリーレッド)204万6600円、
CBR1000RR SP(ヴィクトリーレッド)246万2400円。
続きを読む

1まとめらいぶ2016/06/25(土) 21:41:08.46ID:CAP_USER.net
car watch



 本田技研工業は6月24日、今秋にフルモデルチェンジを予定する
新型「フリード」について紹介する先行公開ページを公開した。

 フリードは、ホンダの「モビリオ」「モビリオ スパイク」の後継モデルとして2008年に
登場した5ナンバーサイズミニバン。背の高いボディにフレキシブルで使い勝手のよい
室内空間を備え、「ちょうどいい」をキーワードにしたモデルとなっている。

初のモデルチェンジとなる今回は、「居住性」「燃費性能」「走行性能」をさらに進化
させたことをアピールしている。このほか、先行公開ページでは新型フリードに
関する情報を順次公開するとしている。

【ホンダ】
 http://www.honda.co.jp/FREED/new/

現行モデル

続きを読む

1まとめらいぶ2016/03/25(金) 09:48:24.75ID:CAP_USER.net
Response

ニューヨークモーターショー16でトヨタが発表した
プラグインハイブリッド(PHV)の
『プリウス プライム』。

日本では新型『プリウス PHV』と呼ばれることになるというが、デザインを
見れば、これがたんなる現行『プリウス』のPHV版ではないのは明らかだ。

「実は現行プリウスの開発当初から、PHVはデザインを違えようという企画があった」
と告げるのは、プロジェクトチーフデザイナー(=PCD)の児玉修作氏。現行プリウス
のコンセプト段階からデザインのまとめ役を務めてきたデザイナーだ。

まずフロントは、ボンネットやフェンダーを含めてPHV専用の顔をデザインした。

「より先進的なイメージを持たせると共に、トヨタの
先進環境車のラインナップを意識した顔付きにした」

と児玉PCD。バンパーの両サイドを三角形にデザイン
したのは、燃料電池車『MIRAI(ミライ)』の弟分として位置付けるためだ。

リヤについては、「新技術を取り入れた」のがポイントだ。

児玉PCDによれば、

「テールゲートをカーボンファイバー製
にすることで骨を細くでき、後方視界が広がった。
バックウインドウにはダブルバブル形状を
採用して、空力性能を向上させた」

という。

視界や空力は現行プリウスのデザイン開発
でもこだわったところだが、今回のPHVでは
それをさらに改善したのだ。

ダブルバブルのバックウインドウはセンターの凹面がミソ。

凹面にすることでルーフから降りてきた風の流速が上がり、
キャビン側面の気流がそこに吸い寄せられて空気抵抗が減る。

もともと現行プリウスではキャビン後部を強く絞り込むことで
側面流をバックウインドウのセンターに導いていたのだが、
それをより確実にするのがダブルバブルの凹面なのである。

ただし、ガラスをダブルバブル形状に成形するのは簡単ではなかった。

「開発当初からガラスメーカーと一緒に検討を進めてきた」

と児玉PCD。

「当初はガラスを通した視界が歪む問題が出たが、
最終的にほとんど歪みがわからないレベルに仕上がった」

とのことだ。

それで空力効果があるなら、PHVではない
普通のプリウスもダブルバブルにできないか?

 児玉PCDは

「そうですね。将来的には考えたいと思っています」

と答えてくれた。

インテリアで目立つのは、センタークラスターの縦長ディスプレイだ。

現行プリウスのセンタークラスターは上からエアベント、
ナビ画面、ヒーコンというレイアウトだが、今回のPHVは
11.6インチの縦長ディスプレイの両脇にエアベントを配置。

縦長ディスプレイを地図表示だけにすれば進行方向が広く表示されて
わかりやすいし、上下2画面に分ければ、上に地図を表示しながら、
下の画面は空調、オーディオ、PHVのエネルギーモニターなどに
切り替えることができる。

もうひとつ普通のプリウスと違うのが後席で、カップホルダーや
収納を備えた立派なコンソールで仕切った二人掛けの後席空間だ。

児玉PCDによれば

「4座独立でゆったりしていただこう、というコンセプトでデザインした」

という。

当然ながらPHVは価格が高くなることを考えると、左右にセパレート
された後席が醸す上級感は巧いアイデアと言えそうだ。

ただし、ダブルバブルのバックウインドウや11.6インチの
縦長ディスプレイは、プラグインでなくても欲しいアイテム。

それらがいずれ普通のプリウスにも採用されるとしたら…
米国トヨタは上級感を重視してプリウス プライムと命名したが、
より差別感の少ないプリウスPHVが「名は体を表す」ことになる日は、
案外、遠くないのかもしれない。











続きを読む

↑このページのトップヘ