タグ:フリーター

1:まとめらいぶ 2018/09/10(月) 13:55:31.88 ID:u3f0PjkQ0 BE:509143435-PLT(12000)
「一生アルバイトをした人と正社員と、給料の差はどれくらいになるか?二百万、二千万、二億。
一つ選んで」。答えは平均で約二億円と告げられると「えーっ、そんなに!?」。子どもたちから
驚きの声が上がった。

川崎市立小倉小学校の六年生の教室。先月中旬、ビジネス専門学校講師の鳥居徹也さん(40)が、
総合学習の時間に講義した。内容は「フリーター・ニートになる前に受けたい授業」。
クイズ形式で積極的な発言を促し、テンポの良い語りで子どもらを引き込んでいく。

文部科学省の委託事業として、鳥居さんは昨夏から全国八十以上の中学校と高校を回った。
「小学生でも理解できる」と助言され、今年から小学高学年に枠を広げた。

「フリーターにはボーナスがない」「退職金がない」。鳥居さんは次々と“損”な例を示した。
ニートについても「親の甘やかし」や「失敗や挫折」などの背景を挙げ、
自立に向けた精神的な支えの大切さや、失敗を恐れず努力することの意義を訴えた。

【東京新聞】
 http://www.tokyo-np.co.jp/00/kur/20060702/ftu_____kur_____000.shtml

no title

引用元: 【画像】小学生「ニートやフリーターみたいな甘ったれた大人にならないよう頑張ろうって思った」

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2017/12/10(日) 02:53:04.66ID:CAP_USER.net
特定の会社に属さず、自分の能力を武器に自由に働くフリーランスや兼業者の人口は
1100万人を超える規模になった。「働き方改革」の一環で政府も後押しする中、フリ
ーランスが抱える収入や福利厚生面での不安を少しでも解消しようと、新しい支援サ
ービスが広がり始めている。

【日本経済新聞】
 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24461210Z01C17A2905E00/
続きを読む

1まとめらいぶ2017/09/27(水) 20:14:19.75ID:CAP_USER9.net
厚労省のアニメに賛否 働き方支援も「偏見だ」



厚生労働省が制作した働き方を支援するアニメが物議を醸している。

「フリーターに対する偏見だ」などと批判する若者も出ている。

40代女性:「実態がよく分かるには良いのかなと思います」
 
大学2年生:「偏見があるなと思います」
 
街の人たちが賛否を投げ掛けているのは、厚労省が制作した若者の働き方を支援する
アニメ。主人公はフリーター生活を送る若者なのだが…。
 
(コンビニで働く)主人公:「583円です」
 
利用客:「いくら?583円ね。ちょうどあるでしょ」
 
勤務先の上司:「島本君、お客様に向かって今の態度はないんじゃないか」
 
(コンビニで働く)主人公:「別に何もしてないですけど」
 
勤務先の上司:「金額はしっかり聞こえるように言って。あいさつも忘れずにしないと。
仕事なんだからさ、頼むよ」
 
仕事としての自覚が足りないんじゃないのかと指摘されるフリーターの主人公。
さらに、フリーターの将来像を描くシーンでは正社員と比較され…。

フリーター編(30歳):「新しい店長が俺より年下だって?ショック…」
 
正社員編(30歳):「係長に昇進したぞ。仕事は忙しいけどやりがいも出てきた」
 
フリーター編(40歳):「もう40歳。そろそろ落ち着こうかな。
            でも就職先、なかなか見つからないな」
 
正社員編(40歳):「部長に昇進。部下も増えて仕事も充実」
 
順風満帆の正社員に対して、フリーターは悲哀ばかりが浮き彫りになる展開に疑問の声も。
そして、フリーターと正社員の将来像の比較。最終的には…。
 
フリーター編(60歳):「高校生のアルバイトと時給が100円も変わらないなんて」
 
正社員編(60歳):「会社を定年退職。第2の人生を計画中」
 
もちろん、安定した仕事に就職することの大切さがよく分かるとこのアニメに好感を
持つ人も少なくない。アニメを作成した厚労省は誰もがその意志や能力、個々の事情
に応じた働き方を選択できる社会を目指していて、今後の働き方や将来の進路を考え、
就職支援機関を活用頂く一つのきっかけとなればという思いで作成したとしている。

【テレ朝ニュース】 
 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000110913.html
続きを読む

1まとめらいぶ2016/01/24(日) 18:29:36.64ID:CAP_USER*.net
現在放送中のドラマ『家族のカタチ』(TBS)で香取慎吾が演じる大介のように、

「あえて結婚しない」

アラフォー男性が増えつつあるようだが、その影で、

「したいのにできない」

中年男性たちもまた、年々増加しているという。

 特に問題視されているのが、中年フリーターの未婚化だ。厚労省の発表によれば、
2014年時点で34~44歳男性の非正規雇用率は9.5%に達し、中年のフリーターの
数は過去最高を更新し続けている。その一人である
亀岡さん(仮名・47歳)に話を聞いた。

◆年齢的にも収入的にも、女性に相手にされない

<亀岡竜也さん(仮名・47歳)/年収280万円/彼女ナシ歴10年>

「独身だと病気やケガをしたら死ぬしかありませんね」と嘆く亀岡さん。
早朝は築地市場の作業員、昼は介護士バイトで生計を立てている。

「大学卒業後に当時は高給取りだった大型トラック運転手になりました。
20代で年収は1000万円近くあったかな。でも、バブル崩壊後に給料が半減。
42歳で運転手の職業病である痔を患い、今の仕事に転職しました」

 介護士資格を有するも、その給料だけではやっていけず、正社員ではなく
パートタイム勤務。二足のわらじを続けた結果、長距離トラック運転手時代に
貯めた500万円の貯金は約300万円まで目減りした。

◆インフルエンザで衰弱死を覚悟

「悔やんでも悔やみきれないのは、過去2回見送った結婚のチャンスです。
30代前半だったこともあり、“まだ遊びたい”と結婚を拒否してしまいました。
でも、今は結婚したくて仕方ありません。

 2年前の冬、インフルエンザで4日寝込んだとき、病院にもコンビニにも行く
体力がなかった。唯一あったカレーのルウをお湯に溶いてエネルギー補給
しましたが、衰弱死も覚悟しましたね。何の保証もなく、このまま仕事が
できなくなったら、人生おしまいです」

 既婚者で共働きであれば、収入面でリスクヘッジできる。
だが、独身者はそうもいかない。

「貯金があるうちに、何とか結婚したいと思いますが、
年齢的にも収入的にも女は相手をしてくれない。
ガンになってからガン保険に入れないのと一緒です」

 女性にとって年齢は結婚における大きなハードルになると言われるが、
ある年齢を過ぎれば、男性も同じようだ。だったら同年代の独身女性を探せば
いいのにと思うが、やっぱり若いコの方がいいのだろうか……。

※ 35~45歳で個人年収400万円以上600万円未満の独身男性200人が対象。

Yahoo! ニュース

非正規中年

【イメージ画像】
続きを読む

1まとめらいぶ2015/10/12(月) 19:30:27.43ID:???*.net
◆「中年フリーター」のあまりにも残酷な現実 

就職氷河期世代が今、割を食わされている

アルバイト、パート、派遣、請負など非正規労働者の増加が止まらない。
平成元年(1989年)に817万人で全体の約2割だった非正規労働者は
2014年に1962万人まで増加。全体の37%と4割近くに迫っている。
今や労働者の実に3人に1人が非正規だ。

中でもこれから深刻な問題として顕在化してくるのが
「中年フリーター」の問題だ。その中心は1990年代半ばから2000年代半ばに
新卒として社会に出た「就職氷河期世代」の非正規労働者だ。
氷河期最初の世代はすでに40代に突入。年齢的に正社員に就くのが
困難であるだけでなく、体力の衰えとともに働けなくなってくる。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの尾畠未輝研究員の試算によると、
35~54歳の非正規(女性は既婚者を除く)の数は2000年から増加、
直近では273万人に上る。

◇親のためにUターンも派遣社員を転々

「本当は正社員として働きたかった。安定した生活が保障された中で
自分の人生を設計したかったです。振り落とされないように必死になって、
社会にしがみついている状態です」

兵庫県に暮らすAさん(42)は就職氷河期世代。
工業高校を卒業後、大手流通企業に正社員として就職したものの、
家庭の事情から非正規労働者になり、職を転々。
今はセールなどの掘り出し物を見つけてはネットオークションで
売りさばき、生計を立てている。

Aさんの人生が狂いだしたのは1996年、23歳のとき。
母親の面倒を見るために兵庫に帰郷し、派遣会社
社員として大手メーカーの系列会社で働き出した。

最初の派遣先は半年ごとの更新だったが、わずか1年で雇い止め。
Aさんは実家を離れて近隣県に「出稼ぎ派遣」に行く。
仕事の内容はガラス工場のオペレーターだった。
ただ3カ月で雇い止めに遭い、実家へ出戻り。
近所の食品会社工場の契約社員になった。
それも2年後に過労で辞職。
しばらく休養した後、別の派遣会社に登録し、
再び大手メーカー系列の会社で仕事した。

正社員を募集していた職場では、次々に落とされた。
「社員にならないか?」と誘う企業がなかったわけではない。
リフォーム会社の訪問販売で給与は出来高制。
ネットで調べてみると、“ブラック企業”だった。

写真:さまざまな職場を転々としたAさん、今はネットオークションで生活する



東洋経済オンライン

※ >>2 以降に続きます。
2まとめらいぶ2015/10/12(月) 19:30:47.33ID:???*.net
※ >>1 の続きです。    

結局、阪神大震災の翌年である1996年から約10年間で、
派遣や契約社員、嘱託などの非正規待遇で10社ほど渡り歩いた。
時給はだいたい900~1200円だった。

さらにAさんを苦しめたのが2006年のライブドアショック。
少ない資産を少しでも増やそうと株式投資をしていたが、
裏目に出てしまった。これを機に残った株をすべて処分。
現在は前述のようにネットオークションで生計を立てるようになった。

「地元で面接受けられる会社はすべて行ってしまっていたので、
事実上、就職できなくなった。車の免許を持っていないので、
遠くに行くこともできない」

◇人手不足でも正社員の求人は少ない

オークションの1カ月の利益は「生活保護費の少し上くらい」と多くはない。
母親と2人で住む公営住宅の家賃が安いから何とか成り立っているのだ。
「今怖いのは、親が急に死ぬこと。公営住宅では配偶者であれば
そのまま住めますが、子どもが単身になると生活保護受給者や
障害者以外は退去を求められる。もしそうなった場合は貯金を
すべてはたいて、安い住宅でも買わないとやっていけなくなるかもしれない」

足元では景気回復に伴って人手不足が叫ばれている。
それに合わせて大きく期待されているのが非正規の正社員化だ。
確かに8月の有効求人倍率(季節調整済み)は1.23倍と23年ぶりの高い水準だ。

ただし正社員に限ってみると有効求人倍率は0.76倍と1倍を下回る。
回復傾向にあるとはいえ、求人数が求職者数より少ない状況は
いまだ変わらない。
ずっと非正規で専門的なスキルも経験もない人になれば、
なおさらハードルが高くなる。

中年フリーターの「下流化」は今後ますます加速する。
非正規の平均月収は約20万円。
体力のある若いときは低賃金でも仕事の掛け持ちなど量で
カバーすることができたかもしれないが、それができなくなってくる。

貯蓄も少ない。
連合総研「非正規労働者の働き方・意識に関する実態調査」によると、
非正規が主たる稼ぎ手となっている世帯のうち「貯蓄なし」が28.2%、
「100万円未満」の世帯も26.6%に上る。

また社会保険の加入率が低いのも特徴だ。
厚生労働省「就業形態の多様化に関する総合実態調査報告」によると、
雇用保険の加入率は65.2%(正社員99.5%)、健康保険52.8%(同99.5%)、
厚生年金51.0%(同99.5%)と正社員を大きく下回る。

※ さらに続きます。
3まとめらいぶ2015/10/12(月) 19:31:21.18ID:???*.net
※ >>2 の続きです。   

◇企業のコスト削減が社会の負担に

病気などで働けなくなり、社会保険などのセーフティネットからもこぼれ落ちると、
最後に頼れるセーフティネットは生活保護しかない。
生活保護受給者は7月時点で216万人と過去最多を更新。
それに匹敵する中年フリーター273万人が生活保護予備軍として
存在しているといっても過言ではない。

厚生労働省「就業形態の多様化に関する総合実態調査」によると、
非正規を活用する理由について「賃金の節約のため」と回答した企業が
4割超と最多。
企業が非正規を活用してコスト削減した分が、
将来的に行政の負担として跳ね返ってくるようにも映る。

Aさんのように親元で暮らしているから生計を維持できている人も
少なくないだろう。
親の高齢化するとそれが難しくなるのは必至。
それどころか親の介護が必要になってくる。
また自らの老後にも不安を残す。
国民年金のみの場合、満額で6.5万円。保険料未納の期間があると
受け取る額は減る。老後は今以上に厳しい生活になってしまうのだ。

低い賃金、不安定な雇用、教育訓練機会の乏しさ……。
非正規をめぐる問題は以前から指摘されてきたことだ。
これまでにも氷河期世代をはじめとした若いフリーター層に対する
就労支援も行われてきた。
だが目立った成果が上がらないまま、中年フリーターたちは年齢を重ねてきた。
これからますます苦しい立場に追い込まれていく中年フリーターを
どうサポートするのか。
手を打たなければ事態が悪化していくことだけは確かだ。

※ 以上です。
続きを読む

1まとめらいぶ2015/08/04(火) 20:44:01.98ID:???*.net
中年フリーター:氷河期の非正社員ら、歯止めかからず273万人に

日本の非正規雇用労働者の数は、
1990年代前半のバブル崩壊後に経済が長期停滞した
「失われた20年」の間に右肩上がりに増加し、
その数は2015年1~3月期平均で1979万人と、
労働者全体の37.7%に達している。ここ数年は景気が比較的安定し
採用環境も改善していることなどから、34歳までのいわゆる
「若年フリーター」はピークの03年からは減少している。
だが、90年代後半からの「就職氷河期」に直撃された世代を含む
35歳以上の「中年フリーター」については増加に歯止めがかかっていない。
年金・保険などセーフティーネットの強化や正社員への転換を
後押しする制度作りなどに社会全体で取り組む姿勢が求められている。

現在、「中年フリーター」はどのくらい存在するのか。
政府の明確なデータが存在しないため、その定義を
「35~54歳の非正規の職員・従業員(女性は既婚者を除く)」とし、
雇用問題に詳しい三菱UFJリサーチ&コンサルティング
調査部の尾畠未輝研究員に試算してもらった。

それによると、
中年フリーターの数は90年代は130万人台で安定していたが、
バブル崩壊から約10年が経過した2000年代に入ってから
目立って増え始め、15年には273万人に達している。

非正規雇用は以前は主婦パートが中心だったが、
その後、グローバル競争への対応を求められるようになった
企業の雇用手法の変化などを背景に、世帯の主要な稼ぎ手であっても
契約社員や派遣社員として働く人が増えていった。

「新卒一括採用」が今なお企業の主体である日本では、
就職時に派遣社員などの形で非正社員として採用されると、
中途で正社員に転換することはなかなか難しい。
これが、非正規労働を継続させる理由となり、
就職氷河期のフリーター層が年をとり、
「中年」の年代にさしかかっている。

尾畠氏は、非正規問題への対応について
「賃金を一律に上げるのではなく、それぞれの仕事に見合った
対価を支払う必要がある。景気が悪くなったら突然クビを切るような
不安定さには問題がある」と指摘。中年フリーターについては
「長期的に同じ仕事を続けてきたなら、その技術を生かせる
マッチングの機会を増やすなどの対応ができると思う。
また、労働者側の意欲も大事だ」と指摘した。

就職氷河期にフリーターとなった経験を原点に
作家活動をしている雨宮処凛さんは、毎日新聞のインタビューに
「(非正規雇用労働者の問題に)どこかに決着の地点があると思ったけれど、
10年たってもまったくない。10年前は若者の貧困だったけど、
今はもう若者じゃない。中年になっていて、それがどんどん初老になり、
高齢者になっていく」と強い危機感を語った。

【尾村洋介/デジタル報道センター】

毎日新聞

中年フリーターの人数の推移


続きを読む

↑このページのトップヘ