『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.6.20

      フェラーリ

      1まとめらいぶ2017/06/19(月) 19:57:25.77ID:CAP_USER.net


      フェラーリ・ジャパンは、新たなフラッグシップモデル「812スーパーファスト」
      を日本初披露した。価格は3910万円だという。

       812スーパーファストは2017年3月に開催されたジュネーブ国際モーターショーで
      発表された。従来型フラッグシップモデルである「F12ベルリネッタ」同様にV12気筒
      の自然吸気エンジンをフロントに搭載し、後輪を駆動するFR車だが、あらゆる面で
      進化しているという。

       最大の特徴はフェラーリのカタログモデルで史上最高となる800馬力を発揮するV12
      気筒自然吸気エンジンだ。従来型エンジンとの違いは、排気量を従来型の6.2Lから6.5L
      まで拡大したこと、吸排気ダクトの変更や高圧ダイレクトインジェクションの採用を
      行ったこと、そしてエンジン全体の75%が新パーツに置き換えられていることだ。
      これにより最高出力800hp/8500rpm、最大トルク718Nm/7000rpmというロードカー
      として驚異的なハイパワーを発揮。そのパフォーマンスは、0-100km加速、2.9秒。
      最高速度は340km/hだという。

      トランスミッションは従来同様にパドルシフト付き7速DCTを採用しているが、制御
      プログラムを改良することでシフトアップは30%、シフトダウンは40%短縮。より
      すばやく変速できるようになったという。

       さらに走行性能を向上するために、最新の制御システムを搭載。フェラーリ初の
      電動パワーステアリングが採用されたのもニュースだ。また新制御システムにより
      従来型を超える俊敏な加速と鋭いコーナリング性能に加えて、制動距離も短く
      なったといい、100km/hから完全停止までの制動距離はF12ベルリネッタより
      2.5m短い32mになったという。

      中略

      納車までは約1年4カ月? それでも完売の見込み

       昨今、フェラーリの最新モデルも世の流れに従い、ターボ化によって排気量のダウン
      サイズを実現しているが、フラッグシップモデルである812スーパーファストはノン
      ターボとなる自然吸気エンジンを継続しただけでなく、排気量の拡大まで行っている。
      これはフェラーリのカタログモデルの中でも生産数が少ないフラッグシップモデル
      だけの特権であり、トップモデルの誇りとしてあえてこだわっている部分なのだ。

       今後、排ガス規制が一層厳しくなるなかで、フェラーリが効率の悪い大排気量の自然
      吸気エンジンを作り続けられる保証はない。もしかしたら、古き良きフェラーリの伝統
      を受け継ぐV12気筒エンジンを手に入れられるなら今のうちに、という同社の思いが
      このクルマに込められているのかもしれない。

       創業最初のモデルがV12気筒エンジンだったフェラーリにとって、フラッグシップ
      モデルにこの形式のエンジンを搭載することは非常に大きな意味を持つ。またいくら
      ターボが進化しても、エンジンのスムーズさはやはり自然吸気エンジンが上だ。それが、
      F1など古くからターボ化の技術を持つフェラーリでもフラッグシップモデルをターボ化
      しない理由といえる。

       受注から納車までは約1年4カ月かかるという812スーパーファスト。同社全体の総生産
      台数はコントロールされていて、需要があるからといって生産台数をいたずらに増やす
      ことは決してしない方針だ。このため、カタログモデルといえど完売扱いとなることは
      珍しくなく、それは日本でも例外ではない。日本への本格導入は年末以降となりそうだが、
      まず間違いなく年内受注分は早々に終了してしまうことだろう。それがフェラーリという
      ブランドの強さなのである。

      【日経トレンディネット】
       http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1008498/061400787/
      【【自動車】非効率でも年内分完売?3910万円新フェラーリ『812スーパーファスト』日本上陸】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/03/09(木) 18:28:08.62ID:CAP_USER.net
      【bloomberg】
       https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-03-08/OMHCXU6S972801









      イタリアの高級スポーツカーメーカー、フェラーリは7日、量産車としては同社史上
      最も速いモデルを公開した。販売台数増加を目指しつつもフェラーリとしての魅力を
      失わないよう、車の性能で妥協を許さない同社の評判に見合う新モデルとなった。

        ジュネーブ国際自動車ショーで初披露された「812スーパーファスト」は12気筒、
      800馬力のエンジンを搭載。わずか2.9秒で時速100キロメートルに加速、走行時に時速
      340キロを超えることも可能で、フェラーリ史上最強の量産モデルだ。

      セルジオ・マルキオンネ最高経営責任者(CEO)はブルームバーグテレビジョンの
      インタビューで、イタリアでの価格が29万2000ユーロ(約3500万円)の同モデルは
      2017年分が既に売り切れたと話した。


       マルキオンネCEOは、「われわれは常に需要を下回る供給にとどめる必要がある」
      と説明。15年の新規株式公開(IPO)後、株主に売上高と利益を増やすことを約束
      しているフェラーリは、独自性を失わずに販売を拡大するという課題に直面している。

      同CEOはラインアップを拡充しながら、812スーパーファストのような高性能車を
      前面に押し出し利益の勢いを保とうとしており、19年までに年間9000台を販売する
      との目標を達成する公算だ。

        各モデルで供給を絞ることはフェラーリの評判を守る上で鍵となる。販売台数を
      年9000台を上回る水準に増やすには、「今よりもっと幅広い商品が必要だ」と
      マルキオンネ氏は話す。同氏は新たな技術やプラットフォームへの大型投資を
      しなくても、フェラーリの商品レンジを広げる「驚くべき余地」が残っている
      とこれまでに語ったことがある。こうした低リスクでの拡大は、ブティック型
      メーカーのフェラーリにとって極めて重要だ。

       IHSオートモーティブのアナリスト、イアン・フレッチャー氏(ロンドン在勤)は、
      より実用性や快適さを求める購入者を呼び込むため、フェラーリが昨年「ファミリーカー」
      として公開したGTC4ルッソの5ドア・バージョンを検討する可能性があると指摘する。

       フェラーリは5ドアモデルを加えるかどうかをまだ決めていないが、マルキオンネ
      CEOはジュネーブで記者団に対し、従来のスポーツカーの顧客以外にも手を伸ばして
      いきたいと述べた。その一方で、ベントレーやメルセデス・ベンツの「マイバッハ」など
      超高級オールテレイン(全地形万能)車に対する需要が拡大しているが、フェラーリは
      スポーツタイプ多目的車(SUV)の生産はしないとあらためて表明した。

        フェラーリは過去に独自の魅力を守るため、年間生産台数を7000台に限定していた。
      16年の販売台数は8014台に達し、今年は約8400台を見込んでいる。過去最高益を昨年
      達成し、今年は少なくとも8%の増益を計画している。
      【【クルマ】フェラーリ史上最強モデル初披露、3500万円でも2017年分は既に売り切れ。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/12/14(水) 13:45:22.47ID:CAP_USER.net
      【オートックワン】
       http://autoc-one.jp/ferrari/launch-3059245/







      フェラーリは、国立新美術館で開催されたフェラーリ日本進出50周年記念式典において、
      限定10台の日本限定モデル“フェラーリ J50”を発表した。

      フェラーリ J50の価格は250万~300万ユーロで、日本円に換算すると
      およそ3億~3億6千万円。限定10台については、残念ながら既に完売しているという。

      フェラーリ・イン・ジャパン50周年記念特別限定モデルであるフェラーリ J50は、
      1970年代から80年代に人気を博したフェラーリ・ロードカーを想起させるタルガ
      ボディ・スタイルの復活を強調する2シーターのミッド・リアエンジン・ロードスター。
      フェラーリのスペシャル・プロジェクト部門によって開発され、マラネッロの
      フェラーリ・スタイリングセンター・チームによって設計されたJ50は、フェラーリ
      伝統の精神「フォーリ・セリエ」が今に蘇るわずか10台の限定モデルで、1台1台
      ユーザーのリクエストに合わせてテーラー・メイドで仕上げられる。

      488スパイダーがべースのフェラーリ J50は、
      今年のインターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーで
      総合優勝に輝いた3.9リットルV8エンジンの出力690cv
      特別バージョンを搭載。完全新設計のボディワークは、
      個性的で未来的なデザイン手法を取り入れたデザインとなっている。
      【【クルマ】“眩暈がするほど格好良い”3億円のフェラーリ日本限定モデルJ50が発売】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/05/23(月)17:35:51Wte
      将来はフェラーリ乗る夢持ってたけど
      結局自転車しか買えない底辺になったけど、
      これなら買う気なら買える

      車買ったことないけど将来金貯めて買おうかな中古で

      【【新型】『スープラ』マジかっこよくね、フェラーリと変わらん。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2015/10/24(土) 16:09:16.13ID:fa6CqqHM0.net BE:698254606-PLT(13121)
      780馬力を誇るフェラーリ・F12 tdfが発表された。
      パワフルさとエレガンスがバランスされたボディに加えて、
      レース車に通じるような高性能ぶりが注目に値するモデルである。
      バーチャル・ショートホイールベースもセリングポイントの一つだ。

      11月初頭にデビューするフェラーリ「F12 tdf」は、ひとことで説明すると、
      F12ベルリネッタの高性能版だ。もうひとこと付け足すなら、1950年代から
      60年代にかけて開催された自動車レース「ツール・ド・フランス(Tour de France)」で
      活躍した往年のフェラーリ・スポーツカーへのオマージュ、という意味も持っている。

      「このモデルは、1956年型の250GTベルリネッタをとりわけ意識しています。
      なにしろ4年連続で優勝したのですから。伝説的な耐久ロードレースの
      ツール・ド・フランスでは、すぐれた操縦性により究極の性能を発揮することが
      求められ、さらに、苛酷なドライブを強いられるドライバーへの負荷を低減する
      安逸性も要求しました。それゆえに、今回のF12 tdfは、
      日常でもレースでも使える究極のロードカーなのです」

      ツール・ド・フランス(当時はTdFと表記された)での栄光を上書きするような
      F12 tdfは、自然吸気(ターボではない)の6262cc V型12気筒エンジンを搭載。
      最高出力は780ps/8500rpm(F12ベルリネッタは740ps)、最大トルクは
      705Nm/6750rpm(同690Nm)となっている。ものすごいトルクの80%は
      2500rpmで得られるが、フェラーリでは、エンジンの力は8900rpmで
      レッドラインが引かれたリミットまで途切れることはないとしている。

      Yahoo! ニュース



      【【スーパーカー】最強のフェラーリ『F12 tdf』登場!F12ベルリネッタの高性能版】の続きを読む

        このページのトップヘ