『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2018.6.1

      ファーウェイ

      1まとめらいぶ2017/12/20(水) 22:27:20.13ID:CAP_USER.net
      中国・ファーウェイのSIMフリースマートフォン「HUAWEI P10 lite」
      (2017年6月9日発売)が2017年12月、スマホの機種別週間販売台数
      のランキングで初めて1位を獲得した。

      SIMフリースマホの機種別1位獲得は、2017年で3度目。iPhoneが
      新モデルを発表した9月以来では、初めて。



      家電量販店の実売データを集計する「BCNランキング」の機種別ランキングで、
      ファーウェイの「HUAWEI P10 lite」は12月第1週(2017年12月4日~10日)に
      販売シェア7.8%を占めた。6月9日の発売直後の6月第2週(6月12日~18日)以
      降、トップ10入りは果たしてきたが、ついに初のトップだ。

      人気スマホといえば、iPhoneが筆頭だろう。米アップルは、9月12日にiPhone
      シリーズの新モデル「iPhone X」と「iPhone 8」を発表。22日に「iPhone 8」、
      続けて11月3日に「iPhone X」を発売した。

      「HUAWEI P10 lite」はこのiPhone新モデルの追随を許さず、同モデルの発売
      後で初めて、トップの座を奪ったことになる。

      なおSIMフリースマホが機種別1位を獲得するのは、7月第2週(7月10日~16日)
      の「HUAWEI P9 lite」、9月第2週(9月11日~17日)のASUSの「ZenFone Go
      (ZB551KL-16)」に続き、2017年で3度目となる。

      「HUAWEI P9 lite」の魅力は、何と言ってもそのお手頃感だ。価格が3万円を
      切る一方で、上質なスリムボディーに5.2インチのフルHD液晶ディスプレー、
      高品質カメラ、高速CPU、指紋認証センサー、3000mAhバッテリーと高性能
      を誇り、急速充電にも対応できるなど、使い勝手が良い。

      ツイッターでは

      「Huawei P10 liteのスペック見てるとiPhoneの
       誰得感がにじみ出てきちゃうんだよなぁ...」

      「iPhone xが買えないので格安スマホのHUAWEI p10 lite を
       買いました。想像以上に画面デカイけど感激 2万4千円なり!」

      「スマホを Huawei p10 lite に変えた これホントに3万円しないの?
       って言うくらいすごい完成度」

      など、iPhoneに比べおトク感を評価する声が多い。

      ただ一方、

      「とりあえず今すぐ次の端末が必要だったからHuaweiP10 lite買ったけど、
       やはり内部ストレージの少なさが不満だなー」

      「iphoneをください。huawei p10 liteに不満がたまりまくりです」

      といった声もみられる。

      ファーウェイの日本・韓国リージョン デバイス
      プレジデントの呉波氏は機種別1位獲得を受け、

      「ファーウェイは、テクノロジーとブランドを核に顧客主義を重視しており、
      お客様のニーズに常に耳を傾けております。『HUAWEI P10 lite』がたくさん
      の方にお使いいただいていることを、非常に嬉しく思います。改めまして、
      皆様からの温かいご支援に、心より感謝申し上げます」

      とコメントした。

      【J-CAST トレンド】
       https://www.j-cast.com/trend/2017/12/20317153.html
      【【スマホ】『ファーウェイ』iPhoneの牙城崩せるか!SIMフリー『P10 lite』、初の機種別トップ。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/10/10(火) 17:51:25.38ID:CAP_USER.net
      ファーウェイ・ジャパンは、若者をターゲットにしたAndroidスマートフォン
      「honor 9」を10月12日に発売する。価格は5万3800円(税抜)。従来、honor
      シリーズは楽天経由でのみ販売されてきたが、今回はIIJmioやイオンモバイル、
      gooSimsellerなどでも取り扱われる。

       honor 9は、HUAWEI P10/P10 Plusなどの端末と同様にデュアルカメラを搭載した
      モデル。背面はカメラ部を含め出っ張りが無いフラットな形状で、15層のレイヤーで
      光の反射を演出。3D曲面ガラスを採用するなどしてデザイン性を高め、若者向けに
      訴求していく。ボディカラーは、サファイアブルーとグレイシアグレーの2色が
      基本となるが、楽天モバイルのオリジナルカラーとしてミッドナイトブラックが
      用意される。

       背面のカメラは、2000万画素のモノクロセンサーと1200万画素のカラーセンサーの
      組み合わせ。P10/P10 Plusのようなライカとのコラボは無いが、2つのカメラを使った
      ハイブリッドズームやポートレートモードなど、多彩な撮影機能を実現している。
      インカメラは800万画素。

      ディスプレイ下部にホームキーを兼ねた指紋センサーを装備しており、その両脇に
      バックキーやタスクキーの役割を果たすタッチセンサーも搭載されている。設定に
      より、キーの機能の入れ替えを行ったり、指紋センサー上にバックキーや
      タスクキーの機能を割り当てたりすることもできる。

       チップセットはKirin 960(2.4GHz×4、1.8GHz×4のオクタコア)で、
      メモリー(RAM)が4GB、ストレージ(ROM)が64GB。外部ストレージは、
      最大256GBのmicroSDカードに対応。ディスプレイは5.15インチ、1080×1920ドット
      (フルHD)のIPSパネル。OSはAndroid 7.0を搭載して出荷される。バッテリー容量は
      3200mAhで、充電端子はUSB Type-C。付属のACアダプターにより
      9V/2Aの急速充電が行える。

       通信方式は、FDD-LTE(B1/3/5/7/8/19/20)、TDD-LTE(B38/40)、
      W-CDMA(B1/2/5/6/8/19)、GSM(850/900/1800/1900MHz)に対応。
      下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsでの通信をサポート。デュアル
      SIMスロット(nano)を装備し、4G+3GのDSDSに対応する。
      無線LANはIEEE802.11a/b/g/n/acに対応。Bluetooth 4.2、
      NFCもサポートする。



      【ケータイWatch】
       http://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1084833.html
      【【スマホ】ファーウェイ『honor 9』を本日(10月12日)発売~若者がターゲット】の続きを読む

        このページのトップヘ