1まとめらいぶ2015/11/11(水) 17:49:46.72ID:???*.net
速度違反を取り締まるオービスのカメラにピースサイン。挑発ともとれる行為で、
スピード違反の男が逮捕された。長い金髪をなびかせ、車から出てきた男。
唇をなめながら、警察署へ入っていった。道路交通法を頻繁に違反していた男は、
交通執行課に連行されていった。金髪の男が運転していた車は、ど派手なピンク色。
タコメーターがいくつも連なり、シートも本格的なレーサー仕様。交通違反を
繰り返していた金髪の男は、住所不定で、自称、電気工・室岡佑輔容疑者(21)。
東京・足立区内の環状7号線で、制限速度50km/hのところ、時速124kmの
猛スピードで走行。道路交通法違反で逮捕された。この金髪の男と同様の行為は、
2015年6月にも起きていた。大きなエンジン音をとどろかせ、車が急加速。
この動画のタイトルには、「一般道で時速200kmでオービスを光らせてみた」
とあった。オービスとは、通過する車の速度を自動で計測し、違反した車両の画像と、
データを記録する装置。投稿された動画には、目の前に現れたオービスの下を
猛スピードで通過。タイトルの通り、速度超過を示す赤いライトが光った。
この車を運転した男は、制限速度60kmの国道を、時速172kmで運転した
疑いが持たれている。今回、逮捕された金髪の男も、同様の違反行為をしたと
みられている。フロント部分のナンバープレートを外し、環状7号線を猛スピードで
走行。オービスが違反をとらえ、写真を撮ろうとすると、たばこをくわえて、
窓から手を出し、カメラに向かって、にらみながらピースサイン。挑発行為を
繰り返していた。オービスに挑発行為を繰り返した金髪の男。容疑を認め、

「家族に迷惑をかけた」

と供述。警視庁は、4件の余罪についても調べている。

【FNN】
 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00308134.html
続きを読む