タグ:パソコン

1まとめらいぶ2017/08/25(金) 07:53:09.68ID:CAP_USER9.net
「思い出のゲーム機が捨てられるのは耐えられない」。

 そんな思いから、東京都八王子市のパソコンリサイクル会社「いっとく」の永野間
ながのま祐一社長(39)が、見た目は大型ゲーム機、中身はパソコンという変わり
種を自作し、販売している。

 スティック状のコントローラーに複数のボタン。テーブル型のものから対戦用に2
台並んだものまで。どれもゲームセンターにあるゲーム機と見た目は同じだが、起動
すると、ウィンドウズのロゴが画面に映し出される。

 不要になったゲーム機を引き取り、パソコンを組み込んだ「パソケード」だ。ゲー
ムセンターのゲーム機が「アーケードゲーム」と呼ばれることにちなんで命名した。

 コントローラーやボタンはパソコンの操作に使え、キーボードを接続すれば文字入
力もできる。ゲーム好きでなくても興味をそそられる出来栄えだ。

 永野間さんは中学生時代、「ゲームをしたい」という思いを抑えて受験勉強に打ち
込んだ。志望していた慶応高校には合格したが、その反動から、入学後はほぼ毎日、
ゲームセンターに通うようになった。

 そうして大人になった永野間さんは、10年ほど前に初めて中古の大型ゲーム機を
購入。思う存分遊んだという。「かつて店で遊んだ思い出のゲーム機を自宅に置いた
時のドキドキ感は何物にも代え難かった」と永野間さんは話す。

 永野間さんによると、近年は廃業するゲームセンターが後を絶たないという。重さ
100キロを超える大型ゲーム機はなかなか引き取り手がなく、安価で売りに出され
ている。それでも買い手がつかないものは処分される。

 ゲーム好きが高じて大型ゲーム機まで購入した永野間さんにとって、処分されるゲ
ーム機が不憫ふびんで、インターネットのオークションなどで大型ゲーム機を買い集
めるようになった。知り合った業者からは次々と買い取りの依頼が来た。

 「自分が買わないと処分されてしまう。何とかできないか」。ひらめいたのが、同
社の本業で回収したパソコンをゲーム機に組み込むことだった。

 永野間さんはこれまでにパソケードを50台作った。販売を始めたのは5月からで、
価格は安いもので10万円ほど。問い合わせはあるが、実際に売れたのは1台。それ
でも、永野間さんは「大型ゲーム機が家にあるのは、ゲーマーにとってはロマン。情
熱がある人に興味を持ってもらえればうれしい」と話している。

【読売オンライン】
 http://yomiuri.co.jp/national/20170824-OYT1T50075.html



続きを読む

1まとめらいぶ2016/04/24(日) 12:51:14.96ID:CAP_USER.net
【日経 トレンディネット】
 http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1003590/041200248/



 我が家のリビングのテレビには今、ブルーレイレコーダーや
「PlayStation 4」「Nexus Player」「Apple TV」「Amazon Fire TV」など、
さまざまなテレビ向けデジタル機器が接続されており、
さまざまなコンテンツを楽しんでいる。

 最近このなかに新しく仲間入りして、テレビ使用時間の多くを
占めるようになったのがWindows 10搭載の「スティックPC」だ。

なぜスティックPCを使い込んでいるのか
 スティックPCはWindowsがインストールされたれっきとした「パソコン 」。

マイクロUSBケーブルを接続して電源を供給しなければならないが、
HDMI端子に接続するだけでテレビを「テレビパソコン」化することが可能だ。

 このスティックPCを他のデバイスよりも長く使うようになった理由のひとつは、
汎用性の高さだ。2016年に入ってから各社から発売された最新スティックPCには、
「Windows 10 Home 32ビット版」がインストールされている。

64ビット専用のアプリケーションは利用できないがそれでもWindows向けに
星の数ほど存在するソフトウェアを活用できる。

 例えば、筆者の場合はブラウザー「Chrome」とメモアプリ「Evernote」を
テレビで利用している。この2つのアプリによって、ほかに使用しているPCや
タブレットとブックマークやパスワード、メモを同期できるのは非常に便利だ。

 しかしスティックPCの最大のアドバンテージは、ウェブサービスや
クラウドサービスのほとんどすべてを使える点にある。

 たとえばNexus Playerでは「Googleフォト」、Apple TVでは「iCloud」、
Amazon Fire TVでは「Amazon Cloud Drive」にアップロードした写真などを
鑑賞できるが、それぞれのデバイスで別のサービスを利用することは
基本的にできない。

Nexus PlayerやAmazon Fire TVにAndroidスマホ用
アプリをインストールすれば一部可能だが難易度は高い。

 ところがWindowsがインストールされたスティックPCであれば、
ウェブブラウザーから「Googleフォト」「iCloud」「Amazon Cloud Drive」
すべてにアクセスできるし、それぞれのアプリケーションをインストール可能だ。

「OneDrive」はもちろんのこと「Googleドライブ」や
「Dropbox」などのクラウドサービスだって利用できる。

 また、動画配信サービスの「Hulu」で「FOXチャンネル」などのリアルタイム配信を
見られるのはウェブサービス版だけだ。Nexus Player、Apple TV Amazon Fire TV
向けにHuluアプリはリリースされているが、リアルタイム配信を視聴する
機能は搭載されていない。

FOXチャンネルでリアルタイム配信される「ウォーキング・デッド」を
いち早くリビングの大画面テレビで観たいのなら、スティックPCがもっとも便利だ。

 さらに筆者の場合、ウェブブラウザー版のメーラーやスケジューラーを
利用しており、短めのメールならスマホで、長めのメールは
スティックPCで済ましている。

わざわざ自室に戻ってPCを立ち上げる必要がないのは実に快適だ。

 ノートPCやタブレットを持ち歩けばいいかもしれないが、それでは仕事に
追われている気分になる。リビングでのんびりテレビを眺めている間ぐらいは、
できればノートPCやタブレットを遠ざけておきたいところだ。

 スティックPCが初めて登場したのが2014年12月。

2016年に入ってから第2世代の製品が日本市場にもリリースされている。

これから初めてスティックPCを購入するのであれば、
第2世代にあたる下記の製品から選びたいところだ。

・インテル「Compute Stick STK1AW32SC」
 実売1万9000円前後(税込み)
・マウスコンピューター「m-Stickシリーズ MS-CH01F」
 直販価格2万1800円(税込み)
・ドスパラ「Diginnos Stick DG-STK2S Windows 10 モデル K/05730-10a」
 直販価格1万3800円(税込み)
2まとめらいぶ2016/04/24(日) 12:51:21.92ID:CAP_USER.net
これら3製品のスペックは基本的に同じ。CPUは「Atom x5-Z8300(Cherry Trail)」、
メモリー(RAM)は2GB、ストレージは32GB(eMMC)を搭載。

インターフェースはHDMI端子×1、USB3.0端子×1、USB2.0端子×1、
マイクロSDカードスロット(SDXC)×1、マイクロUSB端子×1(給電用)を用意。

ネットワーク機能もIEEE 802.11a/b/g/n/acと、Bluetooth 4.0以降をサポートしている。

 どれを買うかは、デザインの好みや、価格で選んでしまっていいだろう。

いずれにしても第1世代のスティックPCよりも、CPUの世代が代わり、
USB端子がひとつ増え、11ac通信が可能になるなど実用度がアップしている。

特に、従来製品は無線LANが2.4GHzのIEEE 802.11b/g/nの対応にとどまり
電子レンジなどの干渉を受けやすかったが、第2世代は5GHzのIEEE 802.11acに
対応して安定した通信が可能になったのは特筆するべき点だ。

2万円前後の価格や、低めのスペックを見ると、どの程度
実用的に利用できるのか不安に感じる方もいるだろう。

 そこで今回、実機を用意できた「Compute Stick STK1AW32SC」と
「m-Stickシリーズ MS-CH01F」で、定番ブラウザーベンチマークサイトの
「JetStream 1.1」、「Octane 2.0 JavaScript Benchmark」、
「Kraken JavaScript Benchmark (version 1.1)」で
性能スコアを計測してみた。

 この3つのベンチマークはどれもウェブページ構築に利用されている
JavaScriptの処理速度を計測するためのものだが、「JetStream 1.1」は
アップルが、「Octane 2.0 JavaScript Benchmark」はグーグルが、
「Kraken JavaScript Benchmark (version 1.1)」はブラウザーの
「Firefox」を開発するMozillaが作成している。

今回異なるOSのパフォーマンスを比較するために、ブラウザー上
でのJavaScriptの処理速度をそれぞれ計測している。

3つのベンチマークサイトを使用した理由は、
サンプリング数を増やして精度を高めるためだ。

 なお、参考用に「Surface Pro 4」(Core i5-6300U/メモリー8GB)と
「iPhone 6s Plus」(Apple A9/メモリー2GB)のスコアも掲載している。

もしスティックPCの購入を前向きに検討しているのであれば、手持ちの
PCで上記のブラウザーベンチマークを実行して、その数値を比較してほしい。

 気になるベンチマークの結果だが、スティックPCは「Surface Pro 4」の
21.32?22.75%のパフォーマンスであるというスコアが出た。

実際に筆者がブラウジングしていても、おおむね
そのぐらいの速度差があるように感じた。

 ではスティックPCが非実用的かというとそんなことはない。

ウェブページの読み込み自体に時間はかかるが、一度読み込んで
しまえばスクロールなどにストレスを感じることはない。

家庭内のWi-Fiに接続しているのであれば、ネットワークの転送速度が
安定しているぶん、外出先でスマホ、タブレット、ノートPCでブラウジング
しているよりもよっぽど快適かもしれない。
続きを読む

1まとめらいぶ2016/03/13(日) 20:43:40.24ID:CAP_USER*.net
スマホ世代のPC知らず 

スキル低下、職場で波紋

若者はパソコンが苦手。

大学や企業でこんな声が聞かれるようになってきた。

スマートフォン(スマホ)の普及が
若者のIT(情報技術)スキルに影響を与えているようだ。

神奈川大学で情報処理を教える非常勤講師の尾子洋一郎さんが、
新入生の異変に気づいたのは3年ほど前。

パソコンのタイピングを片手でしかできない学生が目立つようになった。

学生からの電子メールには件名や差出人名がなく誰から届いたのかも分からない。

「パソコンを持たない学生も多く、スキルは年々落ちてきている印象だ」と話す。

国の学習指導要領では2002年以降に中高で情報教育が本格導入された。

しかし授業数も少なく、あまり身についていない人は多いようだ。

今の10~20代はスマホで
最初にネットに触れる「スマホネーティブ」世代とも呼ばれる。

総務省が15年に実施した調査では、
最も利用頻度の高い情報通信端末としてスマホを挙げた人は、
20代以下では59・9%に達している。

一方でパソコン利用頻度は低下。

東京大学の橋元良明教授による15年の調査で、
ネットをする際に「モバイル端末(スマホか携帯)だけ」を利用する人は
10代で33・6%、20代で30・1%もいた。

「若者はスマホで多くの用が足りてしまうため」とみている。

日本の若者のパソコン離れが米国などより進んでいることを示す調査結果もあり、
企業にも影響が広がり始めている。

NEC子会社のNECネクサソリューションズ(東京・港)は昨春、
新入社員向けにタイピングの研修を始めた。

「新人のタイピング速度が遅くなっている」という社内の声がきっかけだった。

NTTデータでは今春入社の社員から、
入社後の研修で文章力を高める「日本語ドリル」を導入する。

LINEやツイッターでの短文入力に慣れ親しんだせいか、
きちんとした文章でビジネスメールなどを書けない
若手社員が増えてきていることに対応する。

パソコン操作が苦手な若者に関しては短文投稿サイトのツイッターでも
「あたしの周りにもいる。卒論をスマホでやりたいとか言ってる人とか、
コピペができない人とか、半角変換の場所知らないとか」などと話題になっていた。

上の世代からは

「なんで今時の若者はパソコンできないの。
ワードくらい授業でもやったでしょ」

「最近の若者はまともなパソコンの使い方も知らんのか」

「せめてダブルクリックくらいまともにできるようになりましょう」

と批判する声が出ていた。

一方で

「iPhone6+を持ってみて、最近の若い人がPCを買わない
というのがよく理解出来た。そら、要らんよね」

「むしろ、新しいデバイスに対応できない
現行体制の問題を解決するべきではなかろうか」と理解を示すつぶやきも。

調査はホットリンクの協力を得た。

【日経 BP社】
 http://style.nikkei.com/article/DGXMZO98167290Y6A300C1TZD000

続きを読む

1まとめらいぶ2016/03/01(火) 13:29:04.73ID:CAP_USER.net
gizmodo

まさかのフィット。

古くからのPCユーザーにとってはおなじみ、フロッピーディスク。

技術の進化とともにさまざまな記憶媒体が現れては消えましたが、
フロッピーディスクが一時代を築いたことに異論はないかと思います。

その容量はおよそ1.4MB。当時は何の疑問もありませんでしたが、
今となってはスマホで写真1枚撮れるかどうかです。

しかしここに、なんとその約10万倍、
118GBのフロッピーディスクを作った人が現れました。

しかもその作り方がまた驚きです。

なんとこの方、
フロッピーディスクにSDカードがピッタリ収まることに気付いたのです。



しかしもちろん、このままでは使えません。

読み込み部分の半分のピンは取り外されて、残ったピンも
上向きにめくり上げられるという、SDカードに最適化した改造が施されています。


昔からPCを自作する人は多いものの、
こんな所にSDカードを挿した人は珍しいのではないでしょうか。

この一部始終は、
Dr. ModdnstineさんのYouTube、
またはImgurからお楽しみください。
続きを読む

1まとめらいぶ2015/06/16(火) 19:49:25.95ID:+kBdYcSm0.net BE:342992884-PLT(12000)
No.3669 2015年6月16日(火)放送

そのパソコン遺(のこ)して死ねますか?

~デジタル時代の新たな“遺品”~





写真や動画などの日常の記録から、
株取り引きなどの資産運用まで、
生活のあらゆる場面に浸透するパソコン。
死後、その管理をどうするのかが、いま問われ始めている。
写真や日記など、パソコンに遺された膨大な“故人情報”と
どう接したらよいか、悩む遺族も多い。パソコンの利用者が、
口座名やパスワード、データをどう処分してほしいかを生前に記す、
専用の「エンディングノート」も登場している。こうした中で、パソコンや
ネット上のブログなどを、生きた証としてとらえる人もいる。
息子を病気で亡くした女性は、息子が開設したブログを
引き継ぎ、更新を続けている。息子が書き残した詩や言葉を
アップすると、息子とのつながりを強く感じるという。
口座情報から思い出まで、あらゆる情報が端末に集積される時代。
パソコンを遺品としてどう遺せばいいのか、
遺族はどう向き合えばよいのかを考える。

NHK クローズアップ現代
続きを読む

↑このページのトップヘ