バッテリー : まとめらいぶ

タグ:バッテリー

1:まとめらいぶ 2021/05/13(木) 22:23:16.92 ID:6KvGiZg80● BE:896590257-PLT(21003)
マツダ新型EV「電池パックをがっちり守る」強度と剛性のボディー

日経Automotive

開発・生産コストの増加を抑えながら、どこまでボディーの性能を高められるか。
これが、現在の電気自動車(EV)ボディー開発の重点課題である。
マツダが2021年1月に日本で発売した多目的スポーツ車(SUV)タイプの新型EVは、複
数のパワートレーンに対応できる新プラットフォームを活用してコスト増加を抑えながら、
骨格の強度と剛性を高めた。

世界の自動車メーカーは現在、「カーボンニュートラル(炭素中立)」などに対応するため、
EVの開発を加速させている。ただ現時点でEVは、多くの販売が見込みにくい。例えば、
日産自動車の現行EV「リーフ」のグローバル累計販売台数は、初代の発売から10年後の20年
12月に50万台となったが、単純平均するとグローバルの年間販売台数は5万台にとどまる。
ホンダが20年夏に欧州で、同年10月に日本で発売した新型EV「Honda e」の日本における
年間販売計画は1000台。最も売れている同社の小型車「フィット」の100分の1にすぎない。

■販売台数の少ないEVを効率的に造る
マツダの新型EV「MX-30 EV MODEL(以下、EVモデル)」も、日本における年間販売計画は
わずか500台である。同社の車種で最も売れている小型車「マツダ2」の50分の1程度だ。
このように、現時点で生産台数が少ないEV向けに、多くのコストをかけて専用プラット
フォーム(PF)を開発するのは難しい。そこで日産はリーフの現行車に、先代車のPFを流用した。
同PFは小型ガソリン車向けPFを改良したものである。

一方、ホンダは小型EV専用のPFを開発し、Honda eに適用した。同車は将来のEVをリードする
性能や装備、快適性を提示した「ショーケース」の位置付けとなる車両である。そのため、
ガソリン車のPFを改良するのではなく、専用PFを開発して適用した。

【日経XTECH】
 https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00001/05486/

2:まとめらいぶ 2021/05/13(木) 22:23:46.78 ID:6KvGiZg80 BE:896590257-PLT(20003)
続き

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

引用元: 【画像たくさん有】マツダの電気自動車は安全。バッテリーを守るので、某社のように炎上しません。

(C)2015 - 2021 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1:まとめらいぶ 2021/04/13(火) 21:46:05.82 ID:b40vLN9x0● BE:896590257-PLT(21003)
ドンキで自動車バッテリー「横倒し」 液漏れ、やけどの危険...運営会社が事実認め

「すでに是正」

ディスカウントストア「ドン・キホーテ」の店頭で、「横倒し厳禁」の自動車バッテリーが横に
倒れた状態で陳列されていたことが分かった。自動車バッテリーは倒すと内部の液体が漏れ、
やけどを負うおそれもある。ドン・キホーテを展開するパン・パシフィック・インターナショナル
ホールディングスの広報室は2021年4月13日、この件についてはすでに是正が完了しており、今後は
再発防止に努めると話した。あるツイッターユーザーが11日に投稿した写真によれば、自動車
バッテリーの持ち手つきの箱上部には「横倒し厳禁」と記されているのにもかかわらず、箱は
横倒しの状態となっていた。箱の底からは液体が滲み出ている。

自動車用バッテリーを横倒しで販売していたことについてPPIHの広報室は、J-CASTニュースの
取材にこう回答した。「この度は、お客さまにご心配をおかけしており申し訳ございません。
本件につきましては、関西地方の当社店舗において陳列品5点の内、2点が横倒しになって
置かれていたことを確認しております。なお、今回のご指摘を受けまして、当該店舗の売り場に
ついてはすでに是正が完了しております」そのうえで今後の再発防止策としては、「全店舗に
対し本件を例に注意喚起を行い、また、売り場の陳列方法のチェックについて巡回強化を
実施してまいります」と述べた。

ではなぜ、自動車用バッテリーは横に倒してはいけないのだろうか。自動車用バッテリーを
販売するメーカーの一つであるパナソニックはJ-CASTニュースの取材に対してこう述べる。
「カーバッテリーは鉛で作られた電極と、硫酸からなる電解液などで構成されています。
電解液は、金属を酸化させたり、皮膚につくとやけどを負うおそれがあります。横に倒
すとこの液が漏れてしまうため、大変危険です」

【J-CASTニュース】
 https://www.j-cast.com/2021/04/13409403.html

2:まとめらいぶ 2021/04/13(火) 21:46:31.10 ID:b40vLN9x0 BE:896590257-PLT(20003)
>>1の続き

@_RY_0
 https://twitter.com/_RY_0/status/1380920311638491137

no title

引用元: 【画像有】ドンキホーテ、自動車バッテリーを横倒しで陳列しTwitterに晒されてしまう

(C)2015 - 2021 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1:まとめらいぶ 2019/09/25(水) 13:37:51.55 ID:CAP_USER
 シャープは、スタンダードシリーズのAndroid スマートフォン「AQUOS sense3」を発表した。
2019年冬モデルとして秋以降に登場する。

no title

 「AQUOS sense3」はAQUOSシリーズ史上最大となる4000mAhのバッテリーを搭載する
Androidスマートフォン。省エネ性に優れたIGZOディスプレイを搭載しており、1週間の電池
持ちを実現した。動画であれば20時間以上の連続再生が可能としている。

 メインカメラには、121度の広角カメラと標準カメラのデュアルカメラを搭載。被写体の動きに
応じて、AIがシャッタースピードや露光などを自動で調整したり、動画の見どころを抽出し、
15秒のダイジェストムービーを作成する「AIライブストーリー」を搭載する。

 IPX8の防水、IP6Xの防塵性能をもつほか、文字やアイコンを大きくする「かんたんモード」
などの基本機能も充実している。

 また、高いセキュリティレベルと安定したネットワーク通信を実現するsXGP規格に対応し、
法人用途としても安心して利用できる。

主なスペック
 出荷時のOSは、Android 9。チップセットは、Snapdragon 630。4GBのRAMに64GBの
ストレージを搭載する。ディスプレイサイズは、5.5インチ(フルHD+ 2160×1080)で
IGZO液晶ディスプレイ。

 カメラは、標準カメラが1200万画素でf2.0、広角カメラが1200万画素でf2.4。ともに電子式
手ブレ補正を搭載する。インカメラは、800万画素でf2.2。

 無線LANはIEEE802.11a/b/g/n/acに対応する。バッテリー容量は4000mAhで大きさは147×70×8.9mm、重さは167g。顔認証と指紋認証、おサイフケータイに対応する。

【ケータイ Watch】
 https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1209007.html

引用元: 【スマホ】シャープ、4000mAhのバッテリーの「AQUOS sense3」

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1まとめらいぶ2017/11/13(月) 20:55:38.29ID:CAP_USER9.net
◆ランボルギーニ、次世代の電動スーパーカー披露 MITと協力

ランボルギーニの次世代スーパーカーは、車そのものが強力なバッテリーとなるほか、
自らを修理することもできる。アウトモービリ・ランボルギーニは6日、米マサチュー
セッツ州ケンブリッジで開催された会議でコンセプトカー「テルツォ・ミッレニオ」を
披露した。イタリア語で「第3千年紀」と名付けられたこの車はマサチューセッツ工科
大学(MIT)との3年間のパートナーシップにおける1年目の成果だ。

この車はランボルギーニの伝統に従い、無駄を省いたデザインで、Y型のテールライト
を装備。フロントガラスは車体上部から運転手の足元ぐらいまであるように見え、車体
は極めて低い。

しかし、この車の最も注目すべき特長は、目で見ることができない。
まだ存在していないからだ。

ランボルギーニは、スーパーカーに必要となる強力な電力を高速で供給できるスーパー
キャパシターを開発する計画だ。ランボルギーニは車体の成型に使われるカーボン
ファイバーのパネルでスーパーキャパシターを製造する方針であるため、
テルツォ・ミッレニオは自らの車体からエネルギーを引き出すことになる。
つまり、車そのものがバッテリーになるということだ。

この車はさらに自らの構造の状態を継続的にモニターし、摩耗や損傷を検出できる。
カーボンファイバー製の車体にある「回復作用を持つ化学物質」を含むマイクロ
チャンネルは、小さな亀裂を自動的に修復する。

同社はその上、インホイールモーターも開発する。
これにより大型エンジンの必要性がなくなる。

テルツォ・ミッレニオについては、想定価格もタイムラインも示されていない。
生産モデルが入手可能になるまでは何年もかかるだろう。
しかし、「値ごろ感」はランボルギーニが目指すコンセプトではないはずだ。

写真:ランボルギーニの次世代スーパーカー「テルツォ・ミッレニオ」



【日刊工業新聞】 
 https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00450419?twinews=20171113
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ