1まとめらいぶ2015/10/06(火) 20:46:49.56ID:4ljrMyOy0 BE:284465795-PLT(13000)
これは本物の猫です。

作ったのはBart Jansenはオランダの芸術家。
数年前、死んだペットの中身をくり抜いて毛皮でドローンを作ったと新聞の見出しを
飾りました。リモコンで動くこの恐ろしいドローンはJansenの創造の産物です。
しかし彼はもっと大きなドローンを作りたいと言っています。

それは・・・



牛ヘリコプターです。

死んだ牛で作ったヘリコプターです・・・



数年前から技師仲間のArgen Beltmanさんと、
一人乗りの巨大動物飛行機を創作中なのです。
「牛は人間と相性がいいです。人間は実際に牛を利用しているのですから。」
JansenさんはBusiness Insider で語りました。
「身近に存在する動物ならどんな種類でもよいのです。」
2012年にペットの猫Orvilleが死に、その後Jansenさんはドローンを作りました。
Orvilleの毛皮は6か月間冷凍保存されました。その後詰め物をしてドローン
本体になりました。プロペラが4つの手足の先端についているので
飛行できます。こわくておもしろい機体です。

Health Emperor
続きを読む