タグ:ニート

1:まとめらいぶ 2018/09/10(月) 13:55:31.88 ID:u3f0PjkQ0 BE:509143435-PLT(12000)
「一生アルバイトをした人と正社員と、給料の差はどれくらいになるか?二百万、二千万、二億。
一つ選んで」。答えは平均で約二億円と告げられると「えーっ、そんなに!?」。子どもたちから
驚きの声が上がった。

川崎市立小倉小学校の六年生の教室。先月中旬、ビジネス専門学校講師の鳥居徹也さん(40)が、
総合学習の時間に講義した。内容は「フリーター・ニートになる前に受けたい授業」。
クイズ形式で積極的な発言を促し、テンポの良い語りで子どもらを引き込んでいく。

文部科学省の委託事業として、鳥居さんは昨夏から全国八十以上の中学校と高校を回った。
「小学生でも理解できる」と助言され、今年から小学高学年に枠を広げた。

「フリーターにはボーナスがない」「退職金がない」。鳥居さんは次々と“損”な例を示した。
ニートについても「親の甘やかし」や「失敗や挫折」などの背景を挙げ、
自立に向けた精神的な支えの大切さや、失敗を恐れず努力することの意義を訴えた。

【東京新聞】
 http://www.tokyo-np.co.jp/00/kur/20060702/ftu_____kur_____000.shtml

no title

引用元: 【画像】小学生「ニートやフリーターみたいな甘ったれた大人にならないよう頑張ろうって思った」

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2018/04/19(木) 23:35:22.16 ID:OcCA0VQnM
no title

ラーメンの後の〆や(^.^)

引用元: 【画像】ワイデブニート、松屋に到着!!!!!!!!!!!!!!

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2018/02/15(木) 03:34:06.03 ID:pyxuKq/3d
はえ~すっごい綺麗、、、

org1463708

引用元: 【画像】ワイニート、深夜徘徊で工場夜景を見に来る

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶNG NG BE:971283288-PLT(13000).net

7:00 起床 
8:00 寝る
10:00 起きる、宅配でカレーを頼む
12:00 カレーが来る、遅すぎ、ココイチはクソだな
13:00 スマホアプリで暇つぶし
15:00 漫画で暇潰し
16:00 アニメで暇つぶし
18:00 運動(ほか弁に夕飯を買いに行く)
19:00 TVで暇つぶし
20:00 ゲームで暇つぶし
22:00 シャワー、TV 
24:00 寝る

なんだこの人生・・・ 

ニートthe無職

【イメージ画像】
続きを読む

1まとめらいぶ2017/07/31(月) 21:43:00.02ID:CAP_USER9.net
今、「ニートの高齢化」が問題になっている。15歳から34歳までで家事・通学・就業を
せず、職業訓練も受けていない「ニート(NEET)」は、長く社会問題となってきた。
2002年以降、34歳以下のニートは60万人前後で推移しており、近年は横ばいからやや
減少傾向にある。

ところが、総務省の2016年の労働力調査によると、35~59歳の“中年ニート”は123万人と、
34歳以下のニートの2.2倍で、増加傾向にあると報道された。取材を進めると、中年ニート
増加の背景にはさまざまな問題がはらんでおり、34歳以下のニートよりも深刻な実態が浮
かび上がってきた。“中年ニート”から脱出しようともがいている斉藤晃さん(45歳・仮名)
に話を聞いた。

「10代の頃からアパレル業界で働いていました。有名なショップでも働いていました。
知識も身につけながら若いうちから働いていたこともあって、業界でも顔が広いほう
だったんです。いくつかの店を転々としていましたが、10~20代はアパレル業界で
身を粉にして働いてきました」(斉藤さん。以下「」内同)

斉藤さんは30代になった頃、人生の転機が訪れた。

「30代になると、ファッションブランドを作りたいと思って、そのための資金が
欲しかったんです。ショップで働いてもらう給料だけではなかなかお金が貯まら
なかったので、アパレル業界からいったん離れ、歌舞伎町で風俗のキャッチを
始めたんです。こちらの仕事も性に合っていたようで、月60万円くらい稼ぐこと
ができました。ところが、こんなに稼ぐと、ろくでもないことにお金を使うよう
になってしまって……。毎晩のように飲み屋に行って、結局、資金を貯めたい
という目標は忘れ、散財ばかりしてしまったんです」

不規則な生活とお酒の飲みすぎがたたり、アルコール中毒になり、吐血もあり病院に
入院することになったという。その前から友人の部屋に住まわせてもらっていた斉藤
さんだが、この入院を機に職を失い、退院後には住む場所も失いホームレスになった
という。

以来、40代前半まで都内の公園を転々とするホームレス生活が続いた。

「昨年、幼なじみが風の噂で私のことを聞いたようで、都内のあちこちを探してくれ
たんです。偶然、ある公園で寝泊まりしているところを見つけてくれて、ホームレス
を抜け出せるよう、力を貸してくれたんです。おかげで生活保護を受けられるように
なり、家賃5万円台の1ルームアパートに住み、6万円弱の生活費でやりくりしています。
今は何とかホームレス生活からは脱却できました」斉藤さんは現在、社会復帰を目指し、
お金をもらわずに通販事業をやっている知人の会社を手伝っているという。

「社会でコミュニケーションをとりながら、電話番をしたり、発送業務などの事務作業を
手伝っています。週6日、11時から19時まで作業をしています。いずれは生活保護を脱却
できるよう、しっかりと給料をもらえる仕事につきたいですね」とはいえ、仕事への意欲
はあるものの、今も昼からお酒を飲む生活は変わっていないようで、これでは就職できる
かは未知数。社会復帰にはまだ時間がかかるかもしれない。

20~30代でまだ若ければ再就職する道もありうるが、30代後半や40代以上にもなると、
よほどのキャリアがない限り再就職は非常に難しいのが現実だ。結果、親に依存した実家
暮らしをし、ニートから引きこもりへと悪化してしまう──。これが“中年ニート”の事態を
深刻化させている。

このような“孤立無業者”が増加すると、日本の社会的コストの増大は計り知れないという
指摘もある。また、仮に結婚している人だと、失業などで安定収入が途絶えると、家族
全員が悲惨な事態になりかねない。“中年ニート”の問題はまだまだ山積している。

【マネーポストWEB】 
 https://www.moneypost.jp/179917

NEET

【イメージ画像】
続きを読む

1まとめらいぶ2016/02/18(木) 07:19:03.23ID:cZqKj8+L0.net BE:698254606-PLT(13121)
和歌山県の山間部で地元の人たちの仕事を手伝いながら、
わずかな収入で自由気ままに生活している若者たちがいる。

あくせく働かず、自然に恵まれた環境で
好きなことをしながら暮らす“山奥ニート”たち。

かつて引きこもりだった人もおり、「楽しく暮らすのが一番」とも。

そんな彼らに地元の人たちも好意的だが、
こうした「自由な生き方」は新しいライフスタイルとして定着するのだろうか。

1月中旬、和歌山県田辺市五味の畑で2人の若い男性がクワをふるっていた。

就労、就学していない若年無業者がニートと呼ばれるなか、“山奥ニート”を自称する
石井新(あらた)さん(27)と仲間の男性(26)。

この日は近くの社会福祉法人の依頼で、入所者とともに畑を耕していた。

和歌山市から車で約2時間半。彼らが暮らすのは山間部の限界集落だ。

住居は廃校となった小学校の校舎を改装して使っている。

建物は引きこもりの人を支援するNPO法人「共生舎」の所有で、
代表が死去したこともあり、石井さんらが管理人として移住してきた。

仲間の住人は現在4人。いずれも20代の若者で、主に農作業や草刈り、
梅の実の収穫など住民の手伝いをして得た収入で生活。

平均年齢約70歳でわずか8人の地元住民からは、
若い男手として頼りにされている。

「最低2万5千円あれば1カ月暮らせる」そうで、
生活費が不足したときは地方の観光地やリゾート地で短期間のアルバイトをし、
必要なだけ稼いで帰ってくるという。「なくなったら稼げばいい。

楽しく暮らすことが一番大事」と石井さんは話す。

今風なのは、パソコンを持ち込みインターネットを利用していること。

ネット通販を使えば2日で注文品が届くといい、
「山奥でも必要なものはたいてい手に入る」。

漫画など娯楽もシェアし、「しゃべらないけど気にならない。
もともとみんな一人が好きなので」と笑う。

Yahoo! ニュース

続きを読む

↑このページのトップヘ