『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.6.20

      ドコモ

      1まとめらいぶ2017/08/14(月) 06:48:50.90ID:CAP_USER.net
      NTTドコモが、QRコード読み取りによる決済サービスを今年度中にローソンなどで
      始めることが13日、分かった。利用者は、店頭でスマートフォンのアプリに表示した
      QRコードを読み取ってもらうことなどで代金支払いが完了する。代金は毎月の携帯
      電話料金と一緒に支払う。

       国内のQR決済の普及は中国より遅れているが、携帯電話最大手のドコモの参入で
      普及に弾みがつきそうだ。

       QR決済は、政府が成長戦略で掲げる非現金(キャッシュレス)決済の“起爆剤”
      として期待され、楽天や無料通信アプリのLINE(ライン)などIT大手が普及
      に乗り出している。

       QRコードの読み取りはスマホや従来のバーコードリーダーでできるため、電子
      マネー決済用の読み取り機に比べれば導入コストが格段に安い。このため、店舗側
      の負担が少なく、利用者にとっても基本的には自分のスマホにアプリを入れるだけ
      で使える。

       ドコモの計画するQR決済は、毎月の携帯電話料金と合算して決済代金を支払う
      仕組みのため、クレジットカード登録などは不要だ。ドコモの「dポイント」を
      支払いに充てることもできる。

       中国ではQR決済を含むキャッシュレス決済の割合が全体の約6割を占め、露店
      などの小規模店でも普及が進む。これに対し、現金支払いの割合が世界最高水準の
      日本では、キャッシュレス決済比率が約2割にとどまる。だが、政府は訪日外国人
      の利便性向上などを目的に、10年後に約4割まで引き上げる目標を成長戦略に
      盛り込んだ。

       ドコモはQR決済の導入費用負担の少なさを武器に、ベンチャー各社などと提携
      して対象店舗の拡大を図る。ドコモは従来型携帯電話時代から電子マネー「iD」
      の普及を進めているが、今後は「iDが浸透していない地方の小規模店舗にもQR
      決済を普及させたい」(ドコモ幹部)考えだ。

      【用語解説】QRコード 白黒のモザイク模様で四角形のコード。自動車部品大手
      デンソーの事業部(現デンソーウェーブ)が平成6年に開発した。従来のバーコード
      が横方向(1次元)にしか情報を持たないのに対し、縦と横(2次元)に情報を
      入れられるため、数字だけでなく、英字や漢字など多くのデータ(数字のみで最大
      約7千字)を収容できる。QRはクイック・レスポンスに由来し、データを瞬時に
      読み取れるのも特長だ。

      【産経ニュース】
       http://www.sankei.com/economy/news/170814/ecn1708140004-n1.html

      【【企業】NTTドコモ『QR決済』導入!今年度『ローソン』などで買い物代金、毎月の携帯料金に合算。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/05/17(水) 20:28:29.14ID:CAP_USER.net
      NTTドコモは5月24日より、SIMロック解除の受付条件を一部変更すると発表した。
      5月24日以降、分割払いで機種を購入したユーザーに対して、機種購入日から100日
      が経過した日より、SIMロック解除の手続きが可能になる。なお、対象回線における
      SIMロック解除実績があり、かつ前回のSIMロック解除受付から100日以上経過した
      場合は、機種購入日から100日経過していない場合でも、SIMロック解除の手続きに
      応じるという。また、一括払いで機種を購入したユーザーに対しては、機種購入日
      より、SIMロック解除の手続きが可能になる。なお、端末購入サポートを適用して
      機種を購入した場合は、機種代金を一括払いしても、機種購入日から100日間は
      SIMロック解除の手続きが行えない。ただし、端末購入サポート解除料を支払っ
      た場合は、SIMロック解除の手続きに応じるという。対応機種は、2015年5月1日
      以降に発売された機種。対応機種をすでに購入したユーザーに対しても、変更後
      の受付条件を適用するとのことだ。

      【価格.com】
       http://news.kakaku.com/prdnews/cd=keitai/ctcd=3147/id=64649/

      apple

      【イメージ画像】
      【【通信】『ドコモ』一括払いで購入日のSIMロック解除が可能】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/10/19(水) 11:52:20.99ID:CAP_USER.net
      rbb today



       ドコモは19日、2016年冬モデルのスマートフォンを発表。新しいラインナップに含まれる
      オリジナル端末の「MONO/MO-01J」に注目したい。発売予定時期は12月上旬。端末
      価格は648円(税込み)で、格安スマホやMVNOの対抗モデルとして投入する。

       同機は入門層にターゲットを当てて開発されたAndroid 6.0搭載のスマートフォン。
      “必要十分”なベーシック機能を一通り揃えながら、シンプルな使い勝手と上質な
      デザインを追求したバランスの良い端末に仕上がっている。シリーズ名の
      「MONO」は“もの・ひとつの・ドコモの”に由来。手に取るユーザーにとって
      「大切なもの」になれるよう、細かい所まで丁寧に作り込んだという意味が
      込められているという。製造メーカーはZTE。価格は税込648円

      (12ヵ月以内に解約の場合、違約金が発生する)。

       画面サイズは約4.7インチ、iPhone 7と同じサイズだが、画素数は1280×720のHD
      対応となり、iPhone 7よりはやや簡易な仕様。質量は約138g。カラバリはブラックと
      ホワイトの2色。ガラスとアルミ素材を組み合わせたデザインが
      「GOOD DESIGN AWARD 2016」を受賞している。

       CPUにはオクタコアプロセッサーを採用。RAMは2GB、ストレージ容量は16GB。
      外部記憶媒体としてmicroSDメモリーカードが利用できる。バッテリー容量は2440mAh、
      microUSB B端子の一般的はケーブルで充電する。

       メインカメラには13MPのセンサーや広角レンズを搭載。インカメラは5MP。
      音楽再生はイヤホンジャックからのハイレゾ再生が可能。

       赤外線通信、フルセグ/ワンセグには非対応だが、本体は防水・防塵仕様。
      生体認証系のセキュリティ機能は搭載しない。側面にマナーモードスイッチを設けて、
      画面を見ずにマナーモードに切り替えられるスマホとして特徴をアピールする。
      日本のユーザーに最適化された仕様をふんだんに取り込んだハイCPスマホの誕生だ。
      【【通信】『ドコモ』端末価格650円のオリジナルスマホ『MONO』を発表】の続きを読む

      1まとめらいぶ2015/06/09(火) 18:46:30.45ID:rnefRI4f0.net BE:215630516-PLT(15000)
      ドコモは、2015年夏モデルのソニーモバイル製
      『Xperia Z4 SO-03G』の発売日を6月10日に決定しました。

       なお、記事執筆時点では直販サイト“ドコモオンラインショップ”には
      価格が反映されていません。しかし、ドコモ広報部によれば、新規
      および機種変更時の直販サイト上の実質負担額は5万5728円
      (一括購入金額から24回ぶんの月々サポートを引いた額)になる
      とのこと。同条件で、ソフトバンク版が3万7920円、au版が4万3200円
      なので、ドコモ版が最高値になります。

       Xperia Z4は5.2インチのフルHD(1080×1920ドット)
      解像度液晶を搭載。64ビット対応オクタコアCPU『MSM8994』、
      Android 5.1を採用。正面カメラは510万画素、広角25ミリで自撮り
      にも最適。また、多くのカメラ機能が正面カメラ対応を果たしています。
      音楽機能まわりも対応Bluetooth機器間でハイレゾ並みの音質を
      転送できる“LDAC”が利用できるなど、強化されています。

       また、ドコモは“Xperia Z4 スタートキャンペーン”を実施中。
      6月9日(ドコモオンラインショップではすでに期間終了)までに予約し、
      30日までに購入して応募手続きをしたドコモプレミアクラブ会員に
      対して、日本未発売の本革製バンドの『SmartWatch3 SWR50』が
      抽選で合計3000名に当たります。

      週刊アスキー

      【【2015 夏モデル】ドコモ『Xperia Z4』実質58000円】の続きを読む

        このページのトップヘ