タグ:トラブル

1:まとめらいぶ 2019/01/19(土) 10:49:01.54 ID:mnhUPomp9
「簡単に稼げる方法を教えます」などという金もうけの手法をめぐり、トラブルが増加している。

ネット上で売買されるこうした情報は「情報商材」と呼ばれ、
高額な契約をしても宣伝通りの成果が上がらずに問題になるケースが多い。

青森県の50代主婦は昨年2月、LINEに入った広告が気になった。

「ほんの数秒、写真を選ぶだけで収入アップ」

家族の不仲を気に病んでいた時期。心臓に疾患があり、家計の足しになればと封筒作りなどの内職を
していたが、単価は数円程度。内職よりましだと考えた。初期費用1万2千円を払い、動画を共有
サイトに投稿して再生回数を重ねて広告収入で稼ぐビジネスをメールで紹介された。ビジネスには、
画像システムの購入が必要だと促された。「ネットの知識が乏しいから」としぶると、
電話で何度も「プロがサポートするから心配しなくていい」と言われた。

22万円を支払い、システムがメールで送られてきたが、使い方がわからない。電話すると
「使い方が悪い。メールで質問して」と言われた。だが、メールを送っても返信がない。結局、
動画が作れたのかどうかもわからず、当初、購入すればキャッシュバックすると言われた
5万円も振り込まれなかった。女性は「うまい話にのってしまった。
気持ちが弱っている人はつけこまれてしまう」と話す。

国民生活センターによると、情報商材のトラブルに関する相談は2018年は8217件
(今年1月8日まとめ時点)。5392件だった17年の約1・5倍で、2629件だった
16年と比べて約3倍。SNSの普及で情報を届けやすくなったことが一因とみられる。
担当者は「手の出しやすい少額なもので誘い込んだ後、より稼ぐために必要だと促し、
高額な商材を買わせることが多い」と話す。情報商材の広告は、ネット閲覧中に表示
されたり、メールなどで送られたりする。過剰な広告で誘導され、価格に商材が
見合っていないことから苦情へつながる事例が多い。

no title

【ライブドアニュース】
 http://news.livedoor.com/article/detail/15895102/

引用元: 【情報商材トラブル】写真を選ぶだけで収入アップするシステムを22万円で購入…被害女性「気持ちが弱っている人はつけこまれてしまう」

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2017/06/20(火) 09:11:16.80ID:CAP_USER9.net
NHKの受信料徴収を巡るトラブルで男性にけがを負わせたとして、広島県警呉署は17日、
NHKの集金業務を請け負う同県熊野町神田の自営業の男(55)を傷害容疑で現行犯逮捕
したと発表した。

発表では、同容疑者は16日午後8時45分頃、同県呉市の路上で、市内の不動産業の男性
(40)の手をボールペンで数回刺し、負傷させた疑い。調べに対し、「手に持っていた
ボールペンが当たった」と供述しているという。

同容疑者は集金に訪れた男性宅でトラブルになり、身分証を見せるよう求められたが、その
場を立ち去ったため、追いかけた男性から呼び止められた際に刺したという。

NHK広島放送局は「個人委託事業者が逮捕されたことは誠に遺憾。厳正に対処します」
とコメントした。

【読売オンライン】
 http://www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20170617-OYO1T50019.html

集金人

【イメージ画像】
続きを読む

1まとめらいぶ2017/04/10(月) 12:44:18.89ID:CAP_USER.net
部屋を借りる際、大家に預けておく「敷金」。

基本的には退去時に返金されるものだが、一部もしくはまったく返還されないといった
ケースもあるようだ。そこで今回は、マイナビニュース会員のうち男女401名に「住ま
いの契約解除時、敷金が返されなかったことがあるか」を聞いてみた。

敷金が返されなかったこと、ありますか?

Q.住まいの契約解除時に、敷金が一部または全部返されなかったことはありますか?
ある 50.1%
ない 49.9%

Q.住まいの契約解除時に、敷金が一部または全部返されなかった方にお聞きします。
その原因は何でしたか?

■ 壁の汚れや傷
・「壁のカビが極端に多かったため」(51歳女性/システムインテグレータ/IT関連技術職)
・「エアコン等で壁に工事の跡があったから」(24歳男性/食品/その他・専業主婦等)
・「タバコのヤニで壁が汚れたと言われました」(50歳男性/建設コンサルタント/建築・
  土木関連技術職)
・「タバコのせいで壁紙を張り替えなければいけなかった」(47歳女性/ビル管理・
  メンテナンス/専門サービス関連)
・「壁の変色による改装が必要ということで」(43歳男性/海運・鉄道・空輸・
  陸運/技能工・運輸・設備関連)

■ 床の汚れや傷
・「フローリングにカビが生えてしまったため」(32歳女性/官公庁/公共サービス関連)
・「床のフローリングに傷がついていると言われた」(44歳男性/サービス/事務・企画・
  経営関連)
・「フローリングの補修にあてるという事で返されなかった」(38歳男性/海運・鉄道・
  空輸・陸運/技能工・運輸・設備関連)
・「フローリングの床を一部分汚してしまい、ゴシゴシ拭いたらそこだけ色が
  はげてしまったから」(45歳女性/その他/その他・専業主婦等)

■ クリーニング費用として
・「クリーニング費として負担を求められた」(60歳男性/その他/事務・企画・経営関連)
・「部屋の修繕、クリーニング代で相殺と言われた」(43歳男性/物流・倉庫/技能工・
  運輸・設備関連)
・「大家さんの意思で、部屋の状態に関係なくクリーニング代が必要と返金されません
  でした。出るときに掃除したのに」(49歳女性/医療用機器・医療関連/その他技術職)
・「契約書記載なしだが、ハウスクリーニング費用を引かれた。よく知らなくて異議を
  申し立てなかったのが原因かと……」(34歳女性/物流・倉庫/事務・企画・経営関連)

中略

■ 総評
半数以上の50.1%が、敷金が一部または全部返されなかったことが「ある」と回答した。
理由として特に多かったのは、「壁の傷・汚れ」によるものだ。とりわけ、室内で喫煙を
する習慣がある場合、クロスを張り替えしなければならないこともあるよう。タバコ以外
にも、画びょうの跡や壁紙の剥がれ、子どもの落書き等により敷金から引かれてしまった
という人もいた。

「床の傷・汚れ」が原因の場合も多かった。床がフローリングの場合、気を付けていても、
うっかり物を落としたり、椅子を引いた際などに傷がついてしまうもの。また、カーペット
に家具の跡がついてしまったために敷金が戻らなかったケースもあるようだ。

他にも「汚れの難癖をつけられた」「壊していないのに壊したと言われた」「説明も無しに
一方的に相殺された」といったコメントも寄せられた。時にはトラブルに発展してしまうこ
ともあるようだ。

1Kアパート

【イメージ画像】
続きを読む

↑このページのトップヘ