『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.11.20

      デビュー

      1まとめらいぶ2017/12/02(土) 11:08:24.49ID:CAP_USER.net
      私は今まで、多くのサラリーマンの資産形成にかかわる仕事をしてきました。サラリー
      マンというのは決まった給料しかもらえませんが、逆に言えば自営業等に比べれば、や
      っぱり収入も支出も安定しています。

       普通にまじめに働き、給与天引きなどの手段を使ってコツコツと資産形成をしていけ
      ば、多くの人は将来、経済的にそれほどひどい状況になることはありません。ところが、
      「これをやったら、老後破綻に向けて一直線!」という、「まずい一手」があります。
      それはいったい何かと言うと、「退職金で投資デビュー」です。

      ■みんな、退職金に対して大いなる勘違いをしている

       サラリーマンの中には、退職金をもらえる人たちが少なからずいます。逆に言えば、
      会社によって制度は違うので、退職金のない会社もありますし、制度も会社によって少
      しずつ異なりますから、誰もが同じくらいの退職金をもらえるわけではないのは、言う
      までもありません。

       しかしながらアメリカと違って退職金という制度は長い期間にわたって日本に根付い
      ている制度ですから、なじみのある制度であることは間違いないでしょう。

       ところが、多くの人が退職金というものの本質を勘違いしています。それは退職金が
      長年働いてくれたことに対して会社がくれる“ご褒美”だと思っていることです。

       確かに、そう勘違いするのも無理はありません。

       もともと退職金のルーツは江戸時代の「のれん分け」です。「のれん分け」というの
      は、長年働いた奉公人に屋号の使用許可といくばくかの開業資金を与えて独立させる仕
      組みで、これが現代の退職金につながってきているからです。

      ■「現代の退職金は、給料の後払い」と言える理由

       したがって退職金には、もともと功労報酬的な意味合いがありました。しかしながら、
      現代の退職金は決して長年働いたことに対するご褒美ではありません。

       退職金の本質、それはひとことで言えば「給料の後払い」です。その証拠に、企業会
      計上においては、退職金や企業年金のことを「退職給付債務」と言います。そう、給料
      の後払いだからこそ、会社が社員に対して負っている債務ということになるのです。

      【Yahoo! ニュース】
       https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171202-00199369-toyo-bus_all
      【【経済】『退職金で投資デビュー』は老後破綻への道】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/09/01(金) 20:34:19.55ID:CAP_USER.net


      欧州トヨタは、9月12日からドイツで開催されるフランクフルトモーターショー2017で、
      新型ランドクルーザーを世界初公開すると発表した。

      ランドクルーザーといえば、日本では「ランクル」として親しまれ、
      SUVの代名詞的な存在。

      トヨタSUVのリーダーシップとして君臨してきたランドクルーザーは、
      セグメント唯一のラダーフレーム構造を特徴としている。

      日本でランクル「100系」が登場したのが1998年、現行モデル「200系」が2007年に
      登場し、今年でちょうど10年。約10年スパンで全面改良が行われてきたランド
      クルーザーも、そろそろ「300系」へのフルモデルチェンジかと言われていた
      タイミングで、今回のアナウンスとなった。

      また、コンパクトSUV「C-HR」のコンセプトモデル「Hy-Power」や、ヤリスGRMN
      (日本名:ヴィッツ)、高度なパーソナライゼーションを搭載したオーリスツーリング
      スポーツ”フリースタイル”も出展する。

      トヨタの記者会見は9月12日8時50分(現地時間)に行われる。

      フランクフルト・モーターショー2017

      9月12日~13日プレスデイ、一般公開9月16日~24日(現地時間)

      【オートックワン】
       http://autoc-one.jp/news/5000092/
      【【自動車】トヨタが新型『ランクル』をフランクフルトショー2017で世界初披露!ついに『300系』デビュー】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/07/13(木) 16:43:00.25ID:CAP_USER9.net
      中1女子プロレスラー 山添さん15日デビュー (河北新報)

      【Yahoo!ニュース】 
       https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170713-00000016-khks-soci

       仙台市南光台東中1年の山添愛海(まなみ)さん(12)=泉区=が、女子プロレス団体
      「センダイガールズプロレスリング」(仙女)=若林区=所属の最年少選手として15日、
      新潟市でデビュー戦に臨む。相手は女子プロレス界の大ベテラン、ジャガー横田さん
      (55)。山添さんは勝利への決意を胸にトレーニングを重ねる。

       山添さんが初めて仙女の試合を観戦したのは、南光台東小5年の時。プロレスファンの
      母親とともに、代表で看板選手の里村明衣子さん(37)のスピード感あふれる動きや迫
      力の技に魅了された。

       「ちょっと怖そうだけど、自分もやってみたい」。強い憧れから、誰でも道場でプロ
      レスを体験できる「仙女サークル」(水曜日開催)に参加し、昨年8月からは放課後に
      週3、4日、トレーニングに通うようになった。

       身長160センチ、体重57キロ。腕や足により筋力を付けるため、1回3時間の練習で
      100回の腹筋や40回の腕立て伏せに励み、ドロップキックやエルボー(肘打ち)など
      の技を磨く。

       道場に通い始めて1年弱、先輩の熱い指導を受けながら、新潟市体育館でデビュー
      戦を迎える。プロレスファンの間では、40歳以上年齢の離れた異色対決として注目を
      集めている。

       「緊張に負けないで、会場が熱く沸くような試合をしたい」と気合十分の山添さん。
      「これからもっとたくさんの難しい技を身に付けて、先輩たちのようにかっこいい選手
      になりたい」と夢を膨らませる。

       指導する先輩の橋本千紘さん(25)は「つらい練習も休まない我慢強い性格で、レス
      ラーに向いている」と高く評価。「デビュー戦では、高さが売りのきれいなドロップキ
      ックを見せてほしい」と期待する。
      2まとめらいぶ2017/07/13(木) 16:43:13.80ID:CAP_USER9.net
      【【格闘技】『画像』12歳の女子プロレスラー!山添さん15日デビューwwwww】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/03/07(月) 22:24:33.59ID:CAP_USER.net
      3月4日放送、「ZIP!」(日本テレビ)では、プロ並みの画力を持つ子供が急増。
      発売された少女コミック「ちゃお」に掲載された読み切りマンガである
      「アイドル急行」の作者であるときわ藍。中学3年生の女の子が描いている。
      書店で手にとった読者は、中3でこんなに綺麗に絵を書ける
      ことはなかった。などと驚かされる反応を見せた。

      昨年の12月に、この作品が第77回小学館の新人コミック大賞の、少女・女性
      部門で大賞を受賞した。それが漫画家デビューとなった。彼女の漫画の魅力
      について、担当者は、トーンの貼り方が華やかで、プロでも難しいと思うほどの
      優れた技法を使っていると語る。満場一致でデビューが決まったという。

      彼女は出版社が将来を有望視している。書店に並んでいるのを見て、
      彼女は、自分の作品が載っているとは思えないと、不思議な感覚で
      あるということを打ち明けた。漫画家を目指したのは、小学3年生の頃で、
      きっかけは、藤子・F・不二雄のドラえもんを読んでのことだった。
      小さい頃からの努力が実を結んだ。中学3年生の段階で、夢を実現したのだ。

      マイナビ

      ときわ藍のブログ





      【【話題】プロ並みの画力を持つ子供が急増!中学生漫画家がデビュー】の続きを読む

      1まとめらいぶ2015/10/07(水) 21:41:06.13ID:???.net
      『ラブライブ!サンシャイン!!』

      1stシングル発売 

      新アイドル・Aqoursの評価は…

      2015年10月07日 19:35

      『ラブライブ!サンシャイン!!』 
      スクールアイドルグループ・Aqoursのデビューシングルが発売

      サンライズ×ランティス×電撃G’s magazine
      (KADOKAWA アスキー・メディアワークス)が
      オールメディア展開する新たなスクールアイドルプロジェクト
      『ラブライブ!サンシャイン!!』の1stシングル「君のこころは輝いてるかい?」
      が7日に発売。ネット上で大きな話題を呼んでいる。

      本プロジェクトは、劇場版も大ヒットを記録した『ラブライブ!』に続く
      スクールアイドルプロジェクト第2弾。同作で活躍を繰り広げたスクール
      アイドル・μ’s(ミューズ)に代わり、新たなグループ・Aqours(アクア)が
      CDリリース等の活動を行っていく。

      遂にAqoursのデビュー曲が発売した『ラブライブ!サンシャイン!!』に対し、
      ネット上では

      「PVよかったわ…開始30秒くらいのあの演出はずるい。応援したくなるね」
      「ラブライブサンシャインいい感じすぎてなんも言えねぇ」
      「曲も自己紹介もフレッシュで良い…良いな!」
      「君のこころは輝いてるかい?いい曲でした!」

      などのコメントが多数。

      また現在、
      2016年春発売予定の2ndシングルのセンターポジション総選挙も開催されており、

      「うーんラブライブサンシャインも皆可愛いから困るなあwどうしろって言うんですかw」
      「PVみて、ルビィちゃん、はなまるちゃん、ようちゃんが今のところ好きかな」

      など、早くも“推しメン”の話題でも盛り上がってる。

      1stシングル「君のこころは輝いてるかい?」はブルーレイ付き
      (3000円・税別)、DVD付き(2000円・税別)
      で好評発売中。

      ラブライブ!サンシャイン!!

      [試聴動画]
      ラブライブ!サンシャイン!!Aqoursデビューシングル

      「君のこころは輝いてるかい?」



      『ラブライブ!サンシャイン!!』 
      スクールアイドルグループ・Aqoursのデビューシングルが発売
      (※『ラブライブ!サンシャイン!!』公式サイトよりスクリーンショット)



      【クランクイン】
       http://www.crank-in.net/game_animation/news/39281
      【【音楽】『ラブライブ!サンシャイン!!』1stシングル発売♪新アイドル『Aqours』デビュー】の続きを読む

      1まとめらいぶ2015/06/27(土) 18:41:59.15ID:???*.net
      2015年夏に公道走行実験を開始すると発表してきた
      Googleの全自動運転カーが、実際に公道を走り出したことが
      発表されました。走行実験はGoogleの本社がある
      カリフォルニア州マウンテンビューを中心に行われている模様です。

      Notice anything new on the streets of
      Mountain View, California? Our latest…

      【Google Self-Driving Car Project】
       https://plus.google.com/+SelfDrivingCar/posts/3NuRpigxp4e

      【Google Self-Driving Car Project】
       http://www.google.com/selfdrivingcar/

      今回の公道デビューを果たしたGoogleの全自動運転カーは、
      車内にハンドルやアクセルペダルなどの操作系がない完全
      自律型の車両。Googleはこれまでにもレクサス・RX450hや
      トヨタ・プリウスを改造した車両で公道実験を行っていましたが、
      今回はゼロから開発された全自動タイプのセルフドライビング
      カーが走り始めたところが最大のポイントです。

      ただし今回はまだ実験走行の段階であるため、車両には運行を
      見守る安全スタッフが搭乗し、取り外し式のハンドルやペダル類を
      載せておくことで、必要が生じた際にはすぐに手動での運転に
      切り替えられるようになっているとのこと。また、周囲や近隣の安全を
      考慮して、車両には最大時速25マイル(約40km/h)の速度リミッターが
      設定されています。走行を制御するソフトウェアは、すでにレクサスに
      搭載されて合計160万kmの走行実績がある
      ものが搭載されているそうです。

      これまでの走行実験から新たな次のステップを踏み出したGoogleの
      全自動運転カーは、これからどんどんと走行距離を伸ばしてデータの
      収集が行われる模様。ソフトウェア自体はすでに実績があるものを
      使っているということなので、全く未知のものが突然出現すると
      いうことではありませんが、実際にこの車両に路上で遭遇すると
      周囲がどのような反応を示すのか興味深いところです。

      なお、これにタイミングを合わせるかのようにカリフォルニア州は
      セルフドライビングカーに関連する交通事故の詳細を
      一般に公開することを決定しています。

      州当局はこれまで、路上で起きた事故の詳細は一切
      公表しないとしてきましたが、2015年5月にAP通信はGoogleの
      セルフドライビングカーが6年間で11回の事故に遭遇していたこと
      を報道。これをきっかけに情報の透明性に関する議論が起こった
      ことを受け、カリフォルニア州のDMV(車両関連を扱う部局)は
      事故記録の一部を公表することを決定しました。事故資料は、
      当事者の氏名などの個人情報や、保険にまつわる箇所を
      黒塗りした状態で公表されますが、事故が発生した状況などは
      全て確認できるようになっているとのこと。

      また、Googleは自身のサイト上で車両の事故情報を含む
      「マンスリーレポート」の公開を開始しており、
      誰でも自由に閲覧できるようになっています。

      Gigazine

      画像


      【【技術】『Google』全自動運転自動車、公道走行デビュー。】の続きを読む

        このページのトップヘ