タグ:デバイス

1:まとめらいぶ 2019/10/01(火) 01:27:35.69 ID:CAP_USER
【エルミタージュ秋葉原】
 http://www.gdm.or.jp/crew/2019/0930/322107

オリジナルのUSB入力デバイスを自作できる、ビット・トレード・ワンの「REVIVE USB」
シリーズに最新作の「REVIVE USB ADVANCE」が登場。従来のデジタル入力に加えアナログ
入力に対応、「アナログジョイスティックとマウスを一つに合わせた夢のデバイスも作成可能」
(メーカー)という自由度の高さを特徴とする。「PIC32」マイコンを実装し、DirectInputの
X/Y/Z軸、各軸の回転を加えた計6軸、マウスカーソルのX/Y移動に対応。各機能は8pinのアナログ
ピンそれぞれに自由に割り当て、デバイスに合わせてキャリブレーションもできる。また、デジタル
入力も15pinに増量。ピンとGNDを接続するだけの簡単組付けで、データはアナログ・デジタル
ともに「REVIVE」側に保存される。

各操作の割り当ては、直感的インターフェイスをもつ専用のWindowsソフトウェアで設定する仕様。
マウス機能は「左右クリック/ホイールクリック/ボタン4/ボタン5/上下左右移動/ホイール
スクロール」、キーボード機能は任意のキー割り当て、アナログスティックは「X軸/Y軸/Z軸/十字
ボタン(上下左右)/ボタン1~ボタン15」をそれぞれ設定できる。マウス・キーボード・スティック
機能を混在させることも可能だ。また、ポーリングレートは1,000Hzをサポートしている。
組み込みしやすい小型基板を採用し、外形寸法はW40×D17mm、重量約3g。
microUSBによる5VのUSB給電で動作する。

no title

no title

no title

no title

no title

画像

引用元: 【ハード】ジョイスティックとマウスの合体も?デバイス自作基板の新作「REVIVE USB ADVANCE」が発売

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2015/11/05(木) 17:31:50.94ID:???.net
【マイナビ ニュース】
 http://news.mynavi.jp/news/2015/11/05/224/

NECは5日、人間の「腕」を仮想キーボード化するユーザーインタフェース
「ARmKeypad(アームキーパッド)」を開発したことを発表した。
ウェアラブルグラス(メガネ型デバイス)やウェアラブルウオッチを連携させ、
ハンズフリーかつ素早いタッチ入力を実現する。


ARmKeypadは、ユーザーの腕に仮想キーボードを表示するインタフェース。
物理的なキーボードや入力ボタンを腕に装着しているかのように、高速・高精度な
タッチ入力が可能としている。仮想キーボードのキーレイアウトは変更可能。
ウェアラブルグラスで手元を見ると、自分の腕に仮想キーボードが出現。
物理的な入力デバイスを出したりしまったりする必要がなく、腕へのタッチ、
つまり接触で入力を確認できるため、操作を確実に判断できる。NECは今後、
ARmKeypadを活用したAR(拡張現実)設備点検ソリューション、保守帳票管理
ソリューションを開発する予定。また、こうした製造業以外にも、警備、流通、医療
といったハンズフリー作業が必要となる業種・業務の
効率化に貢献していくと述べている。

続きを読む

↑このページのトップヘ