タグ:デカ過ぎ

1まとめらいぶ2016/12/01(木) 15:43:39.68ID:CAP_USER.net
【engadget】
 http://japanese.engadget.com/2016/12/01/6-8-sim-zenfone-3-ultra-uq-mobile-12-9/





UQ mobileは、ASUS製のSIMフリースマートフォン ZenFone 3 Ultraを、12月9日より
順次発売します。特徴は、一般的なスマートフォン離れした6.8インチの大型ディスプレイを
搭載する点です。これは一体どれほどの大きさなのか、他の端末と比較してみました。

ZenFone 3 Ultraは、6.8インチの大画面を搭載したスマートフォン、いわゆる「ファブレット」に
分類されます。そのファブレットの中でも特に巨大なのが特徴で、5.5インチのiPhone 7 Plus
より1インチ以上大きく、かつて人気を博したGoogleのタブレット「Nexus 7」に比べると0.2
インチだけ小型。つまり、タブレット並みと表現しても違和感のない大きさです。UQ mobile
向けモデルの仕様は、クアルコムのSnapdragon 652オクタコアプロセッサ、4GB RAM、
32GBストレージ容量、microSDXC外部ストレージ(microSDXC 2TB)など。カメラは背面が
2300万画素、前面が800万画素。OSにはAndroid 6.0.1を採用します。

片手で操作できる? 大画面ならではの魅力も筆者はグローバル発表時に、ZenFone 3 Ultra
の実機に触りました。左右のベゼルが狭いため、両手持ちを前提にしていれば、意外にも
スマホとして違和感のない使用感です。本体サイズは93.9 x 186.4 x 6.8mm。大画面では
ありますが、iPhone 7 Plusよりも薄くスタイリッシュです。さすがに片手操作は難しく、服の
ポケットにも収まりきりませんが、鞄の中に入れて持ち運ぶのであれば、普段使いとしても
十分にアリでしょう。なお大画面を活かし、マルチメディア機能を強化しているのも特徴です。
デュアルスピーカーを搭載しているので、イヤホンを使わずに、大画面で映画を大迫力で
鑑賞できそうです。DTS Headphone:X 7.1サラウンド出力、ハイレゾオーディオ再生にも対応。
また、大画面ゆえに筐体サイズが大きく、内蔵バッテリーは4600 mAhと多め。他のモバイル
デバイスに対しても1.5Aでの給電が可能です。


筐体はZenFone 3 DeluxeやZenFone 3 Laserと同様にメタルを採用。ガラス背面の無印
ZenFone 3とはデザインが大きく異る印象です。また、無印ZenFone 3と異なり、iPhoneや
Galaxyなどと同様の、物理式のホームボタンを採用しています。静電センサーとは異なり、
触覚を頼りにホームボタンを探せるので便利です。

他のスマートフォンとサイズを比較してみた6.8インチというスマートフォン離れした画面サイズ
は、いまいちイメージがしずらい面もあります。そこで5.5インチの海外版ZenFone 3、そして
4.7インチのiPhone 6sと比較した写真が下記となります。
とても素晴らしいことになっていますね。

UQ mobileは、このZenFone 3 Ultraを12月9日に主要家電量販店にて発売。UQ mobile
オンラインストアでは、12月16日より順次発売します。カラーバリエーションはグレー、
ローズピンク、シルバーの3色展開です。
続きを読む

↑このページのトップヘ