テレビ : まとめらいぶ

タグ:テレビ

1まとめらいぶ2017/05/08(月) 14:18:22.38ID:CAP_USER.net
ソニーは5月8日、テレビ「ブラビア」に有機ELパネルを採用した「A1」シリーズを
発表した。4K高画質プロセッサ「X1 Extreme」を搭載し、画面を振動させることで
音を出す独自の音響システム「アコースティック サーフェス」を採用する。発売は6
月10日。想定税別価格は65V型の「KJ-65A1」が80万円前後、55V型の「KJ-55A1」
が50万円前後になる。77V型の発売も計画しており、時期は2017年秋以降の予定だ。



ソニーでは、2007年に11型の民生用有機ELテレビ「XEL-1」を発売。その後業務向け
モニタなどは販売していたが、民生用の有機ELテレビの発売は約10年ぶりになる。A
1シリーズは、液晶テレビ「Z9D」シリーズと並ぶフラッグシップ機に位置づけ展開し
ていく。

 3840×2160ピクセルの4K有機ELパネルを搭載し、従来の「X1」に比べ、約1.4倍の
処理速度を持つX1 Extremeにより、各高画質機能に最適な信号処理をすることで、高
画質再生を実現。SDR映像をHDR映像相当にアップコンバートする「HDRリマスター」
も備える。

 スピーカ部はなく、有機ELパネル背面の左右にアクチュエータを配し、画面を振動す
ることで音を出すアコースティック サーフェスを搭載。画面から音が出るため、画面と
音が一体となった映像再生体験ができる。

【cnet】
 https://japan.cnet.com/article/35100795/
続きを読む

1まとめらいぶ2017/05/03(水) 17:07:45.62ID:CAP_USER.net
LGエレクトロニクス・ジャパンはこのほど、第2世代の有機ELパネルを搭載した
「LG OLED TV」2017年モデル「OLED 65W7P」(65型) の発売を、当初予定して
いた4月上旬から5月12日に延期すると発表した。理由は、「グローバルにおける
急激な需要増加に伴い供給体制が追いつかないため」としている。つまり、全世
界的に売れに売れまくっているというわけだ。

2015年に初めて日本市場で大画面有機ELテレビを発売して3年目となる今年、市場
拡大の切り札として投入された「OLED 65W7P」とはどんなモデルなのか、日本の
マーケティング責任者である金東建 (キム・ドンゴン) 部長と金敬花 (キム・キョン
ファ) 課長に新製品投入の意気込みを聞いた。

中略

昨年まで同社は有機ELの特徴を前面に押し出したマーケティングを展開してきた。
だが、3年目の今年は競合が登場することもあり、自社モデルの画質やデザイン面
での特徴を強く打ち出す戦略に出る。

2017年モデルは新パネルを採用したことで、ターゲティングも大きく変更し、シェ
ア拡大を目指す考えだ。「当初想定したターゲットユーザーは、過去にプラズマテ
レビを購入した映画ファンだった。部屋を暗くして、映画のために特別な時間を過
ごす人だ。しかし、第2世代の有機ELパネルはピーク輝度を25%アップするなど、
輝度表現を大きく改善したことで、"液晶より画面が暗い" という有機ELの弱点を
克服した」(金東建部長)。もともと、液晶テレビより視野角が広い有機ELは、家
族が思い思いの場所から観るリビングテレビとして適している。今回、輝度を上
げることなどで、明るいリビングでの日常使いに適した画質へと改善できたので
ある。

「実は、グローバル向けと日本向けモデルは画質を変えている」と金敬花課長。
「世界各国の市場で、ユーザーの比較対象となる競合メーカーがどこになるかに
よって画質の味付けを変えている。日本の場合、グローバルとは競合が大きく異
なる。そのため、日本に合った画質にチューニングしている」。

ここでいうグローバルでの比較対象は、おそらくサムスンだと思われるが、現在
の日本国内テレビ市場にサムスンはいない。よって、パナソニック、ソニー、シ
ャープ、東芝と比較されたときに色褪せて見えないよう、日本人好みの画質に味
付けしているというわけだ。「日本市場の場合、実際に目で見た色に近い、より
自然な色合いを好む傾向ある」(金敬花課長)。日本市場を重視しているがゆえ、
日本メーカーの画質を研究し、それに負けない性能を開発しているという。



【マイナビニュース】
 http://news.mynavi.jp/articles/2017/05/02/lg_oled/
続きを読む

1まとめらいぶ2016/06/04(土) 17:52:51.41ID:CAP_USER.net
roomie











家電は、ここまで「家具」に近づいたのか!

……と、驚くテレビが、SAMSUNG(サムスン)から登場しました。

この「SERIF TV」をデザインしたのは、フランスの兄弟
によるデザインチームRonan & Erwan Bouroullec。

特徴ある流線型が美しいフレームは、横から見るとアルファベットの「I」の形です。

この形のおかげで、上に猫が座れたり、雑貨を飾ったりできます。

こういう所に、従来の家電にはない、あたたかさと便利さを感じます。

市場にあるテレビの、“最先端で薄くて大きくて”という傾向を排除し、
もっとインテリアに溶け込めむデザインを目指したそうです。

テレビの画面が黒いのが嫌という方って結構多いのですが、
それは今の技術ではどうにもならないところ。

ただ「Serif TV」にはカーテンモードというのがあり、
電源が入った時に抽象的なグラフィックが流れます。

メーカーの名前がパッと出る仕様ではないのが、高評価だとか。


スチールの脚、布張りの背面もかっこいい。

サイズ展開は40、32、24インチの3種類です。

しかし! 残念ながら、発売は韓国とヨーロッパだけなんです。

ちょっと変わったテレビを出すサムスンさん、日本にも来るのを待っています!
続きを読む

↑このページのトップヘ