テレビ : まとめらいぶ

タグ:テレビ

1まとめらいぶ2015/09/25(金) 01:03:59.29ID:???.net
テレビアニメ化された弐瓶勉(にへい・つとむ)さんの人気
SFマンガ「シドニアの騎士」が、25日発売の「月刊アフタヌーン」(講談社)
11月号で最終回を迎え、約6年の歴史に幕を閉じた。

 「シドニアの騎士」は、宇宙船・シドニアで、繁殖と生産を維持しながら宇宙を
旅している人類と、異生物・奇居子(ガウナ)の戦いを描いたSFマンガで、
「月刊アフタヌーン」2009年6月号で連載がスタートした。
テレビアニメ第1期が2014年4~6月、第2期が15年4~6月に放送されたほか、
劇場版アニメも3月に公開された。

 コミックスは14巻まで発売されており、最終15巻が11月20日に発売される。

MAN TAN WEB

続きを読む

1まとめらいぶ2015/09/10(木) 12:05:49.63ID:jWEK+1Sn0 BE:583472408-PLT(14014)
【旅で知る~東日本大震災4年半】

(中)体験型ツアー

Tweet

(1/3ページ)

初めて開催された松川浦のエコツアー。
子供たちは磯遊びを楽しんだ=8月3日、

福島県相馬市





 ■自然や漁師たちとふれあう

 丸まった針金の先にイカの刺し身を付け、そっと岩と岩の隙間に垂らす。
しばらくしてから、針金を引き上げる。「きた、きた!」。
子供たちは針金の先に食いついた小さなカニの姿に歓声を上げた。

 東日本大震災で大きな被害を受けた福島県相馬市の景勝地、
松川浦に、久しぶりに観光客の声が響いた。

 8月2日から1泊2日で、磯遊びや魚の観察をする初めての
「エコツアー」(3食付き、12歳以上1万5500円)が行われ、
埼玉県から2家族計7人が参加。地元の漁師が漁の方法や
船の係留に欠かせないロープの結び方などを教えた。

 主催は地元住民で作る「松川浦ガイドの会」だ。エコツアーは、
地域の海や山、農業・漁業など地元の暮らしを観光資源として、
体験しながら自然を楽しむ旅。震災後、環境省の復興エコツーリズム
推進モデル事業に選ばれ、ガイドの育成やモニターツアー
などを経てこの夏、商品化に踏み切った。

 ◆観光地の再生

 松川浦は、約7キロに渡る砂州(さす)(堆積した砂)によって
湾が外海から隔てられた「潟湖(せきこ)」。
東日本大震災前は釣りや海水浴、
新鮮な海の幸を目当てに年間約100万人が訪れる観光地だった。

産経 ニュース

続きを読む

1まとめらいぶ2015/08/04(火) 22:45:41.67ID:???*.net
映画『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』のプロモーションで
来日中のトム・クルーズが、4日放送の情報番組『スッキリ!!』(日本テレビ系)に
出演。そこで見せたトムの行動が、ある臆測を呼んでいる。

番組では、ウエンツ瑛士と上重聡アナウンサーが、
トムをインタビューしたVTRを放送。トムは、来日中の通訳を務めている
映画字幕翻訳家の戸田奈津子氏を伴い、終始、笑顔で取材に応じた。

また、体全体で「ス」の文字を表現する番組お決まりの“スッキリポーズ”を
トムにお願いするため、番組側は“雪駄”をプレゼント。
その場で靴を履き替えてもらうことで、自然にイスから立ち上がらせ、
流れでスッキリポーズにもっていく計画であったが、
ウエンツが「もしよかったら、これ今履いてもら……」と言いかけたところで、
戸田が「それは無理ですっ」ときっぱり。その後もスッキリポーズに
誘導を試みるも、戸田が「たぶん、やらないと思うから」
などとシャットアウトしていた。

この戸田の行動に、
ネット上では「そりゃあ、トムは靴脱げないよ……」
「なっちゃん、慌てただろうなあ」「『スッキリ!!』わかっててやってるだろww」
といった声が見受けられる。

「身長にコンプレックスを抱えているといわれるトムですが、
昔からシークレットブーツ愛用疑惑がささやかれている。
公称は173cmですが、実際は163cmとのウワサもあり、
ニコール・キッドマンとの離婚時には、
ニコールが『これでハイヒールが履ける』と言ったことでも有名
また、50歳頃から自ら身長が少しずつ縮んでいることに気づいたトムが、
『予防できるなら、どんなことでもしたい』と関係者に漏らしているという報道も。
そんな苦悩を抱えるトムの靴を脱がせようとした日本のメディアが、
海外の映画ファンの目にどう映るか心配です……」
(カルチャー誌ライター)

番組を見る限り、170cmのウエンツよりも高身長だったトム。
一部ネット上では、番組のお願いを一方的に静止した戸田に「偉そう」と
批判の声も上がっているが、もしトムが雪駄に履き替えていたら、
取り返しのつかない事態になっていたかもしれない。

【ネタりか】
 http://netallica.yahoo.co.jp/news/20150804-00010007-nkcyzo

『日刊サイゾー』
続きを読む

↑このページのトップヘ