タグ:テレビ

1:まとめらいぶ 2018/10/07(日) 02:20:09.99 ID:CAP_USER9
【モデルプレス】
 https://mdpr.jp/news/detail/1796681

YoutuberのHIKAKINが8日放送の日本テレビ系バラエティ番組
「しゃべくり007 2時間スペシャル」に出演する。

めったにバラエティー番組に出演しないHIKAKINの謎のベールに包まれた
私生活をしゃべくりメンバーが深掘りする。

番組オープニングで上田晋也から、HIKAKINはネプチューン司会のテレビ番組への出演に
憧れてヒューマンビートボックスを始め、その動画をYouTubeにアップし始めたのが
Youtuberの原点となった経歴が紹介される。

すると、「それがなかったら今何しているかわからない」「正直人生が変わった」と
ネプチューンが人生の岐路となった恩人であることを告白。

そして、人気Youtuberとして活躍するHIKAKINがどんな生活を送っているのか、
といった話題になると、“一日2本以上、一年間で800本以上の動画をあげていた”過去や、
“1年間に一日も休んでいない”といった過酷なYoutuber生活も激白。

さらに、番組ではHIKAKINが動画作成のために一番高い買い物だったという、
“ルイヴィトン×シュプリーム”のコラボトランク2個、合計約1400万円も登場する。

そして、番組では“HIKAKIN に学べ!小学生に友だちになりたいと思われろ007”といった企画を展開。
しゃべくりメンバーは、HIKAKINから、小学生からの支持を得る3つの極意を学び、
実際に小学生20人の判定のもとHIKAKINとおもしろ動画対決をする。
徳井義実が超激辛ソース、堀内健が卓上パンチングマシーンでヒカキンと勝負。果たして、
しゃべくりメンバーはHIKAKINに勝てるのか?

(modelpress編集部)

no title

no title

引用元: 【テレビ】HIKAKIN、過酷なYoutuber生活を告白 動画制作のために1400万円の買い物も

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2018/02/09(金) 05:39:36.97 ID:CAP_USER9
滝沢秀明の熱すぎる趣味にTOKIOも驚愕 国分太一のアドバイスもネット話題に

滝沢秀明が驚きの趣味を告白

7日に放送されたフジテレビ系バラエティ番組『TOKIOカケル』に、タッキーの愛称で
親しまれる俳優・滝沢秀明(35)が出演。自らの「熱すぎる趣味」を語り、
話題になっている。

■タッキーの熱すぎる趣味とは

滝沢は2014年から年に1回、番組に出演している。国分は以前、番組の企画で滝沢と
食事をしたときに趣味の話で驚いたことを告白。国分も驚いた滝沢の趣味とは…

「溶岩湖の探検が趣味。医者、カメラマン、学者などとチームを組んで探検に行く。
映像を撮影・編集も行ってナレーションをつけたVTRも作って楽しんでいる。
世界で5つある有名な溶岩湖のうち4つを制覇している」

溶岩湖の探検という熱すぎる趣味にTOKIOも驚きを隠せない様子だった。

松岡の「
残すは一個だけ? そこ行くの?」と質問に滝沢は「そこに行きたいです。
南極なんですが、許可が取れない。行けても山を登って火口に入るってことが…」
と答えた。

すると、国分は「NHKさんと行けば許可取れると思うよ」とアドバイスし、
スタジオを納得させた。

■ドキュメンタリー番組を作ってほしい

ネットでは「NHKでドキュメントを作ってほしい」という声が目立っている。

【しらべぇ】
 https://sirabee.com/2018/02/08/20161493763/

引用元: 【テレビ】滝沢秀明の熱すぎる趣味にTOKIOも驚愕 国分太一のアドバイスもネット話題に

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2018/01/13(土) 16:35:16.57 ID:CAP_USER9
WHO(世界保健機関)が、病気の世界的な統一基準である「国際疫病分類」の最新版に
「ゲーム障害」を盛り込むと発表した。草案では「ゲームをする衝動が止められない」
「ゲームを最優先する」「問題が起きてもゲームを続ける」などと例示、生活に支障を
きたすほどゲームに熱中する状態を「ゲーム障害」とするとしている。また、幼少期は
進行が早いとし、診断に必要な症状の継続期間は「最低12カ月」としながらも、重症で
あれば短期間でも依存症であるとみなす方針だという。

ネットゲームに熱中するあまり、「ゲーム障害」のような生活を送ってしまう"ネトゲ
廃人"が日本でも急増しているという。内閣府のデータによると、ネットを利用する
青少年の7割以上がネットゲームをプレイしており、街で話を聞くと、「丸一日、
ずっと戦争ゲームとか『ウイイレ(ウイニングイレブン)』とかをプレステ4で
やっていた。20時間くらいやっていたんじゃないかっていう。飯食う間も惜しんで」
「24時間寝ずにやったことも数回ある。ハマったら止まらなくなっちゃうタイプで、
1回に5万円の課金をしたこともある」など、ネトゲに依存しているという
自覚がある若者も少なくないようだ。

■全部お小遣い...「ガチャ」に500万円以上を投入

「現実の世界が第2の世界で、ネットの世界が第1の世界だと考えていた。ゲームが
上手くない自分は生きている価値はないと思って、お金をたくさん使った」

千葉市内の一軒家に歯科医の父親と暮らす櫻井慎太郎さん(24)がネットゲームに
ハマったのは中学1年生の時。高校生になり、大学受験を控えている時期には
親の目を恐れ1週間ほど家出、ネットカフェに泊まってゲームをした。

将来の夢も特になく、経済的に恵まれた環境で育った櫻井さんは、父親に促される
まま大学の歯学部に入学。しかし去年、映像系の大学に入学しなおした。
「やりたいことを見つけたって父に相談したら、
『やりたい仕事をやるのが一番だ』と」。

机には4台の台のディスプレイが並ぶ。ゲーム用、調べ物用、LINEやTwitterなどの
会話用、などと使い分けている。パソコンのスペックは2年ごとにパワーアップ。
手汗防止の特製キーボードカバー、仲間たちとフリーハンドで話すためのマイク、
腰に負担がかからない椅子など、周辺機器だけで総額40万円以上かけた。
夜10時に始まる"ネトゲタイム"では、2つのゲームを同時にプレイ。

ランダムにアイテムを獲得できるゲーム内の課金システム「ガチャ」にもお金を注いだ。
「レアのモンスターやアイテムが出た時のアドレナリン出るみたいな感覚がたまらない」
と、中高の6年間で200万円以上を投入、これまでに総額500万円以上を費やしたという。
しかし櫻井さんにアルバイト経験はなく、資金はすべて親からもらったお小遣いだ。

■海外から取り寄せたカフェインの錠剤を用意

5年前に母親が亡くなり、父親は多忙なため、1人で過ごすことが多い櫻井さん。
今ハマっているのは、FPS(First Person Shooting game)と呼ばれるシューティング
ゲームだ。一日に20時間もプレイすることもあるといい、部屋にはインスタント食品が
箱買いされている。「食べながらゲームできるし、ゴミが出るだけなので食器を洗う
必要がない」。食事はただ空腹を満たすためのものなのだ。

そんな生活に欠かせないのが、カフェインを摂って、ゲームを捗らせるためのエナジー
ドリンクだ。「ゲームで忙しい時にもパッと開いて取り出せる」と、机の脇に置かれた
冷蔵庫に常備している。しかし最近では「飲みすぎてもはや効かなくなってしまったん
じゃないか」と、海外から取り寄せたカフェインの錠剤を用意している。
ゲームを始めて6時間後も、全く疲れた様子を見せなかった。

実は全世界で300万人が同時にプレイするゲームで上位0.15%に入るトッププレイヤー
でもある櫻井さん。「何も残らないって言われたら正しいが、やっている時間に楽しめて
時間が潰せたらそれで満足。本当の意味での"ネトゲ廃人"は何か理解している。自分では
そこまでではないかなと思っている」。しかし、ネトゲはやめられないそうにない。
「基本的に終わりがないのがオンラインゲームのコンセプト。仲間たちとワイワイ
終わりなき旅を楽しんでいる」。

【YouTube】



【HUFFPOST】
 http://www.huffingtonpost.jp/abematimes/netoge-haijin_a_23331480/?utm_hp_ref=jp-homepage

ネトゲ廃人

【イメージ画像】

引用元: 【テレビ】1日20時間プレイ、500万円以上を「ガチャ」へ、エナジードリンクも効かない体に…ネトゲ廃人の実態(動画あり)

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2017/07/11(火) 19:46:54.34ID:CAP_USER.net
ソニーは7月11日、有機ELパネルを採用した「ブラビア A1」シリーズの77V型モデル
「KJ-77A1」を8月5日に発売すると発表した。ソニーストアでの税別価格は250万円
になる。



ブラビア A1は、ソニー初の有機ELテレビ。5月に発表しており、65V型の「KJ-65A1」
(ソニーストア税別価格:79万9880円) と、55V型の「KJ-55A1」(同:49万9880円)
は6月10日に発売済み。77V型のみ発売時期を秋以降としていた。

 3840×2160ピクセルの4K有機ELパネルを搭載し、従来の「X1」に比べ、約1.4倍の処理
速度を持つX1 Extremeにより、各高画質機能に最適な信号処理をすることで、高画質再生
を実現。SDR映像をHDR映像相当にアップコンバートする「HDRリマスター」も備える。
スピーカ部はなく、有機ELパネル背面の左右にアクチュエータを配し、画面を振動する
ことで音を出すアコースティック サーフェスを搭載。画面から音が出るため、画面と
音が一体となった映像再生体験ができる。

 77V型のサイズは、高さ99.7cm×幅172.1cm×奥行き9.9cmで、重量約37.8kg。
消費電力は757Wになる。





【c net japan】
 https://japan.cnet.com/article/35104105/
続きを読む

1まとめらいぶ2017/05/08(月) 14:18:22.38ID:CAP_USER.net
ソニーは5月8日、テレビ「ブラビア」に有機ELパネルを採用した「A1」シリーズを
発表した。4K高画質プロセッサ「X1 Extreme」を搭載し、画面を振動させることで
音を出す独自の音響システム「アコースティック サーフェス」を採用する。発売は6
月10日。想定税別価格は65V型の「KJ-65A1」が80万円前後、55V型の「KJ-55A1」
が50万円前後になる。77V型の発売も計画しており、時期は2017年秋以降の予定だ。



ソニーでは、2007年に11型の民生用有機ELテレビ「XEL-1」を発売。その後業務向け
モニタなどは販売していたが、民生用の有機ELテレビの発売は約10年ぶりになる。A
1シリーズは、液晶テレビ「Z9D」シリーズと並ぶフラッグシップ機に位置づけ展開し
ていく。

 3840×2160ピクセルの4K有機ELパネルを搭載し、従来の「X1」に比べ、約1.4倍の
処理速度を持つX1 Extremeにより、各高画質機能に最適な信号処理をすることで、高
画質再生を実現。SDR映像をHDR映像相当にアップコンバートする「HDRリマスター」
も備える。

 スピーカ部はなく、有機ELパネル背面の左右にアクチュエータを配し、画面を振動す
ることで音を出すアコースティック サーフェスを搭載。画面から音が出るため、画面と
音が一体となった映像再生体験ができる。

【cnet】
 https://japan.cnet.com/article/35100795/
続きを読む

1まとめらいぶ2017/05/03(水) 17:07:45.62ID:CAP_USER.net
LGエレクトロニクス・ジャパンはこのほど、第2世代の有機ELパネルを搭載した
「LG OLED TV」2017年モデル「OLED 65W7P」(65型) の発売を、当初予定して
いた4月上旬から5月12日に延期すると発表した。理由は、「グローバルにおける
急激な需要増加に伴い供給体制が追いつかないため」としている。つまり、全世
界的に売れに売れまくっているというわけだ。

2015年に初めて日本市場で大画面有機ELテレビを発売して3年目となる今年、市場
拡大の切り札として投入された「OLED 65W7P」とはどんなモデルなのか、日本の
マーケティング責任者である金東建 (キム・ドンゴン) 部長と金敬花 (キム・キョン
ファ) 課長に新製品投入の意気込みを聞いた。

中略

昨年まで同社は有機ELの特徴を前面に押し出したマーケティングを展開してきた。
だが、3年目の今年は競合が登場することもあり、自社モデルの画質やデザイン面
での特徴を強く打ち出す戦略に出る。

2017年モデルは新パネルを採用したことで、ターゲティングも大きく変更し、シェ
ア拡大を目指す考えだ。「当初想定したターゲットユーザーは、過去にプラズマテ
レビを購入した映画ファンだった。部屋を暗くして、映画のために特別な時間を過
ごす人だ。しかし、第2世代の有機ELパネルはピーク輝度を25%アップするなど、
輝度表現を大きく改善したことで、"液晶より画面が暗い" という有機ELの弱点を
克服した」(金東建部長)。もともと、液晶テレビより視野角が広い有機ELは、家
族が思い思いの場所から観るリビングテレビとして適している。今回、輝度を上
げることなどで、明るいリビングでの日常使いに適した画質へと改善できたので
ある。

「実は、グローバル向けと日本向けモデルは画質を変えている」と金敬花課長。
「世界各国の市場で、ユーザーの比較対象となる競合メーカーがどこになるかに
よって画質の味付けを変えている。日本の場合、グローバルとは競合が大きく異
なる。そのため、日本に合った画質にチューニングしている」。

ここでいうグローバルでの比較対象は、おそらくサムスンだと思われるが、現在
の日本国内テレビ市場にサムスンはいない。よって、パナソニック、ソニー、シ
ャープ、東芝と比較されたときに色褪せて見えないよう、日本人好みの画質に味
付けしているというわけだ。「日本市場の場合、実際に目で見た色に近い、より
自然な色合いを好む傾向ある」(金敬花課長)。日本市場を重視しているがゆえ、
日本メーカーの画質を研究し、それに負けない性能を開発しているという。



【マイナビニュース】
 http://news.mynavi.jp/articles/2017/05/02/lg_oled/
続きを読む

1まとめらいぶ2016/06/04(土) 17:52:51.41ID:CAP_USER.net
roomie











家電は、ここまで「家具」に近づいたのか!

……と、驚くテレビが、SAMSUNG(サムスン)から登場しました。

この「SERIF TV」をデザインしたのは、フランスの兄弟
によるデザインチームRonan & Erwan Bouroullec。

特徴ある流線型が美しいフレームは、横から見るとアルファベットの「I」の形です。

この形のおかげで、上に猫が座れたり、雑貨を飾ったりできます。

こういう所に、従来の家電にはない、あたたかさと便利さを感じます。

市場にあるテレビの、“最先端で薄くて大きくて”という傾向を排除し、
もっとインテリアに溶け込めむデザインを目指したそうです。

テレビの画面が黒いのが嫌という方って結構多いのですが、
それは今の技術ではどうにもならないところ。

ただ「Serif TV」にはカーテンモードというのがあり、
電源が入った時に抽象的なグラフィックが流れます。

メーカーの名前がパッと出る仕様ではないのが、高評価だとか。


スチールの脚、布張りの背面もかっこいい。

サイズ展開は40、32、24インチの3種類です。

しかし! 残念ながら、発売は韓国とヨーロッパだけなんです。

ちょっと変わったテレビを出すサムスンさん、日本にも来るのを待っています!
続きを読む

1まとめらいぶ2016/02/16(火) 20:31:02.68ID:CAP_USER*.net
日本国内の検索エンジンはYahoo!とGoogleが大半のシェアを占めているが、
若年層は用途に応じSNSの投稿内容を検索して情報を得ているという。

検索エンジンしか使用しないという世代は、圧倒的に中高年が多いらしい。

2月15日放送の『5時に夢中!』“夕刊ベスト8”のコーナーで、
若者が“検索サイト”を使い分けている記事が紹介された。

MCのふかわりょうが「公共機関の発生している遅延状況を把握したい時は、
ツイッターで検索する方が早い」と補足したが、
他のレギュラー出演者の反応が鈍い。

マツコ・デラックスは、そもそもツイッターで
自分が得たい情報を調べる方法がわからないと話す。

番組アシスタントの内藤聡子、
月曜コメンテーターの若林史江そしてマツコはアラフォー世代だ。

インターネットを使って調べものをするのは日常的だが、
ほとんど検索エンジン頼りだという。

するといきなり若林が「Yahoo!とGoogleだったら、
どっちで検索します?」と内藤に訊ねた。

答えは2人とも「Yahoo!」であったが、
若林の分析によるとIT系の若者は「Google」、
中高年の女性になってくると「Yahoo!」が多いそうだ。

これを聞いていたマツコは「ごめん、私Google」と嬉しそうに笑っている。

その理由は「Yahoo!のトップ画面がウザいの、
Googleはシンプルだからね」となぜか得意げに語っていた。

excite. ニュース】 

「Googleはシンプルだからね」

とマツコ

続きを読む

↑このページのトップヘ