タグ:テスラ

1まとめらいぶ2017/11/20(月) 15:09:59.32ID:CAP_USER.net
テスラよりミラージュの方が、環境に優しい?

【日経ビジネスオンライン】 
 【http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/108556/111500022/】

 三菱自動車の小型車「ミラージュ」は、一見して環境に優しい革新的なクルマには
思えない。内燃機関(エンジン)で走り、排気管から排ガスを撒き散らすガソリン車
にすぎないからだ。

 しかし、部品の調達から燃料、部品の再利用に至るまで、つまりクルマが誕生する
過程から廃車までの全ライフサイクルで弾き出した二酸化炭素(CO2)排出量で見る
と、話は違ってくる。発電によるCO2排出量が多い地域で使用すると、米テスラが販
売する一部の電気自動車(EV)よりも、エンジンを搭載しているミラージュの方が環
境に優しいことになるのだ。


EVだからといってCO2排出量が常に低いわけではない

 米マサチューセッツ工科大学(MIT)のトランシク・ラボの調査によると、米国の中
西部でテスラのセダン「モデルS P100D」に乗った場合、ライフサイクル全体で排出さ
れるCO2排出量を走行1km当たりに換算すると226gになるという(下記の表を参照)。
これは、独BMWのエンジンを搭載する高級大型車「7シリーズ」の同385gに比べれば格
段に少ないが、ミラージュだとわずか同192gにとどまる。


■EVは本当に環境に優しいのか
クルマの生産から廃車までのCO2排出量(クルマを米中西部で利用した場合)

出所:米MIT トランシク・ラボ/Financial Times
[画像のクリックで拡大表示]
 MITのこのデータは、ノルウェー科学技術大学が昨年発表した研究結果とも一致する。
つまり、「ライフサイクル全体で見ると、従来のエンジンを搭載する小型車より大型EV
の方がCO2排出量は多い」ということだ。
2まとめらいぶ2017/11/20(月) 15:10:12.34ID:CAP_USER.net
こうした比較をするのは、ある技術が他より優れていると主張するためでも、「ゼロ・
エミッション」を謳うクルマを批判するためでもない。ただ、このデータは「各国政府
や自動車メーカー各社は、次世代のクルマについて重視すべき点を間違えていないか」、
という重要な問題を突きつけている。

 各国政府は自動車産業の次世代化を推進しているが、欧州、米国、中国のいずれの政
府も個々のEVを区別して、それぞれの環境上の強みを適切に評価する規制措置は導入し
ていない。現行の規制の枠組みには、ゼロ・エミッションを謳うEVでも車種によっては、
内燃機関で走るクルマの方が環境負荷が小さい可能性があるという視点が欠落している。

 政府の定義では、EVなら大型車でも小型車でも環境に優しいことになっている。それ
ぞれ生産効率が高いのか、廃車する時に膨大な廃棄物を発生させるのか、充電する際の
電力そのものが太陽光発電によるものか、石炭火力発電によるものかといった点を全く
問題にしていない。

 「EVは定義上、どのクルマも全てゼロ・エミッションとされている。規制当局は、排
気管から出てくる排ガスを測定するだけだが、EVにはそもそも排気管が存在しないから
だ」。こう指摘するのは、持続可能なエネルギーを支援する欧州の非営利団体インノエ
ナジー(本部はオランダ)でイノベーション・オフィサーを務めるローランド・ドル氏
だ。

生産段階から廃車までのCO2排出量で評価すべきだ

 EVの環境に与える負荷をきちんと包括的に把握するには、規制当局は生産工程から含
めたライフサイクル全体での負荷を分析する必要がある。

 これには、EV向け電池製造に使われるレアアースの調達に伴う環境負荷から、充電す
る電力がどのように生み出されているのか、どの部品は再利用可能なのかといった要素
を含めなければならない。

 こうした調査は、EVの環境負荷をガソリン車やディーゼル車と比較することを好む研
究者の間で今、注目を集めている。もし、こうした調査が規制政策を左右するようにな
れば、数十年先にどんなクルマが走っているかに大きな影響を与えることになるとアナ
リストはみている。

 現状のまま行けば、英国を含む欧州や中国の都市で、ミラージュのようなエンジンを
搭載したクルマを運転することは2030年までに違法になるかもしれない。エンジン搭載
車の販売が禁止となるからで、そうなると燃費や生産効率はもはや考慮されなくなる。

【日経ビジネスオンライン】
 http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/108556/111500022/?P=2
続きを読む

1まとめらいぶ2016/06/14(火) 15:58:15.82ID:CAP_USER.net
【engadget】
 http://japanese.engadget.com/2016/06/14/model-s/



テスラモーターズは6月9日(日本時間10日)、電気自動車「モデルS」に新たな
エントリー・モデルの追加を発表。容量の小さなバッテリーを搭載するなどスペックを
最小化することで、これまでよりお求めやすい価格設定とした。しかも、その"最小化"
されたスペックは、購入した後で金銭的に余裕ができたとき、いつでもアップグレード
することができるという。

この新しいエントリー・モデルのモデルSは、従来より小さな60kWhのバッテリーを搭載し、
これまで標準装備されていた「テスラスーパーチャージャー」(テスラ独自の超急速充電
システム)対応をオプション化。モーターは1基のみの搭載で後輪駆動となる。

これによって、70kWhバッテリーを搭載していた従来のエントリー・モデルの953万円より、
68万9,000円も安い884万1,000円(消費税込み。補助金等含まず)という低価格を実現。
それでも航続距離は408km(新欧州ドライビングサイクル推定値)、0-100km/h加速が
5.8秒、最高速度も210km/hと、まあ十分な性能と言えるだろう
("狂気的な加速"や"馬鹿げた加速"はできないけれど)。
もちろん、標準装備のアダプターを使って、日本で普及しているCHAdeMO(チャデモ)
規格の急速充電設備は利用可能だ。話題の半自動運転機能「オートパイロット」をはじめ、
ソフトウェア・アップデートによる新機能の追加なども、他のモデルSと同様に受けられる。

しかもこのエントリー・モデルのユニークな点は、購入後に大容量バッテリーや超急速充電の
必要性を感じたら(そして経済的に余裕ができたら)、いつでもアップグレードできるところだ。
例えばスーパーチャージャー対応は36万8,100円で追加できるし、バッテリーは
112万7,000円で75kWhにアップグレードできる。そうすると航続距離は490kmに、
最高速度も225km/hまで伸びる。また、これは購入時に限られるが、降雪地帯で
お乗りになる方など、4輪駆動を希望する場合はデュアルモーターのオプションも
選択できる(62万6,000円)。つまり、パソコンのBTOのように、自分の必要な機能
のみを選択して装備し、不要な装備に対する無駄な(と思われる)出費を抑えること
ができるというわけだ。また、テスラ指定のローンプログラムで4年間保有した場合、
その最終月に45?49%での買取が保証されるという。つまり、頭金を20%収めて、
エコカー減税等を差し引けば、48回ローンで月々の支払額は5万2,769円となる
(東京都と愛知県の場合)。しかも燃料費はだいぶ節約できるはず。
続きを読む

1まとめらいぶ2016/04/01(金) 14:48:19.32ID:CAP_USER.net
【nono ist】
 http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1604/01/news109.html





 Tesla Motors(テスラ)は2016年3月31日(現地時間)、
電気自動車の5人乗り新モデル「モデル3」を世界初公開した。

価格は3万5000米ドル(約390万円)で、同社の高級
セダン「モデルS」の3分の1程度まで引き下げた。

走行距離は215マイル(約346km)で、急速充電に対応している。

また、自動運転機能を標準装備とした。

同社 社長のイーロン・マスク氏は「大人5人が快適に乗車できるクルマに仕上げた。

3万5000米ドルのベースグレードを購入しても、
決して物足りないことはないはずだ」と自信を見せた。

既に購入予約を受け付けており、2017年から納車する計画だ。


 モデル3は、「一般消費者に受け入れ可能」(テスラ)な
電気自動車を目指して開発された。

テスラのラインアップは、モデルSの最上位グレードが
12万8500米ドル(約1440万円)、「モデルX」の最上位
グレードが14万米ドル(約1570万円)という高級車ぞろいだ。

同社が社是とする「持続可能な移動手段への移行」
を進める上では、廉価モデルが必要だった。

 マスク氏は同社の巨大リチウムイオン電池工場
「ギガファクトリー」が稼働したことを明らかにし、品質の良い
リチウムイオン電池の大量生産が可能になったことを紹介した。

これにより電気自動車の低価格化が実現した。

 マスク氏は

「オプションなしでも満足できるクルマに仕上がった」

とモデル3を紹介。

モデル3は、従来の同社のラインアップと同様にエンジンルームが空白のため、
フロントシートを前寄りに配置することで、後部座席も足元を広く確保した。

「大人5人が快適に移動できる」(同氏)としている。

また、全面ガラスルーフにすることにより、
乗員に解放感を感じさせるデザインとした。

 モデル3の時速0~60マイル(時速60マイル=時速97km)の加速は6秒。

モデルSでは車載情報機器として縦長の大画面ディスプレイを搭載したが、
モデル3ではやや横長に形が変わるもののモデルS同様に大画面
ディスプレイが採用された。

テスラは今後、電気自動車のさらなる普及を後押し
するために米国で充電器を充実させていく計画だ。

2017年までに普通充電器を1万5000カ所、
急速充電器を7200カ所に配置する。
続きを読む

↑このページのトップヘ