タグ:ダイヤモンド

1まとめらいぶ2016/01/22(金) 15:59:19.05ID:CAP_USER.net
huffingtonpost

火葬後の遺骨や灰からダイヤモンドをつくるというサービスが
「究極の形見」として話題だ。Twitterユーザーが1月21日に紹介。

@buddhobhagavan
 https://twitter.com/buddhobhagavan/status/690110172136607744?lang=ja

スイスの企業が開始したサービスで、火葬後の灰や
骨を超高熱/高圧で固めてジェム化。究極の形見。

しかも色味が独特で美しい。

今まで自分が死んだら宇宙葬(宇宙空間に散骨)してほしいとか
中学生みたいな事考えてたけど、これがいい…。






これはスイスの企業、アルゴタンザ社が展開する、
「メモリアル・ダイヤモンド」というサービス。

遺骨中に含まれる炭素を取り出し、人工的に高温高圧にかけることで、
合成ダイヤモンドを製造するというものだ。


日本で同社のサービス窓口を展開するアルゴタンザ・ジャパンの担当者は
ハフポスト日本版の取材に対し、
「アルゴタンザのダイヤモンドの色は基本的に
青ですが、人によって色味が異なります。

遺骨の中に含まれるホウ素の分量が、それぞれの人で異なるためです。
ホウ素の分量が少なければ透明に近く、
多ければ濃いブルーになります」
と説明した。




日本で預かった遺骨はスイスの工場に送られ、加工される。
アルゴタンザ・ジャパンの公式サイトによると、
価格は42万円からとなっている。


なお、遺骨をダイヤモンドにするサービスはライフジェム社や、
ハート・イン・ダイヤモンド社など複数社が提供しており、
ダイヤモンドの色を青だけでなく
黄色、赤、緑にすることも可能。

これはアルゴタンザ社とは製法が異なるためだという。
続きを読む

1まとめらいぶ2015/12/03(木) 18:33:30.09ID:k5zQcl3z0.net BE:711292139-PLT(13121)
(CNN) 米ノースカロライナ州立大学の研究チームはこのほど、
ダイヤモンドより明るく輝き、しかも硬度が高い新物質を開発したと発表した。

応用物理学専門誌「ジャーナル・オブ・アプライド・フィジクス」の最新号に発表された
論文によると、新たな物質の名前は「Qカーボン」。炭素原子に瞬間的にレーザーを
当てて超高温まで熱し、その後急速に冷やすという方法で作ることができる。

レーザーを照射する時間は200ナノセカンド。1ナノセカンドは1秒の10億分の1を
示す単位だ。熱した炭素の温度は約3700度と、地球内部で天然ダイヤモンドが
生成された時の高温状態をはるかに上回る。

チームによると、こうして作られた物質はダイヤモンドと同じく炭素原子で構成される
固体だが、これまで地球上に存在したことはないとみられる。論文の執筆を率いた
ノースカロライナ州立大学のジェイ・ナラヤン氏は「自然界に存在するとすれば、
どこかの惑星の中心核しか考えられない」と話す。

鉛筆の芯に使われる黒鉛もやはり純粋な炭素でできた物質だが、ダイヤモンドとは
結晶構造が違う。ダイヤモンドは炭素原子同士が非常に強く結びついているため、
最も硬い天然物とされてきた。透明性や美しい輝きも大きな特徴だ。

ところがチームによると、Qカーボンはダイヤモンドよりもさらに硬いだけでなく、
少ない光で一層強い輝きを放つ。さらに磁気を帯びさせることもできることから、
さまざまな分野での応用が期待される。

ナラヤン氏によると、人工ダイヤの一種、ナノダイヤモンドを使った
医療用の針や膜を低コストで作ったり、がんの治療薬を体内の患部に
届ける技術に役立てたりする活用法も考えられる。

チームは今後、Qカーボンの性質などについて、さらに詳しく調べていく構えだ。

Yahoo! ニュース
続きを読む

↑このページのトップヘ