『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.6.20

      ソニー

      1まとめらいぶ2017/07/11(火) 19:46:54.34ID:CAP_USER.net
      ソニーは7月11日、有機ELパネルを採用した「ブラビア A1」シリーズの77V型モデル
      「KJ-77A1」を8月5日に発売すると発表した。ソニーストアでの税別価格は250万円
      になる。



      ブラビア A1は、ソニー初の有機ELテレビ。5月に発表しており、65V型の「KJ-65A1」
      (ソニーストア税別価格:79万9880円) と、55V型の「KJ-55A1」(同:49万9880円)
      は6月10日に発売済み。77V型のみ発売時期を秋以降としていた。

       3840×2160ピクセルの4K有機ELパネルを搭載し、従来の「X1」に比べ、約1.4倍の処理
      速度を持つX1 Extremeにより、各高画質機能に最適な信号処理をすることで、高画質再生
      を実現。SDR映像をHDR映像相当にアップコンバートする「HDRリマスター」も備える。
      スピーカ部はなく、有機ELパネル背面の左右にアクチュエータを配し、画面を振動する
      ことで音を出すアコースティック サーフェスを搭載。画面から音が出るため、画面と
      音が一体となった映像再生体験ができる。

       77V型のサイズは、高さ99.7cm×幅172.1cm×奥行き9.9cmで、重量約37.8kg。
      消費電力は757Wになる。





      【c net japan】
       https://japan.cnet.com/article/35104105/
      【【製品】『ソニー』有機ELテレビ『ブラビア A1』に77V型モデル!実勢250万円】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/05/08(月) 14:18:22.38ID:CAP_USER.net
      ソニーは5月8日、テレビ「ブラビア」に有機ELパネルを採用した「A1」シリーズを
      発表した。4K高画質プロセッサ「X1 Extreme」を搭載し、画面を振動させることで
      音を出す独自の音響システム「アコースティック サーフェス」を採用する。発売は6
      月10日。想定税別価格は65V型の「KJ-65A1」が80万円前後、55V型の「KJ-55A1」
      が50万円前後になる。77V型の発売も計画しており、時期は2017年秋以降の予定だ。



      ソニーでは、2007年に11型の民生用有機ELテレビ「XEL-1」を発売。その後業務向け
      モニタなどは販売していたが、民生用の有機ELテレビの発売は約10年ぶりになる。A
      1シリーズは、液晶テレビ「Z9D」シリーズと並ぶフラッグシップ機に位置づけ展開し
      ていく。

       3840×2160ピクセルの4K有機ELパネルを搭載し、従来の「X1」に比べ、約1.4倍の
      処理速度を持つX1 Extremeにより、各高画質機能に最適な信号処理をすることで、高
      画質再生を実現。SDR映像をHDR映像相当にアップコンバートする「HDRリマスター」
      も備える。

       スピーカ部はなく、有機ELパネル背面の左右にアクチュエータを配し、画面を振動す
      ることで音を出すアコースティック サーフェスを搭載。画面から音が出るため、画面と
      音が一体となった映像再生体験ができる。

      【cnet】
       https://japan.cnet.com/article/35100795/
      【【製品】ソニー、有機ELテレビ『ブラビア A1』シリーズ発表!65V型で約80万円。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/04/11(火) 05:13:02.58ID:CAP_USER.net
      ソニーは、PDFなどの電子文書を“まるで紙のように読み書きできる”を追求したデジタル
      ペーパー「DPT-RP1」を6月5日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格
      は8万円前後。

      A4サイズ相当となる13.3型/1,650×2,200ドットの高解像度電子ペーパーディスプレイを搭
      載したデジタル端末。重さ約349g、厚さ約5.9mmと10型以上のディスプレイ採用では、世
      界最薄最軽量という。16GBのストレージメモリを内蔵し、うち11GBがユーザー領域。約1
      万ファイルのPDFを保存できる。

      前機種のデジタルペーパー「DPT-S1」は、現在、文献や論文などの文書を扱う大学教員や
      医師、大量の紙を扱う税理士や弁護士などに利用され、ペーパーレス化を実現しているが、
      2世代目の「DPT-RP1」は、利用者の声を参考に、より紙のような使い勝手を実現できるよ
      う、一層の軽量化を図ったほか、前機種よりもページ送り速度を最大約2倍に高めるなどで、
      読みやすさを向上した。ディスプレイも高解像度化し、さらに字体を滑らかに表現、図や表
      の拡大にも対応する。

      また、独自開発したノンスリップパネルを画面に採用。
      ペン先の滑りを抑え、適度な抵抗感を持たせることで、
      より紙に近い書き心地を実現している。

      中略
       
      なお、4月10日付けで、ソニーセミコンダクタソリューションズと電子ペーパーを手掛ける
      E Ink Holdingsが、電子ペーパーディスプレイ事業を運営する合弁会社設立で合意。

      電子ペーパーを活用した商品や関連するアプリケーション、連携プラットフォームの企画・
      開発・設計・製造・販売などを展開する。

      合弁会社は台湾に登記され、日本における子会社は4月に発足予定。
      新会社の資本金は420百万台湾ドル(約15億円)。
      合弁会社の主要株主となるE Ink子会社と、ソニーセミコンダクタソリューションズの
      合計出資比率は約70%で、残りの株式については、ベンチャーキャピタル企業が保有
      する見込み。







      【av watch】
       http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1054079.html
      【【製品】『ソニー』“紙のように読み書きできる”A4サイズデジタルペーパー】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/11/16(水) 18:25:12.95ID:CAP_USER.net
      【buzzap】
       http://buzzap.jp/news/20161116-sony-2nd-optical-archive-drive-interbee2016/





      ディスク1枚あたり300GBという、超大容量の光ディスク「アーカイバル・ディスク」
      を活用したデータストレージ「オプティカル・アーカイブカートリッジ」。なかなか
      民生用途で使う機会は無さそうなアイテムですが、実際に触ることができました。
      詳細は以下から。

      Inter BEE 2016のソニーブース。
      1枚で最大300GB記録できる業務用の次世代光学ディスク「アーカイバル・ディスク」が
      展示されていました。アーカイバル・ディスクを11枚まとめ、3.3TBの大容量を実現した
      アーカイブカートリッジ「ODC3300R」。保存寿命は実に100年以上です。
      誤って書き込むことのないよう、セーブスイッチも登載されています。
      特別にカートリッジを透明にしたもの。ディスクが11枚重なっていることが分かります。
      そしてこれがドライブユニット「ODS-D280U」かなりの奥行き。中でカートリッジの蓋を外し、
      ディスクを奥にあるトレイにローディングして読み書きを行う仕組みとのこと。

      同ドライブを採用した拡張型ライブラリーシステムも販売中。なんと約1.7PB
      (ペタバイト=1000ギガバイト)という、圧倒的な容量を実現します。
      ちなみにアーカイブカートリッジ1つあたりの価格は1万8000円ほど。
      3TBのHDDと比べると割高ですが、比較的コンパクトな上、
      長期保存に優れているなどのアドバンテージがあります。
      【【媒体】『ソニー』寿命100年で3.3TBの大容量を実現した次世代光ディスク『アーカイバル・ディスク』を出展】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/11/10(木) 16:54:16.35ID:CAP_USER.net
      【WSJ】
       http://jp.wsj.com/articles/SB10192246251775523818204582423790280887200



       ソニーが据置型ゲーム機「プレイステーション(PS)4」を発売してからまだ3年しかたって
      いないが、同社はすでにアップグレード版の「PS4 Pro(プロ)」の投入準備を整えている。
      10日に発売されるPS4 Proの価格は米国で400ドル、日本では4万4980円。PS4の価格
      は米国で300ドルだ。ついにPSを購入しようと考えている人であれ、最新版への機種
      変更のみを検討している人であれ、プレミアム価格のPS4 Proがその真価を発揮
      できるかどうかはテレビの性能にかかっている。

       通常版のPS4とPS4 Proで楽しめるゲーム、動画ストリーミング(逐次配信)アプリは
      全く同じだ。違いはというと、PS4 Proの方がRAM(ランダム・アクセス・メモリー)容量が
      大きく、CPU(中央演算処理装置)処理速度が31%速く、2倍以上のグラフィック
      処理能力があるという点だ。

      PS4 Proでは、標準的なテレビの大半でもフレームレート(動画が1秒あたり何枚の
      画像によって構成されるかを表す数)の高いスムーズなゲームを楽しむことができるが、
      その最大の恩恵はゲームの解像度を4Kテレビ対応に拡大できることだ。

       4Kテレビの驚異は高精細(HD)テレビをしのいでいる。まだ4Kテレビを持っている
      読者は多くないかもしれないが、次に購入するテレビは恐らく1080画素が標準のHD
      テレビの4倍の解像度を持つ4Kテレビになるだろう。価格はすでに1000ドルをはるかに
      下回っている。高価格帯の4Kテレビは色彩とコントラストの精度が一段と高い
      「HDR(ハイダイナミックレンジ)」パネルを装備している。通常のPS4も現在は
      HDRに対応しているが、こうしたテレビにうってつけの機器はやはりPS4 Proだ。

       通常のPS4では1080画素が最高となり、4Kテレビに接続すると、画面がテレビに
      合わせてそのまま引き伸ばされることになる。韓国サムスンの4K対応HDRテレビ
      (55インチ)で通常版PS4を試したところ、画面が引き伸ばされたせいで光が
      ちらついたり、画像がギザギザになったりすることがあった。

      ただ、PS4 Proでゲームをすれば躍動感が目に焼き付き、
      新しいテレビが必要だと痛感させられた。

       第1次世界大戦をテーマにしたシューティングゲーム「バトルフィールド1」の環境は
      コントラストが豊富で描写が計り知れないほど細かい。PS4 Proでプレーすると、
      戦場は映画に近づいた感覚になる。また、フレームレートの高さがスポーツ
      ゲームの流れを滑らかにし、臨場感を高める。
      【【ゲーム】『ソニー』4K HDR対応の『PS4 Pro』を発売!価格は44980円】の続きを読む

        このページのトップヘ