スーパーカー : まとめらいぶ

タグ:スーパーカー

1まとめらいぶ2017/03/08(水) 20:16:20.38ID:CAP_USER9.net
英高級車マクラーレン・オートモーティブは8日、新型スポーツ車「720S」を
発表した。新開発の排気量4.0リットルのV型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、
最高出力は720馬力。停止状態から100キロまで2.9秒で加速する。車体に軽量で
剛性が高い炭素繊維を採用し、車重は1283キログラムに抑えた。

 希望小売価格は3338万3千円。国内では7月から納入を始める。アジア太平洋
地域の責任者を務めるジョージ・ビッグス氏は同日の発表会で、「スーパーカーを
理解する成熟した日本の顧客に適したモデルだ」と話した。

【産経ニュース】
 http://www.sankei.com/economy/news/170308/ecn1703080020-n1.html

【画像】 
 http://www.sankei.com/economy/photos/170308/ecn1703080020-p1.html

 http://www.sankei.com/economy/photos/170308/ecn1703080020-p2.html

 http://www.sankei.com/economy/photos/170308/ecn1703080020-p3.html

 http://www.sankei.com/economy/photos/170308/ecn1703080020-p4.html

 http://www.sankei.com/economy/photos/170308/ecn1703080020-p5.html

 http://www.sankei.com/economy/photos/170308/ecn1703080020-p6.html

 http://www.sankei.com/economy/photos/170308/ecn1703080020-p7.html

 http://www.sankei.com/economy/photos/170308/ecn1703080020-p8.html

 http://www.sankei.com/economy/photos/170308/ecn1703080020-p9.html
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1まとめらいぶ2016/04/14(木) 22:00:32.67ID:CAP_USER.net
Response









米国の自動車大手、フォードモーターは4月13日、
新型フォード『GT』の受注を開始すると発表した。

新型フォードGTは2015年1月、デトロイトモーターショー15で発表。

先代が2006年に生産を終了して以来、9年ぶりに復活。時代の要請に応え、
新型は環境性能に配慮したスーパーカーとして誕生した。

パワートレインは、フォード自慢の環境エンジン、「エコブースト」。

ミッドシップには、新開発の3.5リットルV型6気筒ガソリンエンジンを、
2個のターボで過給したユニットが収まる。トランスミッションは
7速デュアルクラッチで、トランスアクスルレイアウトを採用。

最大出力は、600hp以上を引き出す。

今回、フォードモーターは、新型フォードGTの受注を開始すると発表。

専用のオンラインコンフィギュレーターを立ち上げ、
内外装のイメージを確認できるようにした。

また、フォードモーターは、新型フォードGTが
2年間で500台の限定生産車になることも発表。

最初の受注は5月12日に締め切られ、初年250台、
2年目250台を生産するとしている。


関連

新型「フォードGT」の購入希望者に厳しい審査 

頻繁に運転する人が優先

【autoblog】
 http://jp.autoblog.com/2016/02/11/ford-vetting-process-gt-sales/
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1まとめらいぶ2016/03/03(木) 23:12:46.48ID:CAP_USER.net
Response】 

イタリアの高級スポーツカーメーカー、ランボルギーニが3月1日、
ジュネーブモーターショー16で初公開した『センテナリオ』。

価格は日本円で2億円を超えるが、
発表の時点で限定40台は完売しており、
「完売御礼」のワールドプレミアとなった。

センテナリオは、ランボルギーニの創業者、
フェルッチオ・ランボルギーニ(1916年生まれ)の生誕100周年を記念する限定モデル。

クーペ20台、ロードスター20台の合計40台が限定生産される。

センテナリオは、わずか40台のために専用ボディを設計。

エアロダイナミクスを追求したデザインが特徴で、とくにアグレッシブな
リアディフューザーや格納式のリアスポイラーが目を引く。

モノコックにフルカーボンファイバー製ボディを組み合わせ、
乾燥重量は1520kgに抑えられた。

ボディサイズは、全長が4924mm、全高が1143mm。

インテリアは、基本的にフルオーダー仕様。

カーボンファイバー製スポーツシートをはじめ、カーボンやアルカンターラを使った
ステアリングホイール、サンバイザー、ドアパネルなどが選択できる。

駆動方式はフルタイム4WDを基本にしながら、
センテナリオには新開発の後輪操舵システムを採用。

低速走行時、ステアリングホイールの舵角とは反対方向に後輪をステア。

方向転換の際には、最小回転半径を短縮する。

一方、高速走行時には、ステアリングホイールの舵角方向に後輪ステアが連動。

安定性や車両のレスポンスを高める。

ミッドシップには、『アヴェンタドール』用がベースの6.5リットル
V型12気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載。

最大出力は770hpと、ランボルギーニ史上最強のパワーへ引き上げられた。

パワーウェイトレシオは、1.97kg/hp。この結果、センテナリオは0-100km/h加速2.8秒、
最高速350km/hオーバーという圧倒的パフォーマンスを実現した。

センテナリオの価格は、税別で175万ユーロ(約2億1685万円)から。

創業者の生誕100周年記念車で、専用ボディ、フルオーダー内装、
そして少量限定車という点が世界の富裕層の購買欲を刺激し、
初公開を前に40台のオーダーリストは埋まった。

ランボルギーニをはじめ、フェラーリやマクーラーレンなどのスーパーカー
ビジネスの好調さを、またひとつセンテナリオが証明した形となった。







続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ