タグ:スーツ

1まとめらいぶ2016/07/15(金) 14:56:31.99ID:CAP_USER.net
wooris

放っておいても給料が右肩上がりにはならない時代。夫の給料が伸び悩んでしまい、
描いていた未来予想図と現実がちょっと異なってきた……、
という方も少なくないと思います。

そうなってくると、さまざまな部分で出費を削って家計を守る必要が出てきます。
しかし不用意に予算をカットしてしまうと、夫の出世や年収アップがさらに遠のいて
しまう、要注意なポイントがあるというのです。

それはスーツ選び。
そこで今回は、高品質なシャツ専門店チェーンを全国200店舗展開する
東京シャツが行った「家計と仕事着に関する調査」を基に、夫のスーツ
選びで不用意に削ってはいけないポイントを紹介します。

■ 低収入の夫を持つ妻は“とにかく安いスーツ”を着させようとする
ご主人が普段来ていく仕事着、例えばスーツやネクタイ、シャツはどういった
基準で選んでいますか?なかなか夫の給料が伸びない、でも出費は増えて
いくばかり……。そうなってくると、夫の仕事着はできるだけ「安く済ませよう」
としてしまいますよね?しかし、冒頭で紹介した調査によれば、男のスーツ
(仕事着)は安さだけで選ばない方が良いそうなんです。全国に住む
20~50代の女性200名に対して「夫の仕事着を購入する際、
どのようなポイントで選んでいるか?」と質問したところ、
高収入の夫を持つ(夫の稼ぎがいいと思う)方ほど、
「夫の好みかどうか」(37.7%)に次いで「商品の品質」
(35.8%)を重視していると分かります。

一方で低収入の夫を持つ(夫の稼ぎが良くないと思う)女性は、
「価格の安さ」(30.9%)を最大のポイントとして挙げています。

もちろん、“夫の収入が悪いから品質にまでこだわってあげられない”という実情は
あるのだと思います。しかし、やはり見た目はその人の評価を左右してしまいます。
例えば安っぽいスーツを着ている男性と、普段から高品質の仕事着を着ている男性。
同じお客さんに営業をしても、同じ内容を会議でプレゼンしても、結果や印象が
変わってきそうな気がしませんか?家計が苦しいからといって、品質の良さを
全く無視した仕事着を買い与え続けていると、気がつけば夫の低所得が
固定化してしまう恐れも……。

■ 高収入の男性は仕事着に“高品質”を求めている
実際に男性の意見を調べてみると、高収入の人の方が、高品質の仕事着に袖を
通して上手に仕事のモチベーションを高めているとも分かります。冒頭の調査には
「モチベーションが上がる仕事着は?」との質問もありますが、年収600万円以上の
男性の54.4%は「素材が良い仕事着」と答えています。
他の選択肢の中でも第1位の得票数。

一方で年収600万円未満の方は、「清潔さ」(49.5%)を第一にチョイス。
「素材の良さ」は41.2%と第2位です。普通に考えて、素材も仕立てもいい
パリッとした高品質の仕事着を着れば、誰でも一気に気分が上向きになるはず。

にもかかわらず年収の低いグループの男性から「素材の良さ」が第1位に
挙げられなかった理由は、深読みすれば普段から高品質のスーツを着る
機会そのものが少ないからとも考えられます。「安さが一番」と考える
のではなく、限られた予算の中でも、夫の仕事着にはできるだけ
高品質の物を選んでみてください。そうした配慮はきっと夫にも
伝わります。夫の心構えやモチベーションに
いい影響が出てくるはずですよ。

以上、高収入男性とその妻ほど仕事着の品質にこだわっていると分かりました。
高品質のスーツを毎日パリッと着させて仕事に励んでもらえば、数年後に
気がつくと年収が大きく上がっているかもしれませんね。

スーツ女子

【イメージ画像】
続きを読む

1まとめらいぶ2016/06/07(火) 15:33:23.16ID:FDZGtjjN0.net BE:822935798-PLT(12013)
スーツを着たイタリア代表は、たぶん世界で一番かっこいい

Qoly

イタリア人











ドイツ人











続きを読む

1まとめらいぶ2015/10/09(金) 23:09:31.84ID:QmG9TMqP0 BE:284465795-PLT(13000)
【YouTube】
 https://www.youtube.com/watch?v=SjnBXxqyn44

スーツはタクティカル・アサルト・ライト・オペレータスーツ

(Tactical Assault Light Operator Suit)

と呼ばれ、その頭文字をとって「タロス(TALOS)」と名付けられました。



そのスーツは弾丸を弾き、暗視能力にすぐれ、怪力で重いモノを
軽々と持ち上げ、負傷した場合には泡で傷口をふさぎます。まるで
アメコミに登場するヒーローのような、そんな戦闘用スーツが、
米陸軍の研究者たちにより開発されています。

ハイテクニュース
続きを読む

↑このページのトップヘ