タグ:スマホ

1まとめらいぶ2017/12/22(金) 19:08:05.64ID:CAP_USER.net
「若年層ほどiPhoneを好む」

LINEは12月22日、こんな調査結果を発表した。スマートフォンでネットを
利用している10~20代の7割以上がiPhoneを使っているという。



スマホユーザー607人のうち、iPhoneユーザーは58%で、Androidユーザー44%を
上回った。40~50代ではiPhoneよりもAndroidユーザーがわずかに上回った。

 日常的にインターネットを利用する環境は「スマホのみ」が46%で最多。「スマ
ホとPCの併用」は39%、「PCのみ」は7%にとどまった。スマホを使ったネット
利用は全体の85%を占める。



 調査は2017年10月に実施。全国15~59歳の男女763人に留置調査を実施した。
同社は15年から半期に1度、スマホなどでのインターネット利用に関する定点
調査を行っている。

【IT media NEWS】
 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1712/22/news103.html
続きを読む

1まとめらいぶ2017/10/28(土) 23:00:31.53ID:2UfPr05a.net
iPhoneXをキャリア分割で買って電車でドヤ顔するやつおりゅ?

そうです私です!

いくら本体が高くても分割で買えるし審査もない

貧乏人がドヤれるのは

そう iPhoneだけ!

iPhonex

【イメージ画像】
続きを読む

1まとめらいぶ2017/10/27(金) 09:48:16.69ID:CAP_USER.net
年前なら阿鼻叫喚となったであろう場面も、今ならみんなが満足です。
飛行中の航空機内で、乗客にGalaxy Note 8をプレゼントするサプ
ライズキャンペーンがSamsungによって行われました。

乗客は大喜び!

929ドル(約106,000円)と、決して安くはないGalaxy Note 8を機内で手にした
幸運の200名は、イベリア航空のア・コルーニャ発マドリッド着の航空機に乗り
合わせた人々です。どのような心境でNote 8を受け取ったのかは定かではあり
ませんが、公開されている動画では皆が大盛り上がりです。

なぜこんなイベントをSamsungが企画したのかを考えるにあたって、
昨年に起きたGalaxy Note 7の発火事件は外せません。

バッテリーの不具合から、突然Note 7が発火するという報告が世界中で相次ぎ、
最終的には販売された端末すべてがリコール対象となりました。もちろん、
Note 7を機内へ持ち込むことはできず、いたずらでWi-Fiスポットの名前を
Note 7にしただけでダイヤに乱れが生じるという事件まで起きる始末でした。

残念ながら、国際的なキャンペーンではなく、あくまでもスペインのSamsungに
よる局地的なイベントのようですが、信頼を取り戻すにはこれ以上ないほど
効果的な作戦でしょう。



【iPhone Mania】
 https://iphone-mania.jp/news-190966/
続きを読む

1まとめらいぶ2017/10/19(木) 15:37:35.12ID:CAP_USER.net
発売前のAppleのiPhone Xが他の新モデルと並んでいる写真が投稿されました。
iPhone8とiPhone8 Plusを脇に置くと、iPhone Xの素晴らしさがひしひしと
伝わってきます。

先月発売された新モデルのiPhone8とiPhone8 Plusは両者とも
秀逸なスマートフォンであることには間違いありません。

iPhone8、iPhone8 PlusともにMacBook Proにも劣らない速さのA11
Bionicチップを搭載し、iPhone8 Plusのカメラはデジカメが時代遅れに
思えてくるほどのクオリティです。

しかしながら、RedditユーザーMessiLovesCR7によって
投稿された下の画像を見てください。



iPhone Xの一番の魅力はなんといってもそのデザインにあるといわれています。

2014年以来の新デザインのiPhoneであり、ステンレス鋼とガラスの構成は
他にライバルが見つからないほどのエレガンスさがあります。

百聞は一見にしかずといいますが、他のモデルと並べるだけでここまで
違いが際立つとは、驚きとしか言いようがありません。

iPhone Xの予約受付は10月27日に開始され、発売は11月3日です。

【iPhone Mania】
 https://iphone-mania.jp/news-189781/
続きを読む

1まとめらいぶ2017/10/20(金) 20:31:20.69ID:CAP_USER.net
ソフトバンクは10月20日、11月3日に発売予定の「iPhone X(テン)」の価格を
発表した。一括購入した場合、64Gバイトモデルは13万1040円で、
256Gバイトモデルは14万9280円となる。



「月月割」を適用した場合の実質負担額は、64Gバイトモデルの24回払いでは、
機種変更が6万3600円、新規契約と乗り換え(MNP)が5万4000円。48回払いで
購入し、25カ月目以降に使っているiPhoneの下取りまたは機種変更で、残りの
支払いが不要になる「半額サポート for iPhone 」を適用した場合は、機種変更
が3万1800円、新規・MNPが2万7000円となる。

 256Gバイトモデルの実質負担額は、24回払いの場合、機種変更が8万1840円、
新規・MNPが7万2240円。48回払いで半額サポート for iPhoneを適用した場合は、
機種変更が4万920円、新規・MNPが3万6120円となる。

 iPhone Xは、有機ELの全面ディスプレイを採用した5.8インチのモデル。
従来機に搭載されていたホームボタンが非搭載となり、指紋認証のTouch IDも
廃止。代わりに、顔認証の「Face ID」を採用している。

【c-net japan】
 https://japan.cnet.com/article/35109128/
続きを読む

1まとめらいぶ2017/10/18(水) 12:28:54.28ID:CAP_USER.net
NTTドコモは、2つの画面を搭載した折りたたみ型のAndroid
スマートフォン「M Z-01K」を2018年1月に発売する。



 「M Z-01K」は、ドコモが企画を主導する形でZTEと開発した2画面のスマートフォン。
北米と欧州でも、ZTEのAXONブランドで展開される。

 2つの画面は、縦に持った状態で左右に開閉するタイプ。開くと5.2インチの画面が
左右に2つ並び、合わせて約6.8インチ相当になる。閉じると表裏どちらにも画面が
向く形。Androidのマルチウィンドウ機能を活用する形で、2つの画面にそれぞれ
別のアプリを表示できるほか、1つのアプリを一画面で表示するモード、ミラー表示、
左のメイン画面のみ使用するという、4つの画面モードが用意されている。

 本体をすこしだけ開いた形にするスタンドスタイルでの利用も可能。
スタンドスタイルでミラー表示にすれば、卓上などで向かいにいる人にも同じ画面を
見せられる。高音質スピーカーが搭載され、立体音響技術のDOLBY ATMOSも
サポートされる。

 ディスプレイは約5.2インチ、1920×1080ドットの液晶ディスプレイが2つ。
メモリー(RAM)は4GB、ストレージは64GB。カメラは2030万画素。

 通信速度は理論値で下り最大500Mbps、上り最大50Mbpsがサポートされる。
OSはAndroid 7.1。おサイフケータイには対応しない。外部端子はUSB Type-C。

 大きさは約151×72×12.1mmで、重さは約230g(いずれも予定)。

【ケータイWatch】
 https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1086634.html
続きを読む

1まとめらいぶ2017/10/10(火) 17:51:25.38ID:CAP_USER.net
ファーウェイ・ジャパンは、若者をターゲットにしたAndroidスマートフォン
「honor 9」を10月12日に発売する。価格は5万3800円(税抜)。従来、honor
シリーズは楽天経由でのみ販売されてきたが、今回はIIJmioやイオンモバイル、
gooSimsellerなどでも取り扱われる。

 honor 9は、HUAWEI P10/P10 Plusなどの端末と同様にデュアルカメラを搭載した
モデル。背面はカメラ部を含め出っ張りが無いフラットな形状で、15層のレイヤーで
光の反射を演出。3D曲面ガラスを採用するなどしてデザイン性を高め、若者向けに
訴求していく。ボディカラーは、サファイアブルーとグレイシアグレーの2色が
基本となるが、楽天モバイルのオリジナルカラーとしてミッドナイトブラックが
用意される。

 背面のカメラは、2000万画素のモノクロセンサーと1200万画素のカラーセンサーの
組み合わせ。P10/P10 Plusのようなライカとのコラボは無いが、2つのカメラを使った
ハイブリッドズームやポートレートモードなど、多彩な撮影機能を実現している。
インカメラは800万画素。

ディスプレイ下部にホームキーを兼ねた指紋センサーを装備しており、その両脇に
バックキーやタスクキーの役割を果たすタッチセンサーも搭載されている。設定に
より、キーの機能の入れ替えを行ったり、指紋センサー上にバックキーや
タスクキーの機能を割り当てたりすることもできる。

 チップセットはKirin 960(2.4GHz×4、1.8GHz×4のオクタコア)で、
メモリー(RAM)が4GB、ストレージ(ROM)が64GB。外部ストレージは、
最大256GBのmicroSDカードに対応。ディスプレイは5.15インチ、1080×1920ドット
(フルHD)のIPSパネル。OSはAndroid 7.0を搭載して出荷される。バッテリー容量は
3200mAhで、充電端子はUSB Type-C。付属のACアダプターにより
9V/2Aの急速充電が行える。

 通信方式は、FDD-LTE(B1/3/5/7/8/19/20)、TDD-LTE(B38/40)、
W-CDMA(B1/2/5/6/8/19)、GSM(850/900/1800/1900MHz)に対応。
下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsでの通信をサポート。デュアル
SIMスロット(nano)を装備し、4G+3GのDSDSに対応する。
無線LANはIEEE802.11a/b/g/n/acに対応。Bluetooth 4.2、
NFCもサポートする。



【ケータイWatch】
 http://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1084833.html
続きを読む

1まとめらいぶ2017/09/25(月) 17:31:39.92ID:CAP_USER.net


次こそ出ると言われ続けながら、なかなか世に現れない製品が、どこのスマートフォン
ベンダーにもあるものです。例えば、Appleはベゼルレスデザインの有機EL(OLED)
ディスプレイで、ワイヤレス充電を搭載したスマートフォンの登場が毎年のように
噂されていました。しかし、AppleがiPhone Xで実現してしまった今、今度は
Samsungの「折りたたみ可能なスマートフォン」に注目が集まっています。
認証機関から申請が許可される

折りたたみ可能なスマートフォンこと「Galaxy X」については、2015年頃から
Samsungが開発していることが噂され続けてきました。2017年4月には「プロト
タイプがすでに存在し、2017年半ばに限定モデルとして登場する」と言われて
いましたが、9月になっても一向に発売の話は聞こえてきませんでした。

しかし、ニュースサイトAndroidGuysによると、最近になって韓国の国立電波
研究院がSamsungのそれらしきスマートフォンを認証したことが分かったそう
です。モデル番号は「SM-G888N0」とされており、現在市場に出回っている
Samsungのデバイスのどれとも異なります。認証が正式なものであること
から、韓国を皮切りとして発売が近いのではないか、と同サイトは推測
しています。新たなスマートフォンの潮流となるか

ただし、新たに認証が行われた端末は、BLuetooth 4.2とAndroid 6.0.1で登録が
なされており、現行の最新規格がそれぞれBluetooth 5.0とAndroid 8.0 Oreoで
あることを思うと、幾分か「時代遅れ」の印象を受けるのは否めません。

もちろん、発売するにあたって、装いを新たに販売される可能性もありますが、
「Galaxy X」が新たなスマートフォンの潮流を創るフラッグシップモデル
として発売されるのか、コンセプトモデルとして発売されるのかも気に
なるところです。ひとまず、今度こそ発売される望みをいだきながら、
続報に注視といったところでしょうか。

【iPhone Mania】
 https://iphone-mania.jp/news-186344/
続きを読む

↑このページのトップヘ