『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.6.20

      スマホ

      1まとめらいぶ2017/08/11(金) 11:33:54.92ID:CAP_USER.net


      LGの次のスマートフォンはレンズがすごい。

      LGはVシリーズの次期フラグシップ端末「V30」を
      8月31日に発表することを明らかにしました。

      V30には、スマートフォン史上最も明るいF1.6の明るいレンズを搭載します。
      デジタル一眼レフカメラのレンズでも中々見ないF1.6という大口径レンズ。
      それがポケットサイズのスマートフォンで実現できるまでに技術は進化して
      いるようです。ちなみに、現時点で一番明るいレンズを搭載するスマート
      フォンは、サムスンのGalaxy S8のF1.7です。



      LGの発表によると、V30に「クリスタルクリアレンズ」を採用したことにより
      従来のプラスチックレンズよりも高い集光能力と色再現性を実現したとのこと。
      前機種のV20と比べて、V30のリアカメラモジュールは広角撮影時のエッジの
      歪みを3倍カットしながら、レンズのサイズは30%小さくなり、さらにレーザ
      ー検出AF、光学手ブレ補正と電子式手ブレ補正を搭載し、より高精細な写真
      が撮影できるようになりました。

      SlashGearが報じるところによると、LG V30には、P-OLEDスクリーン、チップ
      はクアルコムのSnapdragon 835、メモリは4GB(もしくは6GB)、Quad DAC
      のオーディオシステム、ワイヤレス充電機能が搭載されるとのことです。

      同じ韓国勢、サムスンのフラッグシップ機Galaxy Note 8は、8月23日に発表、
      9月15日から発売すると報じられています。iPhone 8の噂も続々と。2017年
      の最新スマートフォンはどこまで限界に挑むことができたのか。
      その答えが楽しみです。

      【gizmodo】
       http://www.gizmodo.jp/2017/08/lg-v3-16-lens.html
      【【スマホ】スマートフォン史上最も明るいF1.6レンズがLG V30に搭載、8月31日に発表。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/07/26(水) 09:52:42.32ID:CAP_USER9.net
      NHK受信料制度等検討委員会は25日、テレビ番組を放送と同時にインターネットに流す
      「常時同時配信」を実施した場合、テレビを持たずにネットだけで番組を視聴する世帯から
      も受信料を徴収することに、「一定の合理性がある」とする答申を上田良一会長に提出した。

       答申では、常時同時配信を「NHKが放送の世界で果たしている公共性をネットを通じて
      発揮するサービス」と位置付けた。既に放送受信契約を結んでいる世帯に追加負担は求めず、
      パソコンやスマートフォンなどを所持し、常時同時配信が視聴可能な環境を作った世帯を
      負担の対象とするのが適当だとした。

       一方、ネット視聴の受信料負担に理解が得られるまで時間がかかるとして、個別の利用に
      応じて料金を支払う仕組みや、一定の期間は負担を求めないといった暫定措置を検討するこ
      とも求めた。

      【読売オンライン】
       http://yomiuri.co.jp/culture/20170725-OYT1T50112.html


      【【NHK】ネット配信、受信料徴収『一定の合理性』PCやスマホ所持者が対象】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/06/08(木) 18:06:42.78ID:CAP_USER.net
      ソフトバンク コマース&サービスは、2015年にアメリカのSIMフリースマホ市場で
      シェア1位を獲得したという、「BLU」の端末の取り扱いを開始すると発表した。
      LTE対応「GRAND X LTE」と3G対応「GRAND M」をそれぞれ6月30日、
      6月16日に発売する。価格は1万2800円と7800円。



      2機種ともに5型ディスプレーを搭載。スペック的には価格相応のエントリークラスで
      あるものの、メタル素材による高級感のある筐体が特長とのこと。また、TPU製の専
      用ケースも標準で付属する。もちろん国内向けの主要周波数にも対応している。

       GRAND X LTEの主要スペックは、HD解像度の5型液晶、
      クアッドコア(Cortex-A53)のMediaTek MT6737 1.25GHz、1GBメモリー、
      8GBストレージ、8メガカメラ(イン5メガ)、2400mAhバッテリー、Android 7.0など。
      インカメラにもフラッシュを搭載する。カラバリはブラック、シルバー、ゴールド、
      ローズゴールドの4色。

      一方さらにエントリークラスとなるGRAND Mは、FWVGA(480×854ドット)の
      5型ディスプレー、クアッドコア(Cortex-A7)のMediaTek MT6580 1.3GHz、
      512MBメモリー、8GBストレージ、5メガカメラ(イン3.2メガ)、2200mAh
      バッテリー、Android 6.0など。カラバリはブラック、シルバーの2色。



       BLUは米フロリダ州マイアミに本社を置き、アメリカ大陸を主要な市場とする
      2010年設立の新興スマートフォンメーカー。すでに日本語サイトも立ち上がっている。
      山根博士によるアメリカのイベントでの同社ブース取材記事はこちらから。

      【アスキー】
       http://ascii.jp/elem/000/001/496/1496517/
      【【スマホ】アメリカで人気の格安SIMフリースマホ『BLU』が日本上陸! ソフトバンクで7800円www】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/06/02(金) 14:45:18.62ID:CAP_USER.net
      ポータブルオーディオの専門店e☆イヤホンを展開するタイムマシンは6月2日、
      ヘッドホン、イヤホンの試着がスマホでできる「e☆イヤホン“ヘッドホン&イヤ
      ホン” 3Dバーチャル試着サービス」の提供を開始した。顔認識やAR技術を活用
      することで、立体的な3Dモデルの試着ができる。



      3Dバーチャル試着サービスは、ヘッドホン、イヤホンをスマートフォンを使って
      試着できるというもの。無料の「VirTry」アプリをダウンロードし、スマートフォ
      ンで撮影した自分の写真を使ってできる。

       顔認識やAR技術を活用することで、ヘッドホンやイヤホンが自動追従し、自動
      アングル調整が可能。鏡を見ているようなリアルな試着体験ができるとしている。

       試着できるイヤホン、ヘッドホンは、e☆イヤホンWeb本店の販売ページからす
      ぐにアクセスすることが可能。各パーツのサイズ比や色、素材、質感なども精巧
      に再現しており、ディテールも細かくチェックできる。

       モーションステッカーやカラーフィルタで装着イメージに装飾を加えられるほか、
      「動物顔ステッカー」「レトロ写真風フィルター」なども用意。Facebook、Twitter、
      LINEなどへの共有機能も備える。

       現時点で試着できるのは、ソニー、ヤマハ、エレコム、Bowers&Wilkins、Fidue、
      Mix-Styleなどの6ブランド、9商品。カラーバリエーションにも対応する。今後はその
      ほかのブランドも取りそろえていく予定だ。

      【c net Japan】
       https://japan.cnet.com/article/35102172/
      【【AR】e☆イヤホン、ヘッドホンの試着がスマホでできる新サービス!顔の動きに追従。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/05/30(火) 14:32:18.015ID:8u2X05Uu0.net


      もはや本当に同時期に発売したスマホなのかと疑うレベルwwww
      【【スマホ】最新のXperiaとGalaxyの実機比較画像でXperiaが公開処刑wwwww】の続きを読む

        このページのトップヘ