タグ:スマホ

1:まとめらいぶ 2019/10/06(日) 19:57:43.59 ID:fKKi5ZMK0● BE:659060378-2BP(8000)
pixel4

有機EL 5.7インチ
スナドラ855
RAM6GB
128GBストレージ
バッテリー2800mAh

画像

no title

スペック

no title

引用元: Googleのスマホpixel4発売(画像あり)

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2019/09/25(水) 07:33:10.03 ID:CAP_USER
 中国Xiaomiは9月24日(現地時間)、1億800万画素のイメージセンサーを搭載した
スマートフォンのコンセプトモデル「Mi MIX Alpha」を発表した。側面や背面まで覆う
ディスプレイも搭載する。「量産性やコストを度外視した」としており、12月下旬に
少量の台数を販売するという。価格は約30万円(1万9999人民元)。

no title

 1億800万画素(1万2032×9024ピクセル)のイメージセンサーは韓国Samsung Electronicsと
共同開発した「Samsung ISOCELL Bright HMX」。センサーサイズは1/1.33インチで、
高級コンパクトデジタルカメラが搭載する1インチセンサーに迫る大きさ。

 画素ピッチは0.8マイクロメートル。4画素を束ねて1つの画素として扱うSamsungの画素
加算技術「Tetracell」を採用し、低照度下でも光を取り入れながら2700万画素の画像を撮影
できるという。4軸の光学式手ブレ補正にも対応する。1億画素カメラの他に、2000万画素
センサーの超広角カメラと1200万画素センサーの望遠カメラも搭載する。

 Mi MIX Alphaが搭載する「フルスクリーンディスプレイ」は、前面から側面、背面までを
1枚のディスプレイで覆うもの。ディスプレイが端末前面を占める割合は、
「180.6%を実現した」(同社)という。

 通常のスマートフォンとは異なる構造であるため、内部の基板からディスプレイ層、
タッチパネル層、保護層と、内側から1層ずつ包んでいく組み立て方式を採用した。

 その他、中国向けの5G対応や、米Qualcommの「Snapdragon 855+」や12GB
メモリ・512GBストレージ搭載などのハイエンド構成をうたう。

【IT media NEWS】
 https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/24/news133.html

引用元: 【スマホ】「1億画素カメラ」搭載スマホ、Xiaomiが発表 “背面まで覆うディスプレイ”採用

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2019/09/25(水) 13:37:51.55 ID:CAP_USER
 シャープは、スタンダードシリーズのAndroid スマートフォン「AQUOS sense3」を発表した。
2019年冬モデルとして秋以降に登場する。

no title

 「AQUOS sense3」はAQUOSシリーズ史上最大となる4000mAhのバッテリーを搭載する
Androidスマートフォン。省エネ性に優れたIGZOディスプレイを搭載しており、1週間の電池
持ちを実現した。動画であれば20時間以上の連続再生が可能としている。

 メインカメラには、121度の広角カメラと標準カメラのデュアルカメラを搭載。被写体の動きに
応じて、AIがシャッタースピードや露光などを自動で調整したり、動画の見どころを抽出し、
15秒のダイジェストムービーを作成する「AIライブストーリー」を搭載する。

 IPX8の防水、IP6Xの防塵性能をもつほか、文字やアイコンを大きくする「かんたんモード」
などの基本機能も充実している。

 また、高いセキュリティレベルと安定したネットワーク通信を実現するsXGP規格に対応し、
法人用途としても安心して利用できる。

主なスペック
 出荷時のOSは、Android 9。チップセットは、Snapdragon 630。4GBのRAMに64GBの
ストレージを搭載する。ディスプレイサイズは、5.5インチ(フルHD+ 2160×1080)で
IGZO液晶ディスプレイ。

 カメラは、標準カメラが1200万画素でf2.0、広角カメラが1200万画素でf2.4。ともに電子式
手ブレ補正を搭載する。インカメラは、800万画素でf2.2。

 無線LANはIEEE802.11a/b/g/n/acに対応する。バッテリー容量は4000mAhで大きさは147×70×8.9mm、重さは167g。顔認証と指紋認証、おサイフケータイに対応する。

【ケータイ Watch】
 https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1209007.html

引用元: 【スマホ】シャープ、4000mAhのバッテリーの「AQUOS sense3」

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2019/09/20(金) 18:25:48.64 ID:CAP_USER
 iPhone・iPad用の最新iOS“iOS 13”の配信がスタートしました。1.9GBもの非常に大きな
アップデートとなっています。

ゲーマー的にはPS4コントローラが使えるようになり、カプコンなどの有名メーカーも
参加している“Apple Arcade”への対応がうれしいところ。

 黒を基調として見た目的にかっこよく、バッテリーの消費も抑えられるダークモードへの対応も
ポイントです。暗い場所でも画面を見やすくなり、目が疲れにくくなるメリットは大きいですからね。

・PS4、およびXboxのワイヤレスコントローラをサポート
・100以上のゲームが用意された“Apple Arcade”の追加
・ダークモードによる新しい外観の実装
・写真のブラウズや編集方法の改善
・1回のタップでAppやWebサイトにサインインできるサインイン方法が追加
・システム全体の最適化による、処理速度と応答性の向上

 とにかく内容盛りだくさんのアップデートとなっており、よりiPhoneが使いやすくなります。
ただし、一部アプリはまだOSアップデートに対応しておらず、ゲームなどがプレイできなくなる
可能性もあるので、アップデートの際には注意しましょう。

【電撃オンライン】
 https://dengekionline.com/articles/12936/

引用元: 【スマホ】iOS13でPS4コントローラーが利用可能に

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2019/09/11(水) 06:32:58.47 ID:CAP_USER
 米Appleは9月10日(現地時間)、iOS搭載スマートフォンの新モデル「iPhone 11 Pro」と
「11 Pro Max」を発表した。昨年発売した上位モデル「XS」「XS Max」の後継機に相当し、
背面に初の3眼カメラを搭載。日本などで13日から予約を受け付け、20日に発売する。
11 Proは10万6800円、11 Pro Maxは11万9800円から(以下、税別)。

no title

no title

 11 Proは5.8インチ(2436×1125ピクセル、458ppi)、11 Pro Maxは6.5インチ
(2688×1242ピクセル、458ppi)の有機ELディスプレイを搭載する。

 背面カメラは、有効1200万画素の広角レンズ(F1.8)と望遠レンズ(F2.0)、超広角レンズ
(F2.4)の3眼カメラを採用し、2倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト、最大6倍のデジタル
ズームに対応。最大60fpsの4K動画も撮影できる。前面カメラは有効1200万画素のTrueDepthカメラ
(F2.2)。暗い場所でも写真を美しく撮れる「ナイトモード」の他、機械学習を活用し、
被写体の顔を認識して明るさを調整する機能も備える。

 プロセッサは「A13 Bionic」チップを採用。機械学習の処理のために
8コアのニューラルエンジンも搭載する。

 カラーは、ミッドナイトグリーン、スペースグレー、シルバー、ゴールドの4色。11 Pro、
11 Pro Maxのバッテリー駆動時間は、前モデルのXS、XS Maxと比べるとそれぞれ4時間、
5時間長くなったという。防水・防じん性能は、IP68等級。最大水深4メートルで最大30分間
耐えられるとしている。

 11 Proの本体サイズは144(高さ)×71.4(幅)×8.1(厚さ)ミリ、重さは188グラム。
11 Pro Maxの本体サイズは158(高さ)×77.8(幅)×8.1(厚さ)ミリ、重さは226グラム。

 11 Pro、11 Pro Maxともにストレージ容量ごとに3種類のモデルをラインアップ。11 Proは、
64GBが10万6800円、256GBが12万2800円、512GBが14万4800円。11 Pro Maxは、
64GBが11万9800円、256GBが13万5800円、512GBが15万7800円。

【IT media NEWS】
 https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/11/news063.html

引用元: 【スマホ】Apple、3眼カメラ搭載「iPhone 11 Pro」「11 Pro Max」発表

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

↑このページのトップヘ