タグ:スポーツカー

1まとめらいぶNG NG BE:123322212-PLT(13121).net



 大胆にも「クリミア」と命名された、ピカピカの新型コンバーチブルは、見た目は、
ポルシェ・ボクスターやロータスに似ているが、お値段はお笑いの、たった約120万円。
実は、これはロシア国産車「ラーダ」をベースにしているのだが、誰も決してそうは
思うまい。

 この車のデザインは大胆だ。コンパクトで、光沢のあるオレンジと黒のコンバーチブル、
スポーティーなスタイル。エンジンは後部に配置されている。その思い切った外観から
して、ベースがロシア車「ラーダ・カリーナ」だとは、よもや誰にも分かるまい。
ところが実は、新型スポーツカーのコンポーネントの70%は、ラーダのそれなのだ。

 この誇らしげに「クリミア」と命名された新スポーツカーが、ありふれた大衆車
「ラーダ・カリーナ」に基づいているとは、誰も思うまい。その華麗なデザインには、
ロシア人が国産車の名をふつう連想するようなものは皆無だ。

 とはいえ、この車のエンジニアによれば、このモデルは、ラーダの生産ラインから
事実上独立しているという。いざというときは、これと同じ車が、エンジニアの要求に
合いさえすればだが、ほかのどんなプラットフォームでも組み立てられる。

 このロシア国産コンバーチブルには、VIP、平均、エコノミーの、3つの異なる
価格帯がある。外国の類似のモデルとは違って、価格のカテゴリーごとに、基本
デザインのバリエーションの範囲を越えた、機能的な差異がある。例えば、
VIPモデルは、より重くて、より強力なエンジンを備えている。

 とはいえ、「より強力なエンジン」という売り言葉は、あまり真に受けないほうが
いいかも。マスコミ報道によれば、この新型車の排気量1.6Lのエンジンは、ささやかな
106馬力しかない。車の軽量さ(900kg未満)が、馬力不足を補いはするものの、
この“スポーツカー”が100 km/hに達するまでには、8.5秒もかかる。

 今のところ、エンジニアたちは、このスポーツカーの需要を把握し、それに応じて
価格帯とデザインを調整しようとしているが、マスコミのほうは、新型車の価格を
11000㌦(約120万円)と見積もっている。

【RUSSIA BEYOND】
 https://jp.rbth.com/science/79203-sportcar-crimea
続きを読む

1まとめらいぶ2016/10/13(木) 08:05:24.69ID:CAP_USER.net
response



日産のグローバル戦略車として開発が噂される、新型FFライトウェイト・スポーツカーの
情報が欧州から届いた。レポートによれば、三菱を事実上傘下に収めた日産は、
1000ccクラスの2ドア・コンパクトスポーツクーペの開発をスタートさせていると言う。

レンダリングCGを見ると、2014年デトロイトモーターショーで公開された、
「スポーツセダンコンセプト」から、インスピレーションを得たフロントエンドが見て取れる。

また、スピード感のあるプレスライン、サイドへ回り込むリアコンビランプなど、
躍動感があり、「ベイビーZ」と言えそうだ。パワートレインには、三菱製エンジンが
予想されており、2018年後半のワールドプレミアを目指すと言う。
続きを読む

1まとめらいぶ2016/06/25(土) 18:24:39.51ID:CAP_USER9.net
米国を代表するスポーツカーのひとつ、
ダッジ『バイパー』の生産が、間もなく
終了することが分かった。

これは6月21日、ダッジブランドを擁する米国の自動車大手、
FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)USが明らかにしたもの。

「2017年モデルとして、6月24日から受注を開始する
5種類の限定車を最後に、バイパーの生産を終了する」

と発表している。

現行バイパーは4世代目モデル。2012年4月、ニューヨーク
モーターショー12で、SRTバイパーの名前で発表された。

バイパーには、現在のダウンサイジングトレンドとは
無縁の大排気量V型10気筒ガソリンエンジンを積む。

このV10は先代同様、排気量は8.4リットル。しかし、ピストンや
インテークマニホールド、エグゾーストバルブなどに、大幅な
改良を受けており、最大出力は640ps、最大トルクは83kgm
を引き出す。これは先代比で、40ps、5.5kgm強化された計算。

動力性能は0‐96km/h加速を3秒以下で駆け抜け、最高速は
331km/hに到達する。0‐400m加速は11秒台半ば。

2014年9月に発表された2015年モデルでは、8.4リットルV10がパワーアップ。

従来の640psから5ps引き上げられ、645psを獲得する。

6速MTも改良。

高速燃費は20マイル/ガロン(約8.5km/リットル)と、
従来比で約5%向上させた。

6月21日、FCA USは、2017年型の5種類の限定車を最後に、バイパーの生産を
終了すると発表。初代の誕生から25周年の節目に、
その歴史の幕を下ろすことになった。

FCA USの乗用車ブランドを統括するTim Kuniskis代表は、
「25年前の初代発売以来、スーパーカーの世界に数々の
新記録を打ち立て続けてきた」と語っている。


















Yahoo! ニュース
続きを読む

1まとめらいぶ2016/06/23(木) 15:19:09.67ID:CAP_USER.net
【クリッカー】
 http://clicccar.com/2016/06/23/380966/



(ホンダ S660)



ホンダが『ビート』以来、19年振りに発売した軽自動車規格の『S660』。

その兄貴分となる『S1000』に関するレポートが、
欧州からレンダリングスケッチと共に入ってきました。

「S1000」は、「S660」のボディを拡大、パフォーマンスを向上させ
グローバルモデルとして販売するモデルとなりますが、
そのボディサイズやパワートレインは気になる所です。

エクステリアデザインは「S660」の意匠を継承する可能性が高く、
ボディサイズは全長3500mm×全幅1590nn×全高1190mmという情報です。

パワートレインには、新開発の1リットル直噴3気筒VTECターボを搭載、
最高馬力は「S660」の倍、128psを発揮するといい、6速MTも勿論
ラインナップされる可能性が高いようです。

ワールドプレミアは2017年内、日本発売の可能性もあり、
予想価格は300万円以内に収まりそうです。
続きを読む

1まとめらいぶ2016/06/22(水) 08:09:03.71ID:CAP_USER.net
Yahoo! ニュース



往年の人気スポーツカーが、装いも新たに次々と登場する。日産自動車は
約9年ぶりに大幅改良した「GT-R」を、ホンダも約11年ぶりに復活させた
「NSX」の国内受注をそれぞれ今夏から始めるほか、トヨタ自動車も
1990年代に人気を集めた「スープラ」の復活を検討しているもようだ。

かつて内外で一世風靡したモデルを独自の最新技術で
別次元へとパワーアップさせ、「技術」のシンボルにする狙いがある。

 「大きな夢がかなった」
 ホンダの新型NSXの製造責任者のクレメント・ズソーザ氏は5月24日、
米オハイオ州の専用工場で開かれた量産1号車の完成記念式典で感慨深げに話した。

 新型NSXはオハイオ州にある「ホンダR&Dアメリカズ」を中心に開発。
馬573頭分のパワーを持つ“モンスター”級のハイブリッド車で、アルミニウム
などを主体とした複合素材を車両に採用して軽量化も図った。これらのこだわり
により「異次元の走行性能」(ホンダ広報)を引き出したのが特徴だという。

 ■初代は今も500万円超
 初代NSXは1990年9月に発売された。1台800万円という高額設定だった
にもかかわらず、斬新なデザインや走行性能の高さなどが受けて、バブル景気に
沸く日本を中心によく売れた。2005年12月に生産を終えるまでホンダは世界で
NSXを累計1万8737台、うち日本では7416台販売した。ただ初代は販売
終了後も高い人気を誇っており、中古車市場などで、今でも、500万円以上
の高値で取引されているケースがほとんどだ。

 その遺伝子を継ぐ新型NSXの米国内での希望小売価格は
15万6000~20万5700ドルで、初代の当初価格の2倍~2.5倍にも
達する見込み。これは後継の競合車種を同価格帯のポルシェ「911ターボ」
やアウディ「R8」に置き、走りへ徹底的にこだわったためだという。ホンダは
後継車について「走りへのこだわりという当社のメッセージを強く受け取った、
財力のある人向けに売り込みたい」(広報)と意気込む。

 ■日産は馬力高める
 日産は、往年の人気スポーツカー「スカイラインGT-R」を「GT-R」の
名称で07年に復活。今夏には、後継投入以降では初の大幅改良を施し、
16年モデルとして売り出す予定だ。

 16年モデルは、排気量3.8リットルのV型6気筒エンジンを搭載。気筒別に最適な
点火時期を制御する技術の導入でエンジンの出力を米国仕様で565馬力と現行
モデルより20馬力高めたのが特徴だという。前面の開口部を広げて冷却性能を
向上させ、車体の骨格をより頑丈にすることで、カーブでの運転性能を一段と
安定させた。外装のデザインは車前部の開口部を広げたほか、オレンジの
新色を追加した。内装には高品質レザーを使用し、ハンドルの操作性も
向上させた。価格や国内仕様の詳細は今夏に発表する予定。
日産の西川広人副会長は4月1日のお披露目会で、
「日産のものづくりへの情熱と技術を詰め込んだ」
とアピールした。

 ■スープラも復活?
 一方、ここ数年、ささやかれているのがトヨタ「スープラ」の復活情報だ。
トヨタは12年6月に独BMWとスポーツカーなど4分野で技術提携。BMWの
スポーツカー「Z4」の後継車種を共同開発しているとみられ、Z4の後継車を、
トヨタブランドでは「スープラ」として展開するとの噂も根強い。スープラは
2002年まで販売されたトヨタを代表するスポーツカーで、復活を心待ち
にしている愛好家も多いとされる。

 日産やホンダが、往年の人気スポーツカーを矢継ぎ早に「次世代」型に
進化させるなか、トヨタが、スープラをどういう形で復活させるのか、
あるいはさせないのか。それも含めて、バブル崩壊以降、
盛り上がりに欠く国内スポーツカー市場へ久しぶりに
“スポットライト”があたりそうだ。

(今井裕治)
続きを読む

1まとめらいぶ2016/03/26(土) 20:37:28.77ID:CAP_USER.net
car-moby

ドイツが誇る自動車メーカーのアウディは3月23日、現在開催中のニューヨーク
モーターショー2016において、新型スポーツカーの「R8 スパイダー V10」を世界
初公開しました。

アウディ「R8」は2006年から販売されているスポーツクーペで、2代目となる新型
「R8」のクーペタイプは2015年のジュネーブモーターショーで既に公開されています。

今回初公開されたモデルは、新型「R8 」のスパイダー(オープンカー)仕様です。


新型アウディ「R8」クーペモデル



新型アウディ「R8 スパイダー」のエクステリア







ボディサイズは先代の「R8 スパイダー」と比較して、
全長が14mm短く、全幅は35mm大きくなっています。

アルミニウムとカーボンの複合素材で構成された車体は先代から
200kgも軽量化されており、それでいてボディ剛性は50%も向上
しているというのが驚きです。

内装は高級感とシンプルさが同居した、ドイツ車らしいデザインとなっています。

ルーフトップは電動油圧式で、走行速度が50km/h
以下なら走行中でも20秒で開閉可能です。

リアウィンドウもスイッチ一つで開閉でき、煩わしい操作は必要ありません。

新型「R8 スパイダー」に搭載されるエンジンは、
自然吸気直噴5.2LのV型10気筒ガソリンエンジン「FSI」。

最高出力は540馬力を誇り、最大トルクは55.1kgmを発揮します。

トランスミッションは7速Sトロニック(デュアルクラッチトランスミッション)で、
0‐100km/h加速が3.6秒、最高速は318km/hにも達します。

(クーペモデルは0‐100km/h加速3.5秒、最高速323km/h)

燃費は8.5km/Lとなっており、先代から10%改善されているそうです。

新型アウディ「R8 スパイダー」の価格、日本へのデリバリーは?



新型アウディ「R8 スパイダー」の価格は12万ポンド以上と予想されており、
日本円にして1900万円以上の価格になることは確実であると思われます。

現行型「R8 スパイダー」の価格が約2500万円となっていますので、
それ以上の価格になるということも十分あり得るでしょう。

発売日は2016年末を予定しているそうなので、日本への
デリバリーは早ければ2017年の春ごろになると思われます。

まだ1年以上待たなければなりませんが、V10エンジンの
サウンドを日本で鳴り響かせる日が今から待ちきれませんね!

MOBYでは、新型「R8 スパイダー」の最新情報を今後も
随時更新していきますので、どうかご期待ください!
続きを読む

↑このページのトップヘ