タグ:スズキ

1:まとめらいぶ 2018/06/18(月) 13:40:49.02 ID:BIBCRRaF0 BE:837857943-PLT(16930)
スズキ ジムニーがいよいよフルモデルチェンジ

スズキは、軽自動車「ジムニー」と乗用車「ジムニーシエラ」を20年ぶりにフルモデル
チェンジし、2018年7月に発売する。発売に先立ち、新型ジムニーのティザーサイトが
公開された。

今回公開された4代目となる新型ジムニー/ジムニーシエラは、歴代ジムニーのDNAを
継承しつつ、最新のテクノロジーも注ぎ込まれた。

これまで以上に頑丈なラダーフレーム構造にエンジンを縦置きしたFRレイアウトを引き
続き採用。副変速機付きパートタイム4WDや3リンクリジッドサスペンションも健在だ。

一方で、最新のテクノロジーとして、単眼カメラとレーザーレーダーで危険を回避する
「デュアルセンサーブレーキサポート」が搭載されたのは大きなニュースだ。ジムニー
としては初の自動ブレーキ採用で、予防安全性能はグンと上がった。

【オートックワン】
 https://autoc-one.jp/news/5002267/

no title

no title

no title

no title

no title

引用元: 【画像】スズキ、ジムニーが20年ぶりのフルモデルチェンジ!2018年7月発売

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2017/09/20(水) 19:48:43.83ID:CAP_USER9.net
GSX-S125 ABS 

10月11日発売



スズキは、ストリートスポーツバイク「GSX-Sシリーズ」に125ccのエントリーモデル
『GSX-S125 ABS』を追加し、10月11日より発売する。

GSX-S125 ABSは、124cc水冷4バルブ単気筒DOHCエンジンを軽量・高剛性フレームに
搭載。GSX‐Rシリーズの解析技術を用いた燃焼室の最適化や、吸気効率の向上、燃料噴
射の最適化などにより、最高出力11kW、最大トルク11Nmを発揮するとともに、48.2km
/リットル(60km/h定地燃費)の低燃費を達成。ショートホイールベースと、133kgの軽
量・スリムなボディにより、街乗りにおける扱いやすさや、ワインディングにおける高
い操縦性を実現する。

デザインは、GSX-Sシリーズ共通のイメージとなる低く構えたアグレッシブなスタイリ
ングを採用し、前後輪に17インチの大径ホイールと花弁形状のブレーキディスクや、ス
ズキの国内の125cc二輪車に初採用となるABSを標準装備。また、ワンアクション式シ
ャッター付ステアリングロックや、スタータースイッチを押し続けずにワンプッシュす
るだけでエンジンが始動する「スズキイージースタートシステム」など、利便性の高い
装備を採用した。

価格は35万4240円。

【レスポンス】 
 https://response.jp/article/2017/09/20/300008.html
続きを読む

1まとめらいぶ2017/07/25(火) 21:10:04.77ID:CAP_USER9.net
スズキ相良工場 

残業代未払い

【NHKローカルニュース】
 http://www3.nhk.or.jp/lnews/shizuoka/3035446071.html
 ※ NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

浜松市に本社を置く自動車メーカーのスズキが牧之原市の工場で朝の体操や朝礼を
労働時間に含めていなかったとして労働基準監督署から是正勧告を受け、
従業員に未払いの賃金およそ1000万円を支払ったことがわかりました。

是正勧告を受けたのは牧之原市にあるスズキの相良工場です。
スズキによりますと相良工場では、始業時間の前に行っていたおよそ10分間の
体操や朝礼について労働時間に含めていなかったということです。
従業員からの情報で島田労働基準監督署が立ち入り調査を行い、先月、
体操や朝礼の時間を労働時間として把握するよう是正勧告を行いました。

勧告を受けてスズキは工場内で働く従業員のうちおよそ500人に対し、
今の勤務制度になった去年6月からことし2月までの未払い分の賃金、
あわせておよそ1000万円を今月支払ったということです。

スズキは「今後は適正な労働管理に努めてまいります」とコメントしています。

始業前の体操

【イメージ画像】
続きを読む

1まとめらいぶ2017/07/12(水) 19:21:39.56ID:CAP_USER9.net
スズキは2017年7月12日、コンパクトカー「スイフト」に電動走行も可能なフル
ハイブリッドシステムを搭載したモデルを追加し、販売を開始した。

■ スズキ独自の軽量・小型・高効率なハイブリッド機構

今回スイフトに採用されたハイブリッドシステムは、「オートギヤシフト(AGS)」と
呼ばれるシングルクラッチ式ATに、発電も可能な駆動用モーターを組み合わせたスズキ
独自のもので、2016年11月に登場した「ソリオ」のフルハイブリッドモデルから導入が
進められている。これまでにも、スイフトにはマイルドハイブリッド機構が搭載される
グレードは設定されていたが、フルハイブリッドシステムの採用については今回が初と
なる。

組み合わされるエンジンは1.2リッターのガソリン自然吸気で、状況に応じて駆動用モー
ターが走行をアシスト。クリープ状態や約60km/h以下での一定速走行時には、エンジン
を止めての電動走行も可能となっており、1tを切る車重とも相まって、JC08モード計測
で32.0km/リッターという燃費を実現している。また、100Vの高電圧リチウムイオンバ
ッテリーについては荷室床下に搭載。スイフトのボディーサイズや室内空間はそのまま
にフルハイブリッド化をかなえているという。

また、搭載に際してはスイフトの持つスポーティーなキャラクターに合わせ、クラッチの
切り離し時間を短縮するようAGSの変速制御をチューニング。シフトパドル操作時にはさ
らに切り離し時間を短くし、スピーディーな変速とスポーティーなシフトフィールを実現
している。

走行モードは「標準モード」と「エコモード」の2種類で、後者では停車からの発進時な
どでより頻繁にEV走行を行い、燃料消費を抑制するという。

内外装の違いによる差別化も図っており、クロームメッキの加飾付きフロントグリルや、
ブルーの加飾を施したシフトノブ、ブルーイルミネーションのメーターを採用。エンジン
回転計の内側には、モーターの作動状態を表示するモーターパワーメーターが搭載される。

グレードは「ハイブリッドSL」と「ハイブリッドSG」の2種類。前者には自動緊急ブレー
キや誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、
ヘッドランプのハイビーム/ロービームを自動で切り替えるハイビームアシスト機能、
シフトパドルなどが搭載される。

価格は以下の通り。

・ハイブリッドSL:194万9400円
・ハイブリッドSG:166万8600円

【web CG】
 http://www.webcg.net/articles/-/36735

画像













続きを読む

1まとめらいぶ2016/03/09(水) 11:50:26.15ID:CAP_USER.net
【carview】
 http://carview.yahoo.co.jp/article/photo/20160307-20102777-carview/



3月9日、スズキの新型コンパクトハッチ「バレーノ」が発売された。

昨年の東京モーターショーで披露された同モデルは、インドを起点とした
グローバルコンパクト。Bセグメントながらも軽自動車並みの超軽量ボディを実現し、
エンジンは1.0L直3・直噴ターボと1.2L直4・自然吸気(NA)の2種類を設定している。

価格はターボ車の「XT」が161万7840円、NA車の「XG」が141万4800万円。

なお、NA車は本日から、ターボ車は5月13日の発売が予定されている。

軽さと高剛性を両立した新開発プラットフォームを採用
イタリア語で「閃光」を意味する「バレーノ」は、コンパクトカー市場において
キラリと光る存在になってほしいというスズキの願いが込められたモデルだ。

バレーノから採用されたBセグメント用の新開発プラットフォームは、
ボディ全体の約46%に高張力鋼板を採用したほか、部品レイアウトの最適化や
アンダーボディを連続化して滑らかな形状とするなどの工夫によって、より少ない
部品で高剛性を実現。さらにフロントシートフレームにも超高張力鋼板(980Mpa)
を活用するなど軽量化を徹底し、車重を軽自動車並みに抑えている点が
特徴となる(XT=950kg、XG=910kg)。

足回りは、スポーティさを感じさせつつもロングドライブや後席の乗り心地に配慮した、
しなやかでゆったりとした味付けとされているようだ。

新開発の“ブースタージェット”エンジンに注目
エンジンは2種類。1.2L直4・自然吸気のデュアルジェット・エンジンは、
「ソリオ」や「イグニス」と同じ。副変速機構付CVTと組み合わせることで、
低速域での加速と高速域での燃費向上を狙い、最高出力は91ps、
最大トルクは118Nm、JC08モード燃費は24.6km/Lをマークしている。

注目は“ブースタージェット”と呼ばれる新開発の1.0L直3・直噴ターボだ。

ターボ過給と直噴化によって、1.0Lながらも1.6L自然吸気並みの
パワー&トルク(最高出力111ps/最大トルク160Nm)を発生。

JC08モード燃費は20.0km/Lで、3気筒と感じさせない
静粛性の高さも実現しているという。

ターボ過給圧の制御には、ウエストゲートバルブ式を採用。

トランスミッションにはよりダイレクトなレスポンスを味わえる
6速ATが組み合わされ、パドルシフトも標準装備される。

アルトやイグニスとは別路線のデザイン
内外装のデザイン路線は、好評の「アルト」や「イグニス」とは大きく異なる。

バレーノではデザインテーマを「Liquid Flow(リキッドフロー)」とし、
液体の流れや凝縮したエネルギーを前へ解き放つイメージを表現することで、
流麗かつエレガントなスタイルを追求したという。

ボディサイズは、全長3995×全幅1745×全高1470mm、
ホイールベース2520mm。新開発プラットフォームの採用によって、
コンパクトなボディサイズながら、ゆとりの室内長(1975mm)を確保している。

今や必須の安全装備については、イグニスが採用するステレオカメラ方式ではなく、
「エスクード」と同じミリ波レーダー方式の「RBSII(レーダーブレーキサポートII)」を
採用。同じくミリ波レーダーを使った「ACC(アダプティブ・クルーズコントロール)」と
ともに標準装備される。
続きを読む

1まとめらいぶ2015/12/07(月) 12:59:03.68ID:WZyufWUD0.net BE:809145981-BRZ(10000)
三菱がパジェロの開発を辞める
一方スズキはジムニーを20年ぶりのフルモデルチェンジ

カートピ


続きを読む

1まとめらいぶ2015/10/28(水) 16:27:08.99ID:VwL1/DeH0.net BE:809145981-BRZ(10000)
スズキ アルトワークスが復活!5速MT搭載で走る楽しさを演出



vehiclenavi MAGAZINE

スズキは第44回東京モーターショーで「アルトワークス」を参考出品した。
アルトのスポーツモデルとしてターボRSが既に発売されているが、開発者
曰くアルトワークスを出して欲しいと多くの声が
あったため作ったとのことだ。

トランスミッションはターボRSのAGSからシフトチェンジの楽しさを味わえる
5速のマニュアルトランスミッションを搭載し、エンジンも最大トルクを向上させる
チューニングがされている。サスペンションもダイレクトな操舵感を味わえる
チューニングが施され、シートにはレカロ製のものが奢られる
続きを読む

↑このページのトップヘ