システム : まとめらいぶ

タグ:システム

1:まとめらいぶ 2019/01/19(土) 10:49:01.54 ID:mnhUPomp9
「簡単に稼げる方法を教えます」などという金もうけの手法をめぐり、トラブルが増加している。

ネット上で売買されるこうした情報は「情報商材」と呼ばれ、
高額な契約をしても宣伝通りの成果が上がらずに問題になるケースが多い。

青森県の50代主婦は昨年2月、LINEに入った広告が気になった。

「ほんの数秒、写真を選ぶだけで収入アップ」

家族の不仲を気に病んでいた時期。心臓に疾患があり、家計の足しになればと封筒作りなどの内職を
していたが、単価は数円程度。内職よりましだと考えた。初期費用1万2千円を払い、動画を共有
サイトに投稿して再生回数を重ねて広告収入で稼ぐビジネスをメールで紹介された。ビジネスには、
画像システムの購入が必要だと促された。「ネットの知識が乏しいから」としぶると、
電話で何度も「プロがサポートするから心配しなくていい」と言われた。

22万円を支払い、システムがメールで送られてきたが、使い方がわからない。電話すると
「使い方が悪い。メールで質問して」と言われた。だが、メールを送っても返信がない。結局、
動画が作れたのかどうかもわからず、当初、購入すればキャッシュバックすると言われた
5万円も振り込まれなかった。女性は「うまい話にのってしまった。
気持ちが弱っている人はつけこまれてしまう」と話す。

国民生活センターによると、情報商材のトラブルに関する相談は2018年は8217件
(今年1月8日まとめ時点)。5392件だった17年の約1・5倍で、2629件だった
16年と比べて約3倍。SNSの普及で情報を届けやすくなったことが一因とみられる。
担当者は「手の出しやすい少額なもので誘い込んだ後、より稼ぐために必要だと促し、
高額な商材を買わせることが多い」と話す。情報商材の広告は、ネット閲覧中に表示
されたり、メールなどで送られたりする。過剰な広告で誘導され、価格に商材が
見合っていないことから苦情へつながる事例が多い。

no title

【ライブドアニュース】
 http://news.livedoor.com/article/detail/15895102/

引用元: 【情報商材トラブル】写真を選ぶだけで収入アップするシステムを22万円で購入…被害女性「気持ちが弱っている人はつけこまれてしまう」

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2018/09/30(日) 16:43:20.36 ID:CAP_USER
中国の自動車メーカーが”ホログラフィック・インテリジェント・システム”と呼ばれる、
アシスタント技術を最新自動車に導入。美少女アニメキャラが運転手を”お世話”してくれる機能だ。

最新技術が惜しみなく投入されたSUV車『Bestune T77』。
ホログラフィック技術により、「女子生徒」「幼い男の子」「ロボット」のアニメキャラがホログラムとして登場する。

これらのアシスタントはダッシュボード上に現れ、運転手の声に反応。
ラジオをつけたり、友人にハンズフリー電話をしたり、雨天時はワイパーを作動させたり・・
約43の異なるスキルで運転手をサポートする。

**************

<海外の反応>
お前ら歓喜www
ブレーキ踏むたびに驚いてアヘ顔になってほしいわ
↑ やめてあげてwwwww
Apple「ヘイ、シリ!」Amazon「アレクサ!」中国「俺の嫁!」
幼い男の子と女子生徒か・・犯罪ですから!!
絵的にあまり性的な印象は受けないね?
これ単に「ご主人様」とか呼んでくれるぐらいの可愛いものだと思う
日本人開発だともっとヤバかった

**************

さらにこれらのヴァーチャルアシスタントは着せ替えにも対応。
セーラー服やワンピースなど、ユーザーの好みに合わせた5種類のコスチュームが用意される。
今年11月に中国で発売される予定だが、衣装を着せない選択肢があるかは不明だ。

**************

<海外の反応>
日本を超えてきやがった
100台注文したわwww
担当者「アメ車に対抗すべく、可愛い日本の女の子をのせましょう」→ 企業幹部「天才か!」
全裸モードはよ!!
これ目的で買う人なんているのかなぁ
↑ いるに決まってんだろ
そしてすぐ魔改造されるぞ
こういうの日本もやってそうだが一応これが世界初なんかな?

**************

■写真

no title

no title

no title

【ユルクヤル】
 http://yurukuyaru.com/archives/77701758.html

引用元: 【中国】美少女アニメキャラが運転手をアシストしてくれるシステムを最新自動車に導入…着せ替えにも対応

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2016/03/04(金) 16:21:08.54ID:CAP_USER.net
【autoblog】
 http://jp.autoblog.com/2016/03/03/lexus-lc500h/



 レクサスLC500hは、
1月にデトロイトモーターショーで発表されたLC500のハイブリッドバージョン。

ジュネーブモーターショーに先駆けて2月にオランダで世界初披露された。

 その動力源は3.5リッターのV型6気筒ユニット
(最高出力 220kw/6,600rpm、最大トルク 348Nm/4,900rpm)
とふたつのモーター(バッテリー最高出力 44.6kw)で、そのモーターに
4段の変速機構を持つオートマチックギアボックスを搭載したことが
LC500hにおける最大のトピック。

これが「マルチステージハイブリッドシステム」という名称の由来となっている。

 これによるメリットは、まずモーターの守備範囲が劇的に広がったことであるという。

ハイブリッドシステムはご存知の通りエンジンの使用状況をなるべく少なくする
ことが第一の目的であった。つまり低速から最大トルクを立ち上げることで
エンジンの小排気量化に貢献し、エンジンの活動範囲を狭めることで
環境性能や省燃費化を達成してきたわけだが、高負荷時には
モーターが追従できず、特に高速走行が重んじられる
ヨーロッパではそのメリットが得にくいと言われてきた。


 しかし今回4段ATを装備したことで、LC500hは低中速域での従来メリットを
残したまま、高速走行時においてもモーターを活用できるようになった。

具体的には200km/h以上の領域でさえ低燃費走行が可能となり、さらには
加速用のデバイスとしてもモーターを用いることができるようになったのである。

 これによってエンジンには思い切って高回転型の特性を持たせることができ、
3.5リッターという小排気量ながらスーパースポーツとして
相応しいパワーを発揮させた。

またダウンサイジングターボにはない、
自然吸気エンジンとしての気持ち良さが実現できた。


 エンジンを制御する遊星ギアのトランスミッションは、CVT的な無段階
変速機構となっているため、どうしてもエンジンの回転上昇感と実際の加速感の間に
違和感があったが、これをモーター側の4速ATが協調制御しドライバーにリニアな
フィーリングを与えることに成功した。

ちなみにふたつの変速機構を併せることで、
10速ATとしての活用が可能になったという。

 トヨタ・ミライが先駆けて実戦しているように、
将来的にトヨタはFCV(燃料電池自動車)の方向へと歩んで行く道筋をきちんと
作っている。その過程においてガソリンエンジンを主軸とするハイブリッドは
過渡期の乗り物とも言えるが、トヨタがLC500hで得たモーターにおける
変速制御の技術は、間違いなくFCVにおいても
主要技術となって行くだろう。

もっともそれ以前に、純粋な走りを楽しめるハイブリッドカーが誕生する
ことの方が、我々にとっては興味の対象であり朗報であると言えるのかもしれない。



LC500hの登場は2017年といわれている。

それを自身で確かめる日は、決して未来の話ではない。
続きを読む

↑このページのトップヘ