『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2018.7.24 トプ画募集中

      コーヒー

      1:まとめらいぶ 2018/04/16(月) 22:35:14.28 ID:zESpc0aG0 BE:663277603-2BP(2000)
      深煎りマンデリン セブンステラ

      no title

      深煎りめのタンザニア ゴールドマイン

      no title

      中ぐらいのブラジル サントス

      no title

      浅煎りっぽいホンジュラス HG

      no title

      【時事.com】
       https://www.jiji.com/jc/article?k=000000037.000005775&g=prt

      引用元: 【画像】コーヒーは浅煎りか中煎りか深煎りかどれぐらいがお好き?

      (C)2015 - 2018 まとめらいぶ

      【【画像】コーヒーは浅煎りか中煎りか深煎りかどれぐらいがお好き?】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/11/25(土) 22:31:17.81ID:CAP_USER.net
      コーヒーを1日3─4杯飲む人は飲まない人に比べて早死や心臓病のリスクが少ないと
      するリサーチ結果を、英大学の研究者が22日発表した。

      この調査は200を超える過去の調査による情報をもとにまとめられ、ほかにも糖尿病
      や肝疾患、認知症や一部がんのリスクが低減する可能性があると指摘している。

      英サウサンプトン大学のロビン・プール氏は、医学誌「ブリティッシュ・メディカル・
      ジャーナル」で22日発表したリサーチの中で「コーヒーの摂取は通常の消費傾向の範
      囲内なら安全とみられる」との見解を示した。

      コーヒーを1日3杯飲む人を全く飲まない人と比較した場合、最も顕著なリスク低下が
      みられたのは早死だった。

      また、1日3杯以上の摂取が健康にマイナスになるとは認められなかったが、プラス効
      果は低下する傾向がみられたという。

      【reuters】
       https://jp.reuters.com/article/coffees-health-idJPKBN1DO0IT
      【【飲食】1日3杯のコーヒー、健康へのプラス効果が大=調査結果。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/11/01(水) 04:19:36.16ID:CAP_USER.net
      高所得者の方がコーヒーをよく飲んでいるようだ。インターネットリサーチサービスを
      提供するNTTコムオンライン・マーケティング・ソリューションは10月30日、甲南大学
      経済学部の森剛志教授と共同で実施したコーヒーとタバコに関する調査の結果を発表
      した。年収が1000万円以上になると、1日に飲むコーヒーの量が平均で2杯以上になる
      ことがわかった。



      調査は、NTTコムリサーチの登録モニターを対象に行われ、1145人から回答を得た。
      1日にどれくらいコーヒーを飲むのか聞いたところ、平均で1.7杯だった。

      年収が上がると、コーヒーを飲む量も増え、年収1000万円未満では1.6~1.9杯に留まって
      いるが、1000~1500万円未満では2杯、1500万円以上では2.5杯に上る。特に1500万以上
      の女性では、2.9杯となっている。年収が高いほど忙しく、眠気覚ましに飲むコーヒーの
      量も増えるということだろうか。

      年齢や性別ごとに見てみると、20~30代よりも40~60代の方がより多く飲んでおり、男性
      は1日平均1.9杯で、1.6杯の女性を上回っている。また喫煙者は2.2杯だが、非喫煙者は
      1.6杯だった。

      コーヒーショップに行く頻度を聞いたところ、全く行かない人が57.3%で最も多く、
      次いで1週間に1回くらいが34.6%だった。1日の平均利用回数は、0.11回に過ぎな
      かった。しかし年収が高くなると利用回数が増える傾向があり、年収800~1000
      万円では0.2回、1000~1500万円で0.17回、1500万円以上では、0.41回に上る。

      喫煙者は「周りの禁煙車への迷惑」を軽視
      同調査では、受動喫煙についてもアンケートを実施。1週間に何時間くらい、タバコを
      吸う人の煙にさらされているかという質問に対して、ほぼないという人が70.1%に
      上った。20.2%の人も1~5時間以内で、受動喫煙の被害はそれほど大きくないと
      言えそうだ。

      また、コーヒー店を利用する人は、煙に週4.7時間さらされている。一方で、
      利用しない人では2.5時間だった。調査を実施したNTTコムは「日本では
      まだまだコーヒー店での完全禁煙化が不十分であることが影響している」
      と分析している。

      肺がんや周囲の人への迷惑といったタバコの害をそれぞれどのくらい重要視している
      のかを調べたところ、全体では「肺がん」「慢性閉塞性肺疾患(呼吸しづらい)」
      「周りの禁煙車への迷惑」順になった。

      しかし喫煙者だけを見ると、「周りの禁煙車への迷惑」は全項目中5位。それよりも
      「寿命の短縮」や「身体機能の低下」といった自分自身の健康被害の方が
      気になっているようだ。

      【キャリコネニュース】
       https://news.careerconnection.jp/?p=42352
      【【経済】年収1000万円以上の高所得者ほどコーヒーを飲む量が多いことが判明wwwww】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/02/28(火) 19:47:48.30ID:CAP_USER.net
      【itmedia ビジネス】
       http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1702/28/news115.html



      セブン-イレブン・ジャパンは2月28日、朝の時間帯にコーヒーとパンをセットで
      割安に販売する「朝セブン」を3月8日から3月31日まで実施すると発表した。

      午前4時~11時に、セブンカフェのホットかアイスのレギュラーサイズ
      (各税込100円)と、カレーパン(税込138円)など8種類のパン
      (地域によって異なる)1つを、セットとして200円(税込)
      で販売する。

       気温が上がって朝の活動が活発になる3月に合わせ、時間帯に着目した新たな
      取り組みとして実施する。「多様化する生活や社会の環境変化に対応し、より一層
      『近くて便利』な店を目指す」としている。
      【【コンビニ】セブンイレブン、コーヒーとパンを200円で販売する『朝セブン』を実施。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/08/05(金) 16:21:45.61ID:CAP_USER.net


      GPS機能を使用したスマホ向けアプリゲーム
      「ポケモンGO」で、ひとつ問題が発生しているようだ。

      ・ 二重の問題が発生
      ほぼすべてのマクドナルド店舗が「ポケモンGO」のアイテムがもらえるポケストップという
      名所になっているのだが、マクドナルドにコーヒー1杯で長居して「ポケモンGO」をやり
      続けている客が増え、「席が埋まる」「客単価が落ちる」という
      二重の問題が発生しているというのだ。



      ・ 居座る「ポケモンGO」プレイヤー
      サラリーマンやフリーターなどは一人で「ポケモンGO」をプレイするケースが多いようだが、
      中学生、高校生、大学生はファストフード店や公園でグループになってプレイしている
      ケースが多い。マクドナルドは冷房があり、さらに100円程度でコーヒーが飲め、
      さらにポケストップになっているため、グループで居座る
      「ポケモンGO」プレイヤーが多いのである。

      ・ 最悪の循環が生まれている
      もちろん一人プレイでマクドナルドに入り浸り、コーヒー1杯で「ポケモンGO」をやり
      続けているプレイヤーもいる。よって、ものすごく単価が低い客が増え、ちゃんと
      それなりの金額を払う客が座れず、さらに長居されるという
      最悪の循環が生まれているのである。



      最悪の循環が生まれている
      マクドナルドに入ったものの、「ポケモンGO」をしているプレイヤーだらけで座れず、
      ハンバーガーのセットを持ったまま立ち往生して激怒した人がいる。コーヒー1杯
      100円でもお客様、セット800円でもお客様。

      マクドナルドは非常に困った状況に立たされている。

      ・ マクドナルドはみずからポケストップに
      もともと、長居したり作業をしたり寝ている中高生を追い出すマクドナルドはあるが、
      マクドナルドはみずからポケストップにしているわけで、「ポケモンGO」をしている
      プレイヤーを外に追い出すことはできるのだろうか。

      Buzz Plus News
      【【ゲーム】マクドナルドでコーヒー1杯で長居して『ポケモンGO』をする客が増加…最悪の循環wwwww】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/02/13(土) 20:09:56.87ID:LR9724i/0.net BE:844761558-PLT(13051)
      あるTwitterユーザーが、
      スターバックスコーヒーの店員からされた
      気遣いについて投稿し、話題を集めている。

      スターバックスコーヒーでは、バリスタ(店員)が遊び心として、
      注文した容器にスマイルマークや「Thank you」などの文字を書く場合がある。

      しかし投稿主のカップには、感謝の気持ちではなく「チャックあいてますよ」と、
      口頭で指摘しづらいコメントが添えられていたようだ。

      心遣いに感心したのか、
      投稿主は「最近のスタバはとっても親切」とつづっている。

      livedoor NEWS

      【【スターバックスコーヒー】店員の親切な心遣いが話題『チャック あいて ますよ』だって】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/01/31(日) 14:34:10.98ID:CAP_USER.net
      佐賀県の佐賀空港-有田町間で、車内でいれ立てのコーヒーを
      有田焼のカップで楽しめる「バリスタ・タクシー」が運行されている。

      予約制で観光ツアーにも利用できる。

      有田焼創業400年の今年、地元商工会議所とタクシー会社、
      大手食品メーカーが協力して誕生した。

      もてなしにコーヒーマシンを備えた乗り合いタクシーは日本初という。

      車体には有田焼の伝統文様で繁栄を意味する「たこ唐草」を施した。
      「香り高いコーヒーと共に有田が生んだ陶磁器の文化の薫りも楽しんでほしい」
      と乗務員。

      写真:バリスタ・タクシー



      毎日新聞
      【【佐賀】『日本初』淹れたてコーヒーをタクシーで、佐賀空港-有田町間で運行。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2015/12/31(木) 14:34:08.27ID:U2ysz4xR0 BE:284465795-PLT(13000)
      コーヒーに含まれるカフェインは、カフェインの錠剤と同じくらい
      アスリートの持久力を向上させる効果があるかもしれないということが、
      研究者たちの再調査によりわかりました。

      以前の研究ではコーヒーの有益性の可能性は示されたものの、アスリートにとって
      有効であるかどうかを判断するにはさらなる研究が必要だと、ジョージア大学で
      分析を行った研究者たちは言っています。

      カフェインの供給源としてのコーヒーの良質な研究結果が不足している一方、
      混じりけのないカフェインの研究結果は豊富にあります。

      コーヒーには混じりけのないカフェインほどの有益性はないとの認識がありますが、
      新しい調査結果によれば、アスリートはカフェインの錠剤を飲む代わりにカップ1杯の
      コーヒーを飲むことで持久力を上げることができるのかもしれません、
      と博士課程のサイモン ・ヒギンスさんは言っています。

      研究者たちは、カフェイン含有のコーヒーで9つの研究をし分析しました。

      実験は参加者たちが自転車に乗るか、走ったあとコーヒーを飲みそして
      精力的に運動をこなし、研究者たちはその結果を測定するという形で行われました。

      9つの調査のうち5つでコーヒーを飲んだ人は、飲まなかった人に比べ
      平均24.2%も持久力パフォーマンスの著しい向上が認められました。

      また、6つの調査のうち3つでコーヒーにはアスリートの間で認められた
      エネルギーの使用を減らす効果があったことも報告されました。



      【greatnews】
       http://www.greatnews.top/archives/51398757.html
      【【カフェイン】コーヒーを飲むと持久力が約24%も向上することが判明】の続きを読む

        このページのトップヘ