タグ:コーヒー

1:まとめらいぶ 2019/09/25(水) 19:15:24.55 ID:gglAC3WW9
個人経営の喫茶店の倒産が急増しているという。
 
東京商工リサーチの調べによれば、2019年1-8月累計の「喫茶店」の倒産は42件で、前年同期比で
35.4%増と大幅に増加。また、全日本コーヒー協会が公開している「喫茶店の事業所数及び従業員数」
によれば、喫茶店の数はピーク時だった1981年の15万4630件から2016年時点で6万7193件へと、
実に半分にまで減っているのだ。
 
「喫茶店が激減しているといっても、需要自体はむしろ増えています。

『フードサービス協会』の調査では、18年の喫茶店の市場規模は1兆1645億円と他の外食産業を
比べても伸び率は高く、また『全日本コーヒー協会』によれば、同年の国内のコーヒー消費量は
47万213トンとこちらも年々増加傾向にあるのです」(フードジャーナリスト)

個人経営の喫茶店が窮地に立たされている原因としては、コンビニコーヒーの台頭によるところが
大きいとされる。淹れたてのコーヒーがわずか100円程度で飲めるとあって、13年に大ヒット。
そこから成長を続け、18年には年間17億杯を売り上げたとも言われている。
 
「他にも、喫茶店の利用方法の“変化”が、個人経営の店に大きな影響を与えていると考えられます。

日本で最初に喫茶店ブームを巻き起こした“銀ブラ”という言葉がありますが、これは
『銀座でブラジルコーヒーを飲むこと』を意味しており、あくまでコーヒーが主役でした。

ところが、現代の喫茶店をくつろぎの場所として考える人が多く、安いコーヒー1杯で長時間
パソコン作業をしたり、友人と語り合ったりすることに主眼が置かれている。
そうると、ますます個人経営の喫茶店には厳しいと言わざるを得ないでしょう」
(経営コンサルタント)

コーヒーにこだわる店ほど、窮地に立たされる状況なのかもしれない。

【nifty ニュース】
 https://news.nifty.com/article/item/neta/12277-414184/

kazukihiro0803DSCF5656_TP_V

【喫茶店】

引用元: 【社会】コーヒー需要は増加傾向も「個人経営の喫茶店」が激減しているワケ

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2019/02/01(金) 16:44:58.03
画像

no title

引用元: 【画像】セブンイレブンさん、コーヒー入れ間違いの対策に乗り出すwwwww

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2018/04/16(月) 22:35:14.28 ID:zESpc0aG0 BE:663277603-2BP(2000)
深煎りマンデリン セブンステラ

no title

深煎りめのタンザニア ゴールドマイン

no title

中ぐらいのブラジル サントス

no title

浅煎りっぽいホンジュラス HG

no title

【時事.com】
 https://www.jiji.com/jc/article?k=000000037.000005775&g=prt

引用元: 【画像】コーヒーは浅煎りか中煎りか深煎りかどれぐらいがお好き?

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2017/11/25(土) 22:31:17.81ID:CAP_USER.net
コーヒーを1日3─4杯飲む人は飲まない人に比べて早死や心臓病のリスクが少ないと
するリサーチ結果を、英大学の研究者が22日発表した。

この調査は200を超える過去の調査による情報をもとにまとめられ、ほかにも糖尿病
や肝疾患、認知症や一部がんのリスクが低減する可能性があると指摘している。

英サウサンプトン大学のロビン・プール氏は、医学誌「ブリティッシュ・メディカル・
ジャーナル」で22日発表したリサーチの中で「コーヒーの摂取は通常の消費傾向の範
囲内なら安全とみられる」との見解を示した。

コーヒーを1日3杯飲む人を全く飲まない人と比較した場合、最も顕著なリスク低下が
みられたのは早死だった。

また、1日3杯以上の摂取が健康にマイナスになるとは認められなかったが、プラス効
果は低下する傾向がみられたという。

【reuters】
 https://jp.reuters.com/article/coffees-health-idJPKBN1DO0IT
続きを読む

1まとめらいぶ2017/11/01(水) 04:19:36.16ID:CAP_USER.net
高所得者の方がコーヒーをよく飲んでいるようだ。インターネットリサーチサービスを
提供するNTTコムオンライン・マーケティング・ソリューションは10月30日、甲南大学
経済学部の森剛志教授と共同で実施したコーヒーとタバコに関する調査の結果を発表
した。年収が1000万円以上になると、1日に飲むコーヒーの量が平均で2杯以上になる
ことがわかった。



調査は、NTTコムリサーチの登録モニターを対象に行われ、1145人から回答を得た。
1日にどれくらいコーヒーを飲むのか聞いたところ、平均で1.7杯だった。

年収が上がると、コーヒーを飲む量も増え、年収1000万円未満では1.6~1.9杯に留まって
いるが、1000~1500万円未満では2杯、1500万円以上では2.5杯に上る。特に1500万以上
の女性では、2.9杯となっている。年収が高いほど忙しく、眠気覚ましに飲むコーヒーの
量も増えるということだろうか。

年齢や性別ごとに見てみると、20~30代よりも40~60代の方がより多く飲んでおり、男性
は1日平均1.9杯で、1.6杯の女性を上回っている。また喫煙者は2.2杯だが、非喫煙者は
1.6杯だった。

コーヒーショップに行く頻度を聞いたところ、全く行かない人が57.3%で最も多く、
次いで1週間に1回くらいが34.6%だった。1日の平均利用回数は、0.11回に過ぎな
かった。しかし年収が高くなると利用回数が増える傾向があり、年収800~1000
万円では0.2回、1000~1500万円で0.17回、1500万円以上では、0.41回に上る。

喫煙者は「周りの禁煙車への迷惑」を軽視
同調査では、受動喫煙についてもアンケートを実施。1週間に何時間くらい、タバコを
吸う人の煙にさらされているかという質問に対して、ほぼないという人が70.1%に
上った。20.2%の人も1~5時間以内で、受動喫煙の被害はそれほど大きくないと
言えそうだ。

また、コーヒー店を利用する人は、煙に週4.7時間さらされている。一方で、
利用しない人では2.5時間だった。調査を実施したNTTコムは「日本では
まだまだコーヒー店での完全禁煙化が不十分であることが影響している」
と分析している。

肺がんや周囲の人への迷惑といったタバコの害をそれぞれどのくらい重要視している
のかを調べたところ、全体では「肺がん」「慢性閉塞性肺疾患(呼吸しづらい)」
「周りの禁煙車への迷惑」順になった。

しかし喫煙者だけを見ると、「周りの禁煙車への迷惑」は全項目中5位。それよりも
「寿命の短縮」や「身体機能の低下」といった自分自身の健康被害の方が
気になっているようだ。

【キャリコネニュース】
 https://news.careerconnection.jp/?p=42352
続きを読む

↑このページのトップヘ