タグ:コンビニ

1まとめらいぶ2017/01/30(月) 20:51:50.19ID:CAP_USER9.net
ブラックバイト問題が注目を集める中、高校生の娘を持つという人物が
1月26日に投稿したツイートがネット上で話題になっている。

「娘のセブンイレブンの明細!明細は額面が書いてあるけど手書きでペナルティ
って書いて その金額が引いてありました。風邪で休んで替わりの人を見つけられないと
ペナルティらしい!休んだ10時間分を引いてるけど その分のお金って
どう処理してるのかしら?明細がきちんとしてればいいけど…疑問」

○オーナーは「本人には説明してあります」と回答



このツイートには、給与明細の添付されている。

給与明細には、「勤務総時間25時間」、「支払額合計23,375」とあり、そこに
添えられた付箋には「ペナルティ935円×10時間=9350円」と手書きで書かれている。

前出のツイートによると、このペナルティは風邪で休んだ日に代わりの人員を
探せなかったために課された。この店舗は直営店ではなく、フランチャイズ店だといい、
投稿主は娘さんに代わってオーナーに連絡。オーナーからは、
「本人には説明してあります」という答えが返ってきたという。

「先ほどオーナーという人に電話をしたら本人には説明してありますって…高校生が
言い返せない わかってるよね? 文句があれば本人がって」その後、本社にも連絡
したということだ。この投稿に対して、ネットでは「これ事実ならマジヤバでしょ」
といった声が相次いだ。「明細書に書いてないってことは店長が独断でやったのかw
酷すぎ」 「バイトにペナルティて、、なんか壊したわけでもないだろうに」

○セブン&アイ「加盟店に向けて法令を遵守するよう改めて呼びかける」

この投稿者が労働基準監督署に相談したところ「法律違反」と言われたというが、日本
労働弁護団の佐々木亮弁護士も「犯罪です」と指摘する。「これは労働基準法に違反
しています。労基法24条では、使用者は賃金の全額を労働者に支払わなければならない
と定めており、罰金と称して給料から控除することは法律違反です。そもそも休むときに
代わりの人を探す義務はありません」万が一、何らかの理由で罰則が設けられていた
としても、減給には限度がある。「労基法91条では、減給の総額は一賃金支払期に
おける賃金の総額の十分の一を超えてはならないと定めています」この場合は、
1か月の給与が2万3375円となっており、万が一罰金を設けるとしても2338円
までしか減給できないこととなる。

ただ、

「法律上、本社はフランチャイズに対して責任を負っていません」

といい、あくまでもその店舗の問題になってくるようだ。

セブン&アイ・ホールディングスの担当者に問い合わせたところ、
同社もこの事件を確認しており、今後然るべく対応していくという。

「フランチャイズですので、基本的には、従業員との雇用契約はオーナーの問題です。
ただ今回の事案は労基法24条の違反となってしまっておりますので、該当店舗に指導
をするとともに加盟店に向けて法令を遵守するよう改めて呼びかけてまいります」

【blogos】
 http://lite.blogos.com/article/207980/

画像追加


続きを読む

1まとめらいぶ2016/12/13(火) 19:18:52.50ID:CAP_USER9.net
◆ ローソンとパナソニック、「無人レジ」の実証実験を公開

コンビニ大手のローソンとパナソニックは、コンビニでのレジ打ちや
袋詰めを自動で行う、「無人レジ」の実証実験を公開しました。

ローソンとパナソニックが開発したのは、「レジロボ」と名づけられた、
無人のレジシステムです。買い物かごに商品のバーコードを読み取る
センサーがついていて、客が自らバーコードを読み取らせます。

精算が終わると、かごの底がスライド式に開いて袋詰めも自動で行います。
ゆっくりと袋詰めするので、卵も割れません。

「レジロボ」を1台導入すると、店の仕事をおよそ1割削減できる見通しで、
ローソンは2018年度以降の本格導入を目指しています。

一方、海外では、更に進んだ試みが始まっています。
アメリカの通販大手のアマゾンが運営するコンビニの映像です。

店に入ってきた男性。商品を手に取ると、そのまま店を出て行ってしまいました。
次の女性は、自分のバッグに次々と商品を入れていきます。

一見、万引きしているように見えますが、違うのです。
そもそも「レジ」がないコンビニなのです。

どうやって支払っているのかですが、まず、入店する際に、客はゲートにスマートフォンを
かざします。店内では客がどんな商品を取ったのかカメラやセンサーなどが検知して、
逐一、スマホの専用アプリに情報を集めます。

やっぱり棚に返すという動きも、全て認識できるということです。
店を出る際に、スマホのアプリが商品の合計額を計算し、
クレジットカードで代金が決済されます。

この店はアマゾンのアメリカ本社の1階にあり、既に社員向けに営業が始まっていて、
来年1月には一般の人も利用できるということです。

写真:



【TBS News i】
 http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20161212-00000061-jnn-bus_all
続きを読む

1まとめらいぶ2016/11/04(金) 20:22:30.07ID:CAP_USER.net
excite ニュース

セブン-イレブン内で展開している「セブンカフェ」で、レジに並ばなくても購入できる
新型コーヒーマシンが一部店舗に導入され、その便利さがTwitterで話題となっている。

意外と面倒だった注文方法
これまではレジで注文をしてから、ホット用カップを受け取る必要があった。アイスコーヒーの
場合は冷凍ケースからアイス用カップを取り出すところからだ。その後、レジ横にある専用
マシンを操作し、やっとコーヒーがカップに注がれる。ホットにしろアイスにしろ、レジでお金を
払わなければいけないことは意外と面倒だったようで「コーヒー頼むのにわざわざレジに並ぶ
のがめんどくせぇ」「レジに行列ができてると頼む気なくす」という声もあった。11月1日、
Twitterに「顧客が本当に必要だったもの」というコメントとともに
新型マシンの写真を投稿された。


「レジに並ばずすぐ買えます!」と書かれた大きなポップにある通り、新型マシンにはコイン
投入口がついており、その場で支払いができるようだ。カップもマシン本体に備え付けられて
いる。購入できるサイズはレギュラーのみだが、そのぶんスピーディーに購入できそうだ。
これに対しては「これはいい! むしろ出るのが遅すぎた」「カップ売るんじゃなくてコーヒー
売ってくれってずっと思ってた」「超便利だ。ありがたいっすね」と歓喜の声があふれている。

続きを読む

1まとめらいぶ2015/11/06(金) 17:11:50.16ID:???*.net
NEWS ポストセブン

 ダイエット中の女性を中心に、現在ネット上で大きな話題を呼んでいる
コンビニ商品がある。それが「サラダチキン」だ。セブン-イレブンを筆頭にローソンなど、
多くのコンビニがプライベートブランドで扱っているが、この商品がなぜ
ダイエッターの間で話題となっているのか。

 2013年に渋谷のIT系企業に勤務するサラリーマン・鳴海淳義氏がダイエットの
お供として最適だとウェブ上で発表して以降、各所から「売り切れてた!」の悲鳴が
あがったことでも知られている。同氏は後に『やせたいならコンビニでおでんを
買いなさい』という書籍も発刊し、サラダチキンも同書内で取り扱った。

 そんなサラダチキン人気もすっかり定着したように見えるが、最近の事情は
どうなっているのか。実際に「サラダチキン」ダイエットを行っているという
女性Aさん(30代・主婦)は、こう語る。

「セブン-イレブンの『サラダチキン』は、鶏ムネ肉を塩、こしょうでシンプルに味付け、
蒸しあげたもの。低カロリーで高タンパク。お財布にも優しいうえに、ダイエットにも
最適な食材なので買いだめしています。『ハーブ味』や『シトラスレモン』味も発売
されているので、食べ飽きないところも嬉しいです」

 なかにはコンビニごとの「サラダチキン」を食べ比べているという女性もいる。
Bさん(20代・保険会社勤務)が語る。

「ランチの時間はコンビニ食で済ますことが多いのですが、
その際にも『サラダチキン』は重宝しています。ローソンの『サラダチキン』は他の
コンビニよりも味付けがしっかりしているので、コンビニで野菜中心のサラダを
買って、このサラダチキンと一緒に食べるようにしています」

 短いランチの時間に重宝するだけでなく、家庭料理に活用している人も少なくない
という。Cさん(20代・メーカー勤務)がこう語る。

「『サラダチキン』は加熱調理をせずに、そのまま料理に使用できるので、忙しい
朝でもサラダなどの時短料理を作りやすいところが魅力。夕飯で取り入れる時は、
ハーブ味のチキンをトマト缶と一緒に煮込んでチキンのトマト煮を作ったり、
マスタードとハチミツを混ぜたソースで味付けたりして、調理しています」

(同女性)

 高タンパク低カロリーなだけでなく、加熱調理せずに食べられるという手軽さに
加えて、調理をすれば本格的な料理に早変わりするという点が
ダイエッターに人気の秘訣のようだ。

Yahoo! ニュース】 
続きを読む

1まとめらいぶ2015/10/25(日) 16:40:33.38ID:???*.net
東京電力福島第1原発事故に伴う国の除染作業で使用されたマスクや手袋が、
福島県内の複数の地域でコンビニなどのごみ箱に捨てられるケースが常態化
していることが24日、関係者への取材で分かった。

厚生労働省福島労働局は、被ばく対策や汚染廃棄物の扱いを定めた
労働安全衛生法に違反する疑いもあるとしている。

共同通信の取材に複数のコンビニや除染業者が、
除染が本格化した2012年から投棄が続いていると認めた。

環境省によると、これまで郡山市、田村市、南相馬市、
楢葉町から苦情や通報があり、今年3月と8月に業者に改善を指導した。

写真:コンビニのごみ箱から見つかった除染用マスク(手前)



47 NEWS
続きを読む

↑このページのトップヘ