タグ:コンセプト

1:まとめらいぶ 2018/12/13(木) 19:59:28.035 ID:JwgNiASk0
no title

no title

no title

カモフラージュなし!新型トヨタ「スープラ」市販モデルを撮影した写真が流出

【autoblog】
 https://jp.autoblog.com/2018/12/12/2020-toyota-supra-spy-photos-no-camouflage/

引用元: 【画像】新型スープラをご覧下さい

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2017/07/08(土) 02:38:02.81ID:CAP_USER.net
アートやファッションなどのコンテンツ制作を行なうツインプラネットは、
TVアニメ「けものフレンズ」をコンセプトとしたフードパーク「お祭だよ!
けものフレンズがーでん」を7月13日より池袋楽園タウン屋上にて開催する。



入場料はソフトドリンク飲み放題チケットが2,000円(税込)、アルコール飲み放題
チケットが3,000円(税込)。それぞれ1,000円分のフードチケット込みで、追加の
フードチケットは500円(税込)となっている。事前予約などの必要はない。

本パークでは劇中の「さばんなちほー」や「ジャパリカフェ」などの世界観再現、
縁日風フードコートの設置やオリジナルメニュー、オリジナルグッズの販売を予定。

「サーバルのバナナチョコミルク」や「セルリアンの光るわたあめ」など、
キャラクターをイメージしたメニューも提供される。





【GAME Watch】
 http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1069427.html
続きを読む

1まとめらいぶ2017/05/27(土) 20:10:05.41ID:CAP_USER.net




ドイツの高級車メーカー、BMWグループは5月25日、イタリアで開幕した
「Concorso d'Eleganza Villa d'Este」において、『コンセプト8シリーズ』
を初公開した。

同車は、2018年に市販される新型『8シリーズクーペ』を示唆したコンセプトカー。
1999年に初代が生産を終了した8シリーズが、およそ20年ぶりに復活を果たす。

コンセプト8シリーズは、BMWブランドの最上級クーペ。ひと目でBMWとわかる
フォルムを持ちながら、新しいデザインアイデアを随所に導入している。例えば、
キドニーグリルは、BMWのクラシッククーペからインスピレーションを得て、
ワイド&ローの新デザイン。ボンネットとルーフラインが、ダイナミックさ
を演出する。

インテリアは、ドライバー重視の設計。シートはダークブラウンのメリノレザーで、
ダッシュボードなどには、カーボンファイバーやアルミのアクセントが配される。
iDriveコントローラーは、スワロフスキーガラス製とした。

BMWグループ取締役会のハラルド・クルーガー会長は、「BMWグループは“NUMBER ONE>NEXT”戦略において、売上と収益を大幅に増やすことを目指している。8シリーズ
クーペはこの戦略の実現に、重要な役割を果たすだろう」と述べている。

【response】
 https://response.jp/article/2017/05/26/295272.html
続きを読む

1まとめらいぶ2017/02/14(火) 15:41:43.74ID:CAP_USER.net
【response】
 http://response.jp/article/2017/02/14/290615.html





ホンダが2015年に発売した、軽自動車規格の「S660」の上位に位置する、
新型スポーツ「S1000」のコンセプトモデルが、東京モーターショー17で
公開される可能性があるようだ。

Spyder7では、情報を元にCGを作成した。

「NSX」譲りのフロントエンドに、エアーバルジを備えるボンネット、最大限に
エアロダイナミクスを活かすボディキットを装備し、前後オーバーハングや
ホイールベースを切り詰め、コンパクトかつ、アグレッシブな
エクステリアに仕上げた。

ミッドシップにマウントされるパワートレインは、新開発のリットル
直噴3気筒VTECターボで、最高馬力は130ps程度と、「S660」の64ps
から大幅アップし、本格的高性能スポーツになりそうだ。

発売予定は未確認ながら、2017年の東京モーターショーでは
なんらかのヒントとなるコンセプトカーが登場を期待したい。
続きを読む

1まとめらいぶ2015/09/30(水) 19:38:47.30ID:epWxZRll0.net BE:323057825-PLT(12000)
マツダは9月30日、10月28日に開幕する東京モーターショー15において、
『マツダ スポーツ コンセプト』を初公開すると発表した。

マツダ スポーツ コンセプトは、
新しさの中にスポーツカーの正統を感じさせる1 台。
マツダは、
「スポーツカーの歴史を凝縮させたようなスタイリングを備えたモデル」
と説明する。

マツダは、同車の予告イメージを1点公開。
リアスタイルのシルエットを紹介している。

予告イメージからは、クーペボディを備えた新世代スポーツカーの姿が見て取れる。

マツダは、今回のショーテーマの「走る歓びの未来を切り拓く」に沿って、
このコンセプトモデルをアピールしていく。

また、今回のショーではロータリーエンジン車である
1967年式『コスモスポーツ』も同時に展示することが明らかにされており、
スポーツ コンセプトとの関連性、ロータリーエンジン復活も予感させる。

【東京モーターショー15】「RX」復活か…

マツダ、スポーツコンセプト

初公開へ

Response.15th

続きを読む

↑このページのトップヘ