グーグル : まとめらいぶ

タグ:グーグル

1まとめらいぶ2017/02/11(土) 11:45:23.49ID:CAP_USER.net
【ねとらぼ】
 http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1702/10/news120.html



Googleの研究チームが、人工知能(AI)を使って低解像度の画像から元の画像を推測し、
高解像度化する技術を発表しました。論文にはモザイクのように何が写っているのか
分からない状態から再現することに成功した、顔の画像などが掲載されています。

 論文「Pixel Recursive Super Resolution」によると、画像などを高画質化する
「super resolution」(超解像技術)には、被写体の輪郭がぼやけやすいという課題が。
低解像度の画像は保持している情報が少ないため、対応するもっともらしい
高解像度の画像がいくつも存在しうるというのが、この原因だといいます。

 そこで研究チームは2段階のアプローチを採用しました。conditioning networkで、
人工知能で処理したい低解像度の画像と異なる画像を比較することで写っているものを
判断し、次にprior networkで細部を描き加えます。その結果、8×8(64ピクセル)の
顔の画像などを、32×32の1024ピクセルに引き上げることに成功。人間には何が
写っているのかさえよく分からない状態から、かなりリアルに見える仕上がりに
加工されています。

完全な再現ではないため、監視カメラの映像に使って犯人を探すといった用途に
使うには改良が必要でしょう。そういえば、かつて「邪魔なモザイクが消せる」
という売り文句のムフフなアイテムがありましたが、もしかしたら
人工知能が発達した未来の世界にも……。
続きを読む

1まとめらいぶ2017/02/03(金) 12:42:25.66ID:CAP_USER.net
【インターネットコム】
 https://internetcom.jp/202130/google-curation

Googleは検索エンジンに新たな変更を加えた。明言はしていないが、著作権上
の問題がある「キュレーションメディア」に対策を施したと、もっぱらのうわさだ。

今回の変更は、日本語での検索を対象にしている。2月第1週にWebサイトの
評価方法に手を入れたそう。結果として、有用で信頼できる情報よりも検索
結果の上位に表示させることに主眼を置く低品質なWebサイトの順位が
下がる、としている。

かわりに独自性があり有用な情報を持つ高品質なWebサイトが、より上位にあらわれる
ようになるそうだ。ただし、これですぐにGoogleが認識する日本語検索の問題すべてを
解決できるとは考えていないという。品質向上のため継続してWebサイトの評価方法の
変更を進める方針。

長い目で見れば、Googleは「終わりのない戦い」にあらためて腰を入れた、というほどの
意味だろう。特定の分野について検索結果の上位をキュレーションメディアが埋めつくす
のに貢献した「検索エンジン最適化(SEO)」の専門家は、Googleの対策を乗り越える
新たな工夫や技巧を根気よく試みるはずだ。

GoogleとSEOのいたちごっこはキュレーションメディア
以前からあり、以後も続いていくのは確実だ。

もちろん終わりがないとしても、重要な取り組みではある。

かつて、悩みを他人に尋ねたり頼ったりするより前に「まずググれ(Googleで調べろ)」
という助言は適切だった。だが検索結果の上位がSEOにかたよったいびつな情報
ばかりになれば通用しにくくなる。

最近ますますTwitter、Facebook、LINEなどのクチコミの存在感が増しつつ
あるとはいえ、今もGoogleでの検索は情報を入手するうえで欠かせない。

それが役立たずになっては大きな損失だ。

検索猫

【イメージ画像】
続きを読む

1まとめらいぶ2016/09/25(日) 17:57:16.97ID:CAP_USER.net
【engadget】
 http://japanese.engadget.com/2016/09/25/google-google/


 
Googleがテスト中の自動運転車が、信号のある交差点で事故を起こしました。
自動運転車が青信号で交差点に新入したとき、そのレクサス RC 450hの右側面に、
信号無視のバンが突っ込んだ模様で、写真からはレクサスのドアが大きく破損した
状況が確認できます。幸いにも双方の搭乗者には怪我はなかったとのこと。

この事故は、過去にGoogleの自動運転車が経験した事故の中では、もっとも大きな
事例のひとつと言えそうです。これまではだいたい赤信号で停車したところに追突
される例が多く、破損もほとんどが軽微なものでした。

Googleによると、自動運転車"自動運転モード"になっており、信号が青に変わって
から6秒後に交差点に進入したとのこと。つまり、過失の大半は信号を無視
(または見落と)したバンの側にあることは明白と言えそうです。

Googleは「都心における交差点での交通事故は94%がヒューマンエラーによるものだ。
我々が自動運転車を開発するのはそのような道路をより安全にするためだ」と、
お決まりのコメントを発表しました。
続きを読む

↑このページのトップヘ