タグ:クルマ

1まとめらいぶ2017/02/14(火) 15:41:43.74ID:CAP_USER.net
【response】
 http://response.jp/article/2017/02/14/290615.html





ホンダが2015年に発売した、軽自動車規格の「S660」の上位に位置する、
新型スポーツ「S1000」のコンセプトモデルが、東京モーターショー17で
公開される可能性があるようだ。

Spyder7では、情報を元にCGを作成した。

「NSX」譲りのフロントエンドに、エアーバルジを備えるボンネット、最大限に
エアロダイナミクスを活かすボディキットを装備し、前後オーバーハングや
ホイールベースを切り詰め、コンパクトかつ、アグレッシブな
エクステリアに仕上げた。

ミッドシップにマウントされるパワートレインは、新開発のリットル
直噴3気筒VTECターボで、最高馬力は130ps程度と、「S660」の64ps
から大幅アップし、本格的高性能スポーツになりそうだ。

発売予定は未確認ながら、2017年の東京モーターショーでは
なんらかのヒントとなるコンセプトカーが登場を期待したい。
続きを読む

1まとめらいぶ2017/02/13(月) 21:42:02.33ID:CAP_USER.net
【response】
 http://response.jp/article/2017/02/13/290573.html







ポルシェ カイエン スクープ写真

ポルシェ カイエン次期型が、厳冬のスカンジナビアに姿を見せた。
一見、これまでよりカモフラージュが軽く見えるが、騙されてはいけない。
フロントエアインテークやデイタイムランニングライト、ヘッドライト
などは全てダミーパーツがはめられている。

但し、露わになっているルーフラインが、現行モデルより伸びやかに、そして
ルーフエンドが丸みを帯びていることが確認出来た。次期型では、アウディ
「Q7」を始め、VW「トゥアレグ」次期型や、ランボルギーニ「ウルス」と
フォルクスワーゲン・グループの「MLB」プラットフォームを共有し、
兄弟モデルとなる。

新プラットフォームにより、エアロダイナミクスを始め燃費やパフォーマンスが
向上する他、車重を約20%軽減し、剛性アップが図られる。エクステリアの
ポイントは、新型「パナメーラ」のフロントエアインテーク・デザイン、
「マカン」のクラムシェルフードとラップアラウンドテールライトだと言う。

また、室内も「パナメーラ」新型からインスピレーションを得たものとなりそうで、
タッチスクリーンのインターフェイスはシンプルになる。

パワートレインは、現行ラインナップのがブラッシュアップされる他、
直列4気筒や完全エレクトリックモデルの投入も噂されている。

ワールドプレミアは2017年と発表されている。
続きを読む

1まとめらいぶ2017/01/22(日) 13:19:27.31ID:CAP_USER.net
【autoblog】
 http://jp.autoblog.com/2016/12/26/2017-hyundai-ioniq-fuel-economy/




米国環境保護庁(EPA)の便利な燃費参照サイト『fueleconomy.gov』を利用すれば、
燃費性能のEPA試験値がはっきりと分かる。今回、EPAは2017年型ヒュンダイ
「アイオニック」の3モデル、ハイブリッドの「アイオニック」、プラグイン・ハイブリッド
(PHEV)の「アイオニック・ブルー」、そして、その名の通り電気自動車(EV)の
「アイオニック・エレクトリック」をテストした。

まず、比較対象として2017年型トヨタ「プリウス」の数値を参考に挙げておこう。
EPAのテストでは、高速道路50mpg(約21.2km/L)、市街地54mpg(約22.9km/L)、
混合モード52mpg(約22.1km/L)と優秀な成績を残している。対するアイオニックの
ハイブリッドは、高速道路54mpg(約23.0km/L)、市街地55mpg(約23.4km/L)、
混合モード55mpg(約23.4km/L)と、いずれも定評あるトヨタのハイブリッド車を
上回った。特に高速道路走行ではその差が大きい。

PHEVのアイオニック・ブルーは、高速道路59mpg(約25.1km/L)、市街地57mpg
(約24.2km/L)、混合モード58mpg(約24.6km/L)、電気のみによる航続距離31マイル
(約50km)と、やはり2017年型「プリウス プライム(日本名:プリウスPHV)」の高速道路
53mpg(約22.5km/L)、市街地55mpg(約23.4km/L)、混合モード54mpg(約23.0km/L)、
電気のみによる航続距離25マイル(約40.2km)を凌ぐ結果となった。

やはり気になるのは、EVの航続距離だ。同社にとって課題とも言えるだろう。EPAの基準に
基づいたEVの燃費表示MPGe(マイル/ガロン相当)では、アイオニック・エレクトリックは高速
道路122MPGe(約51.9km/L)、市街地150MPGe(約63.8km/L)、混合モード136MPGe
(約57.8km/L)となっており、EPAは総括して航続距離124マイル(約199km)としている。
初期モデルの航続距離としてはヒュンダイにとって自信の持てる数値だろうが、例えば、
間もなく発売されるシボレー「Bolt(ボルト)」やテスラ「モデル3」のような200マイル
(約322km)以上の航続距離を誇る新世代のEVと比べると驚くほどでもない。ヒュンダイが
最近、自動車情報メディア『Automotive News』に語ったところによると、
2018年までには航続距離200マイルのモデルを開発する予定だという。

Boltと比べる限りでは、航続距離ではかなわなくともMPGe数値はより優れていることに
注目すべきだろう。Boltは高速道路110MPGe(約46.8km/L)、市街地128MPGe
(約54.4km/L)、混合モード119MPGe(約50.6km/L)となっている。別の数値に
換算してみると、100マイル(約161km)走行あたりアイオニック・エレクトリックは
25kWhの電力を消費するのに対し、Boltは28kWhを消費するということだ。
わずかな差ではあるが、重要である。

なお、ヒュンダイは現在、第4のアイオニックも開発中だ。

これはドライブトレインよりも自動運転機能が主役のモデルと言えるだろう。
続きを読む

1まとめらいぶ2017/01/12(木) 19:21:42.45ID:CAP_USER.net
【産経ニュース】
 http://www.sankei.com/economy/news/170112/ecn1701120022-n1.html



 トヨタ自動車は12日、小型車「ヴィッツ」に、エンジンとモーターを併用するハイブリッド車
(HV)を追加して発売したと発表した。排気量は1・5リットルで、ガソリン1リットル当たりの
燃費は34・4キロメートルと、従来のガソリンエンジン型の最高燃費(25キロメートル)
より4割近く高めた。

 追加設定に合わせ外形デザインも見直した。価格は181万9800円から。
シリーズ合計で月間9千台の販売を目指す。
続きを読む

1まとめらいぶ2017/01/13(金) 12:02:47.91ID:CAP_USER.net
【SankeiBiz】
 http://www.sankeibiz.jp/business/news/170113/bsa1701131104003-n1.htm



 ホンダは13日午前、海外向け主力車「シビック」のセダンなどを日本初公開し、
今夏から国内販売を始めると発表した。2011年3月の国内販売終了から6年
ぶりの量販となる。往年の主力セダンの復活で、ブランド力の強化を目指す。

 この日、千葉市の幕張メッセで開幕した改造車(カスタムカー)の祭典「東京オートサロン」で
発表した。公開したのは今夏に国内投入するセダンやハッチバックに加え、北米で年内発売を
予定するスポーツ仕様車「タイプアール」。セダンは2015年11月に北米で発売し、年間の
最も優秀なクルマを選ぶ賞「北米カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞するなど人気を呼んでいる。
日本仕様車は排気量1・5リットルのターボエンジンを搭載する計画だ。

 シビックは1972年の発売以来、世界で累計2400万台を販売する主力車だが、セダン
需要の縮小などで国内販売を終了した。だが、昨年10~11月に限定750台で国内販売
したタイプアールには10倍以上の受注が集まるなど根強い人気を誇る。寺谷公良執行
役員は「ホンダらしさを象徴する商品としてブランドを輝かせる材料にする」と述べた。

 また、マツダはオープンスポーツ車「ロードスター」の初代で使った車体色
「クラシックレッド」を復刻したモデルを期間限定で発売すると発表した。
続きを読む

1まとめらいぶ2016/12/14(水) 13:45:22.47ID:CAP_USER.net
【オートックワン】
 http://autoc-one.jp/ferrari/launch-3059245/







フェラーリは、国立新美術館で開催されたフェラーリ日本進出50周年記念式典において、
限定10台の日本限定モデル“フェラーリ J50”を発表した。

フェラーリ J50の価格は250万~300万ユーロで、日本円に換算すると
およそ3億~3億6千万円。限定10台については、残念ながら既に完売しているという。

フェラーリ・イン・ジャパン50周年記念特別限定モデルであるフェラーリ J50は、
1970年代から80年代に人気を博したフェラーリ・ロードカーを想起させるタルガ
ボディ・スタイルの復活を強調する2シーターのミッド・リアエンジン・ロードスター。
フェラーリのスペシャル・プロジェクト部門によって開発され、マラネッロの
フェラーリ・スタイリングセンター・チームによって設計されたJ50は、フェラーリ
伝統の精神「フォーリ・セリエ」が今に蘇るわずか10台の限定モデルで、1台1台
ユーザーのリクエストに合わせてテーラー・メイドで仕上げられる。

488スパイダーがべースのフェラーリ J50は、
今年のインターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーで
総合優勝に輝いた3.9リットルV8エンジンの出力690cv
特別バージョンを搭載。完全新設計のボディワークは、
個性的で未来的なデザイン手法を取り入れたデザインとなっている。
続きを読む

1まとめらいぶ2016/12/08(木) 18:30:29.37ID:CAP_USER.net
【Yahoo! ニュース】
 http://bylines.news.yahoo.co.jp/kunisawamitsuhiro/20161208-00065275/



アメリカで燃費の認定を行うEPA(環境保護庁)は、現代自動車の新型ハイブリッド車
『アイオニック』の燃費を発表した。驚くべきことに歴代モデルの中で最も優れた数値の
新型プリウスを凌いでおり、トヨタに衝撃を与えている。御存知の通りプリウスはトヨタを
代表するECOカーであり、4世代20年間にわたり燃費を追求してきた。


ちなみにアメリカ仕様の新型プリウスの燃費は23,9km/L。日本のJC08モードでは
37,2km/Lながら米国は実燃費に近い数字でないと訴えられる。プリウスのユーザー
なら23,9km/Lが実際の燃費に近い数字だと理解していただけることだろう。
EPAが認定したアイオニックの燃費は、プリウスと同じ計り方で24,7km/Lに達した。

わずか0,8km/Lと思うだろうけれど、今までプリウスに匹敵するEPA燃費のクルマは皆無。
ホンダを始め、フォードや現代自動車、VWなどもハイブリッド車を開発しプリウスに追い
つこうとしたのだけれど、勝負にならなかった。しかも新型プリウスは先代プリウスから
一段と燃費を改善してきただけに衝撃は大きい。

燃費だけで無く加速性能でも勝る。ヨーロッパの雑誌の計測によれば停止状態から
100km/hに達するまでのタイムはプリウスの10.8秒に対しアイオニック10.4秒。
プリウスの大きな不満点の一つが「動力性能の低さ」ということもあり、
これまたリードされてしまった。プリウスの優位性が薄れたことは間違いない。

トヨタはハイブリッドを基幹技術として扱ってきた。1997年から20年間も燃費技術を
磨き込んできたのに、後から出てきたアイオニックに抜き去られている。次世代モデルは
大きく引き離される可能性が出てきた。ただでさえアメリカ市場に於けるプリウスの売れ
行きは急激に落ち込んできた。アイオニックの登場で決定的になりそうだ。
続きを読む

1まとめらいぶ2016/12/07(水) 12:44:42.06ID:CAP_USER.net
【gigazine】
 http://gigazine.net/news/20161206-porsche-911-soundbar/



 

ドイツの自動車メーカー・ポルシェが誇るスポーツカー「911 GT3」に装備されている
サイレンサーと2本出しマフラーをそのまま使用したBluetoothスピーカー
「911 Soundbar」が、ポルシェデザインから登場しています。

【911 Soundbar | Porsche Design】
 http://www.porsche-design.com/en/For-Men/Smartphones-Sound/911-Soundbar.html

911 Soundbarは、ポルシェの子会社であるポルシェデザイン(Porsche Design)が
ラインナップしている2.1chヴァーチャルサラウンドBluetoothスピーカー。実際のGT3に
搭載されているサイレンサーとマフラーの出口(テールエンド)にサブウーファーを
内蔵したという製品です。


システム全体で出力200ワットのアンプを搭載し、サラウンド効果を楽しめる
「DTS TruSurround」に対応、さらに映像再生時に音のズレを補正する
「LipSync (A/Vシンク)」にも対応しているとのこと。ロスレス転送が可能な
aptX対応Bluetooth 3.0接続でスマートフォンなどの音楽を転送して再生できるほか、
2系統のデジタル入力(オプティカル/コアキシャル)、1系統のアナログ入力を装備しています。
また、外部サブウーファーに接続するサブウーファー出力端子も装備。本体サイズはおよそ
74×28×32cmで、重量は約19kg。細かい話をすると、「997」や「991」などのコードネームで
呼ばれる世代のどれに相当するのかは明記されていません。

以下のムービーでは、実際に911 Soundbarが置かれている様子を見ることができます。
ブティックの中に置かれた911 Soundbar。幅が80cm近くあることもあり、
結構なボリューム感。


本物のマフラーが使われているので、見た目はリアルそのもの。
容器を溶接した跡もそのまま残されており、クルマ好きがみると「おおっ」とうなってしまう仕上げ。
スマートフォンと接続して音楽を再生することが可能。ちなみに、操作しているスマートフォンは
ポルシェデザインによるBlackBerry端末の模様。

「911 Soundbar」は、ポルシェデザインのオンラインショップで3499.99ドル(約40万円)で
購入することが可能。ちなみに、実際に使える本物のパーツはこの値段よりもやや低い
価格で購入することができるとのこと。

【Porsche 911 Soundbar - Gifts for him - Holiday Ideas - Porsche Driver's Selection】
 http://shop3.porsche.com/usa/christmas/giftsforhim/wap0501110g/porsche-911-soundbar.pdds

ポルシェ911 GT3に搭載される本物のパーツを使ったということで、特に可処分所得を多く持つ
ポルシェ乗りにはたまらない一品といえそう。肝心のサウンド品質については海外のサイトの
レビューでもあまり多くは語られていませんが、商品企画と価格について「ばかげている」と
評する記事も。このあたりの魅力はポルシェ乗りにしか判断できそうにないので、
価値を見いだせる人に刺さることだけを狙った製品ということになりそうです。
続きを読む

↑このページのトップヘ