タグ:カメラ

1:まとめらいぶ 2019/09/24(火) 13:50:42.20 ID:CAP_USER
ドン・キホーテは9月24日、プライベートブランド「情熱価格プラス」から、4K動画の撮影に
対応したビデオカメラ「4KビデオカメラDV-AC3-BK」を27日に発売すると発表した。価格は
1万7800円(税別)。YouTube用の動画撮影や4Kテレビ向けの映像撮影などの用途を見込む。

有効画素数13メガピクセルのソニー製CMOSセンサーを搭載し、4K UHD(2880×2160ピクセル)
動画撮影に対応。撮影時のホワイトノイズの抑制も実現したという。ISO感度は100~400。
動画はSDカード(256GBまで)に記録できる。

 スマートフォンとWi-Fi経由で通信して画像を転送・保存する機能も備える。専用の
スタビライザーと3つのバッテリーを付属し、撮影時の手ブレやバッテリー切れを防ぐ。

 サイズは約60(幅)×約130(奥行き)×約70(高さ)ミリで、重さは約420グラム
(バッテリー込み)。
no title

【IT media NEWS】
 https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/24/news078.html

引用元: 【カメラ】ドンキ、1万7800円の4Kビデオカメラ発売 YouTube用の動画撮影などの用途見込む

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2017/06/29(木) 14:29:32.97ID:CAP_USER.net


キヤノンは、デジタル一眼レフカメラ「EOS 6D Mark II」を8月上旬より発売する。
価格はオープンプライスで、ボディ単体の店頭予想価格は22万5,000円前後。

 レンズキット3種類も発売。マクロ撮影も可能な標準ズームの「EF24-70mmF4L IS USM」
レンズキットの店頭予想価格は32万5,000円前後、幅広い画角をカバーする
「EF24-105mmF4L IS II USM」キットは33万5,000円前後、
約525gの軽量ズーム「EF24-105F3.5-5.6L IS STM」キットは27万円前後。

 35mmフルサイズ/約2,620万画素の新開発CMOSセンサーを搭載する、EFマウントの
デジタル一眼レフカメラ。「EOS 6D」(’12年発売)の後継機種で、画像処理エンジンは
最新世代のDIGIC 7を採用。「デュアルピクセルCMOS AF」による滑らかで追従性の
高いAFを実現する。静止画撮影時の常用ISO感度はISO 40000で、連写速度は最高
6.5枚/秒に向上した(6DはISO 25600、4.5コマ/秒)。動画機能は1080/60p撮影に対応
した(従来1080/30p)。さらに、EOSフルサイズ機として初めて、4Kタイムラプス
動画撮影に対応する。

背面にはEOSフルサイズ初の、タッチ操作対応のバリアングル液晶モニタを搭載。
“世界最軽量のフルサイズデジタル一眼レフ”として登場した先代6Dは重量が約680g
(液晶モニタは固定)で、後継の6D Mark IIはそれに迫る約685g。可動式モニタを備える
フルサイズデジタル一眼として世界最軽量を実現した。外形寸法は144×74.8×110.5mm
(幅×奥行き×高さ)で、厚みが3.6mm増えている。本体は防塵・防滴構造。

 キヤノンでは、「フルサイズ機が欲しいが高価格な上位5Dシリーズには手が届かない」
という人をターゲットに、6D Mark IIを「手に届くフルサイズ」として訴求する。

【AV Watch】
 http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1063617.html
続きを読む

1まとめらいぶ2017/01/28(土) 21:02:09.18ID:CAP_USER.net
【gizmodo】
 http://www.gizmodo.jp/2017/01/iso819200_pentax_kp.html




暗いところが明るく撮れる。見えないところも撮影できる。高感度に強い
デジカメとして人気のソニーα7S、α7S IIだって常用感度は102400、
拡張最高感度はISO409600です。

しかし2月23日にリコーイメージングより発売される「PENTAX KP」の最高感度は
ISO819200。標準出力感度で、ですって。いったいぜんたいどういうことでしょうか。
センサーサイズはAPS-Cだというのに。新型のローパスフィルターレス2496万画素
CMOSセンサーはそれだけ凄いということでしょうか。ニコン派としては拡張感度で
ISO1640000相当の撮影ができるD500と比べてどうなのかが気になりまくりです。

ペンタックスの一眼レフデジカメとしてはミドルクラスの存在となります。薄型で
コンパクトなボディはグリップをS/M/Lの3サイズから選べ、ユーザーごとに
異なる手の大きさに合わせられます。手ぶれ補正は5軸で5段分の効果あり。
連写7コマ/秒、シャッタースピードは1/6000~30秒ですが、1/24000秒の超高速
電子シャッター撮影も対応。しかも静音で低振動がポイントだそうです。

最高感度はISO819200。ペンタックスの新一眼レフデジカメ「PENTAX KP」2
背面ディスプレイは可動式。偽色・モアレを低減できるローパスフィルター機能、
手ぶれ補正機構を使った超高精細画像撮影機能 「リアル・レゾリューション・システム」の
搭載、防塵・防滴構造にマイナス10℃までの動作を保証する耐寒性能も装備。

そしてフイルム時代のペンタックス機を思わせる外観。ダイヤルも多いし、
直感的に操作できそう。「でもお高いんでしょう?」と思ったら、公式サイト
での販売価格は税込み13万7700円(税込)。これだけの機能を盛り込んで
このプライスですよ!?とはいえ、公式サイトを見ても
超高感度域の作例がないんですよね。
続きを読む

1まとめらいぶ2017/01/25(水) 17:00:21.84ID:CAP_USER.net
【AV Watch】
 http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1040754.html



パナソニックは、4K/60pの動画撮影や、高解像度で映像撮影を行ない、そこから決定的
瞬間を1,800万画素/秒間30コマの静止画として切り出す「6Kフォト」機能を搭載したミラー
レスのデジタルカメラ「LUMIX DC-GH5」を3月23日に発売する。価格はオープンプライスで、
店頭予想価格はボディのみで24万円前後、標準ズームレンズ「LUMIX G VARIO
12-60mm / F3.5-5.6 ASPH. / POWER O.I.S. (H-FS12060)」が
付属するキットは27万円前後。

 マイクロフォーサーズのミラーレスカメラ。1月に米国で開催された「CES 2017」で海外
発表されていたが、日本での発売日や価格が明らかになった。イメージングネットワーク
事業部の山根洋介氏は、「写真と動画のハイブリッドフォトグラフィーを切り開く旗艦として
発売したGH4の、静止画、そして動画をさらに進化させ、このトレンドをさらに進めていく
LUMIX史上最高峰の製品」と紹介。GH4は4K/30p撮影に対応していたが、GH5では
ミラーレス一眼として世界で初めて、4K/60pの撮影に対応。4K/30p/4:2:2/10bit
撮影もサポートする。
続きを読む

1まとめらいぶ2016/11/15(火) 17:27:25.12ID:CAP_USER.net
【共同通信】
 http://this.kiji.is/171163348351156231?c=110564226228225532



 日立製作所は15日、従来のようなガラスのレンズを使わないカメラ技術を開発したと
発表した。国内メーカーとして初となる「レンズレスカメラ」は、代わりに特殊なフィルムを
使うため薄く、軽くなり、車やロボットに搭載しやすくなる。低価格化も可能となる。

 この技術を使うと平面だけでなく奥行きのある画像情報を取得できるため、撮影後でも
映像のピントを自由に調整できる。例えば監視カメラに採用すれば、ぼやけている人物の
顔を後からくっきりさせることができる。あらゆる機器をインターネットでつなぐ
「モノのインターネット(IoT)」向けの製品として、2018年ごろの実用化を目指す。
続きを読む

↑このページのトップヘ