オープンカー : まとめらいぶ

タグ:オープンカー

1:まとめらいぶ 2019/11/21(木) 09:00:24.95 ID:6ixqOwjB9
画像

no title

no title

no title

フロントガラスもサイドウィンドウもなし…2億円のスーパーカーは空気が乗員を包み込む

マクラーレンは最新のスーパーカー「エルバ・ロードスター」を発表した。
エルバ・ロードスターは168万ドル。ルーフやフロントガラス、窓がない、マクラーレンで
初のタイプだ。その代わりアクティブ・エア・マネジメント・システムによって、
空気の流れが乗員を包み込む。

エルバは、マクラーレンの創業者でチャンピオンレーサー、ブルース・マクラーレン
(Bruce McLaren)氏がデザインした、1960年代の代表車M1Aのオマージュだ。

わずか399台のみの限定生産となる。

マクラーレンは最新のスーパーカー、168万ドル(約1億8000万円)の「エルバ」を発表した。

「新しいマクラーレン・アルティメット・シリーズのロードスターは、ドライバーに今までにない
運転の喜びをもたらす唯一無二のモダンな車だ。エルバという名は、我々が受け継いできた豊かな
歴史を表している」と、マクラーレンCEOのマイク・フルーウィット(Mike Flewitt)氏は述べた。

アルティメット・シリーズは、マクラーレンで最高級の製品ラインで、エルバは、セナ、セナGTR、
スピードテールなどのシリーズに加わる。

マクラーレンで初めてのオープンコックピットデザインのモデルはユニークだ。ルーフもフロント
ガラスもサイドウインドウもない(オプションで固定型フロントガラスを付けられる)。同社は
このオープンコックピットタイプが「信じられないほど夢中になり心を奪う体験」をもたらすと
述べた。この車は、わずか399台の限定生産で、価格は168万ドルだ。

エルバは特注のカーボンファイバーを車台やボディ、シートに使用している。
「マクラーレンで製造された中で最も軽い車」と、
製造責任者のアンディ・パーマー(Andy Palmer)氏はリリースで述べた。

エルバは、マクラーレン創業者のブルース・マクラーレン(Bruce McLaren)氏がデザインした、
1960年代のレースカー「M1A」をリスペクトし、オマージュしている。M1Aは強力なV8エンジンと
独特の軽量樹脂塗装が施されていた。顧客が公道向けのM1Aを熱望したため、小規模経営のマクラー
レンはイギリスのエルバ社と提携し、マクラーレン・エルバM1A、M1B、M1Cの3モデルを製造した。

メーカーは、インパネにもイノベーションがあり、「車の形状は有機的かつ自然」と述べている。

車の内部と外部には明確な区切りがないと、同社は述べている。「不鮮明な境界」のデザインが。
ドアやシートの後部のCピラーは、内部に流れこむようなデザインだ。フロントは1枚のパネルで
覆われ、すっきりとした外観を実現している。同様にボディパネルがフロントタイヤからリア
スポイラーまでのエリアをカバーしている。

安全性の面では、キャビンが乗員を囲んでいるためヘルメットの装着は必要ない。
またアクティブ・エア・マネジメント・システム(AAMS)は、空気の流れを変え、
風をドライバーや乗員の頭上を通り抜けるようにし、「静かなバブル」を作る。
車の前方から空気を取り込み、排気口から排出させる仕組みだ。AAMSは、
車がスピードを上げると自動的に作動する。

この、魔法使いのような驚くべき最新テクノロジーを搭載した車を見てみよう。

【businessinsider】
 https://www.businessinsider.jp/post-202429

引用元: 【車】マクラーレンの新型オープンカーが公開 フロントガラス・サイド窓なし。カッコ良すぎると話題に(画像あり)

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2019/10/23(水) 13:23:16.76 ID:cNRpgzPM0 BE:837857943-PLT(16930)
ダイハツが10月15日に販売を開始した軽オープンスポーツカー『コペンGRスポーツ』は、
東京モーターショーでも注目を集めていた。同車はダイハツとトヨタが意見を出し合い、
TOYOTA GAZOO Racingのモータースポーツ活動で得た知見も反映することで生まれた
クルマだ。

コペンにはスポーツタイプの「S」グレードがあるが、ユーザーから
「より走りの部分の魅力をあげてほしい」という要望も多かった。
その声に応えてボディ補強を行い、足回りを柔らかくすることでロングドライブでも疲れにくい、
軽自動車ながらラグジュアリーな走りを実現したのがGRスポーツだ。Sグレードの走りが
「ハード」なら、GRスポーツは「しなやか」と位置付けている。

SグレードとGRスポーツでは、足回りの味付けが違うので好みが分かれるという。
「ぜひ試乗に行って乗り比べてほしい」と担当者。

ボディカラーは全8色、内装色はブラック。ボディサイズは3395mm×全幅1475mm×全高1280mm。
GR刺繍ロゴのレカロシート、MOMO製革巻きステアリングホイール、3眼メーター、BBS製鍛造
16インチアルミホイールを装備する。価格はCVTが238万円、5速MTが243万5000円。

【レスポンス】
 https://response.jp/article/2019/10/23/327890.html

no title

no title

no title

no title

引用元: 【FF】コペン GRスポーツ、ダイハツが放つラグジュアリーな走りの軽オープンカー【画像】

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2016/06/02(木) 12:56:46.68ID:CAP_USER.net
Response.





メルセデスベンツ日本は、メルセデスベンツ『Sクラス カブリオレ』を発表、
6月2日より注文の受付を開始した。納車開始は10月中旬以降の予定。

Sクラス カブリオレは、2015年のフランクフルトモーターショーで発表され、
1961年から1971年に販売された『W111』以来44年ぶりに復活したラグ
ジュアリー4シーターオープンモデルとなる。「モダンラグジュアリー&
インテリジェンス」のコンセプトに基づき、美しさと高級感だけではなく、
安全性や快適性など、自動車に求められるあらゆる要素とオープン
エアドライブを高次元で究めた。

Sクラス カブリオレは、Sクラスクーペをベースにオープンボディ化。

アルミニウムハイブリッドボディシェルなどを採用する
ことで、クーペと同等のボディ剛性と軽量化を両立した。

ソフトトップは3層構造で、閉じるとカブリオレの高級感を強調する
とともにクーペのような静粛性の高い室内空間を作り出す。

操作はセンターコンソールのスイッチで行い、50km/h
以下であれば、走行中でも約20秒で開閉可能。

カラーは、ブラック、ダークブルー、ダークレッドの3色を用意する。

オープン走行時には、ウインドディフレクターとドラフトストップで構成する
「エアキャップ」が空気の流れを上方に高く跳ね上げるとともに、後方から
室内への風の巻き込みを低減。また、ルーフの開閉に伴う温度変化を
感知して温度と風量を調節するクライメートコントロールを装備し、常に
快適な室内環境を提供する。

ラインアップは、4.7リットルV8直噴ツインターボ搭載の
「S550 カブリオレ」(2145万円)、

5.5リットルV8直噴ツインターボの
「メルセデスAMG S63 4MATIC カブリオレ」(2750万円)、

6.0リットルV12ツインターボの
「メルセデスAMG S65 カブリオレ」(3417万円)

を設定。

さらにSクラス カブリオレ発表と自動車生誕130周年を
記念し、内外装に特別装備を採用した限定モデル(8台)

「メルセデスAMG S63 4MATIC カブリオレ エディション 130」(3251万円)

を設定し、7月6日までの期間限定で注文を受け付ける。
続きを読む

1まとめらいぶ2016/03/23(水) 14:55:53.79ID:CAP_USER.net
Response









マツダは3月23日、マツダ『ロードスター RF』の概要を明らかにした。

実車は3月23日夜、米国で開幕するニューヨークモーターショー16で初公開される。

同車は、ロードスターが26年間一貫して守り続けてきた「Lots of Fun」の価値を体現
する、ロードスターファミリーの一員。「オープンカーの楽しさを身近なものにする」
という先代のリトラクタブルハードトップモデルが目指した価値を引き継ぎながら、
従来の考え方に捉われることなく、さらなる進化に挑戦した。

その結果、ルーフからリアエンドまでなだらかに傾斜するルーフラインを特長とするファスト
バックスタイル、そして、独自のリアルーフ形状と開閉できるバックウィンドウによる新しい
オープンエア感覚を実現。

さらに電動ルーフは、10km/h以下での走行中の開閉を
可能とするフル電動式へと進化した。

また、限られたスペースにコンパクトかつ効率的に収納できる構造とし、
ファストバックスタイルのデザインとソフトトップモデルと同じ荷室容量を両立させた。

パワートレインは、ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 1.5」と「SKYACTIV-G 2.0」を市場
ごとに適切なラインアップで展開。

北米仕様車には、「SKYACTIV-G 2.0」を搭載する。

マツダは、「より多くの顧客にオープンカーの楽しさを届け、さまざまな接点を通じて、
顧客の人生をより豊かにし、顧客と特別な絆でつながるブランドを目指して取り組む」
とコメントしている。
続きを読む

↑このページのトップヘ