オランダ : まとめらいぶ

タグ:オランダ

1まとめらいぶ2017/06/16(金) 12:53:41.59ID:CAP_USER9.net
ふたつの頭を持つ赤ちゃんイルカ



漁師が引き上げた時点で死んでいた双頭イルカ



オランダ沿岸の北海で先月、ふたつの頭を持つイルカが漁船の網に入っているのが発見
された。違法な捕鯨ととがめられることをおそれた漁師は、海にリリースしたが、その
際にとらえた写真が研究者の目に止まった!珍しい双頭のイルカが見つかったのは、先
月30日、オランダのロッテルダム沿岸から28キロ沖合に位置する北海だ。

ロッテルダム自然史博物館によると、このイルカは生まれたばかりのネズミイルカのオ
スで、体長約70センチ、体重は6キロ程度と推定され、背びれは無く、尾びれもフニャ
フニャと柔らかく、へその緒は最近はずれたばかりのように見えた。船に網を引き上げ
た時点ですでに死亡していたが、漁師たちは海洋哺乳類の捕獲が違法だととがめられる
ことをおそれて、写真を数点撮った後に死骸を海に戻したのち、研究者にこの珍事を報
告した。

連絡を受けた博物館の海洋哺乳類研究者、アーウィン・コンパニエ氏によると、イルカ
やクジラなどの海洋哺乳類では、双子の妊娠・出産の発生率が0.5%程度と珍しく、まし
て、今回のような結合双生児は大変レアなケースだという。これまで世界では9例の結
合双生児の報告があるが、いずれも妊娠した母イルカの胎内で見つかっており、その
原因はいまだよくわかっていないという。

コンパニエ氏は、今回の発見について「背びれがなく、尾も未成熟のままなので、泳ぐ
ことができず、出産直後に死んだ可能性が高いのではないか」と指摘している。

【ハザードラボ】
 http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/0/20689.html
続きを読む

1まとめらいぶ2016/10/14(金) 20:01:55.27ID:CAP_USER9.net
◆「人生は完結」と思う高齢者の自殺ほう助認める動き、オランダ

安楽死の合法化から約15年を経たオランダで、病気でなくても人生は「完結した」と
感じている高齢者が自殺ほう助で死ぬ権利を法的に認めるよう、安楽死法の範囲
を拡大する動きが出ている。オランダ保健相と司法相は12日、議会に宛てた書簡
のなかで「熟慮した末に自分の人生は完結したとの確信に至った人たちが、厳格
な条件の下で、自身が選択した尊厳ある方法で生涯を終えられるようにすべきだ」
と提案した。オランダは来年3月に総選挙を控えているため、提案が法案として
審議される可能性は低いが、既にオランダ国内では激しい論争が巻き起こっている。

オランダと隣国のベルギーは共に2002年、世界で初めて安楽死を合法化した。
ただし安楽死は、他に合理的な解決法がなく患者の苦痛が
「耐えがたく改善の見込みがない」と2人以上の医師が
認めた場合に限るとの厳格な条件の下で行われている。

(中略)

安楽死の件数は2010年の3136件から確実に増加している。
安楽死は繊細な問題で、12~18歳の未成年の末期患者も安楽死を選択でき、
認知症など、ある種の精神症状が「耐えがたい苦痛」とみなされるなど、
国外ではいぶかしむ人も多い。

写真:仏パリで尊厳死協会が行った安楽死の合法化を
求める集会に参加する女性たち

(2015年1月31日撮影、資料写真)



(▼記事を一部引用しました。全文はリンク先でご覧ください)

AFPBB News

livedoor ニュース
続きを読む

↑このページのトップヘ