エンジン : まとめらいぶ

タグ:エンジン

1まとめらいぶ2016/05/09(月) 18:56:45.56ID:CAP_USER.net
clicccar



愛知県岡崎市で旧車販売を手掛ける「Rocky Auto(ロッキーオート)」が、
現代版の「トヨタ2000GT」を独自に開発して話題を呼びました。

同ショップでは「トヨタ2000GT」開発に携わった元トヨタ自動車のワークスドライバー、
細谷四方洋(ほそやしほみ)氏監修のもと、故、野崎喩(さとる)氏による流麗な
ボディ・デザインを忠実に再現しています。

希少な実車数台を精密に3D測定、ボディに加え、
シャシーや小物パーツに至るまでゼロから金型を起こして開発。

以前にトヨタ「アクア」のハイブリッドシステムを搭載したHVモデルをご紹介しましたが、
今回第2弾として3.0L 6気筒NAエンジン(2JZ)を搭載した「R3000GT」を新たに開発。

まずは豪快なエキゾーストノートを放って快走する様子をご覧下さい。

テスターはお馴染みD1レーシングドライバーの谷口信輝氏。

同車のトルクフルな走りにオリジナルには無いパワーを実感したとのこと。

エアコン、パワステ、パワーウインドウを装備しており、ミッションは4速AT仕様。

Rocky Autoが目指す「快適に、早く、楽しく、そして普通に乗れる」
現代版の「トヨタ2000GT」を具現化した1台となっています。

車両価格は1,980万円(税別)。

もちろん車検対応で現在納車まで4年待ちとのこと。

オリジナルの「トヨタ2000GT」は1億円以上の値が付くだけに、
1967年発売当時の車両価格238万円を現代の貨幣価値に
換算したようなこの価格は魅力的です。

Rocky Autoが手掛ける今後の開発車も大いに気になるところです。

@nifty ニュース
続きを読む

1まとめらいぶ2016/04/05(火) 18:43:10.19ID:CAP_USER.net
autoblog



この写真を見た人は、エンジンに見覚えがあると思うかもしれない。

ご名答。

これは日産「GT-R」のVR38DETT型V6
ツインターボを搭載したピックアップ・トラックなのだ。

「ジュークR」と異なり、このクレイジーな「ナバラ」は
日産製ではなく、イギリスのチューナーが手がけたものだ。

英国バーミンガムの近く、シュロップシャーに拠点を構える
セヴァーン・ヴァレー・モータースポーツ(SVM)は、まったく
予想外のエンジンと車体を組み合わせ、その最高出力を
800hpにまで引き上げた。

『トップ・ギア』のウェブサイト版が伝えるところによれば、この試作車
は販売を目的としたものではなく、SVMにどのような改造をする
技術力があるかを示すために製作したものだという。

とはいえ、どうしてもこんな怪物ピックアップ・トラックが欲しいというなら、
SVMに頼めばGT-Rのエンジンを、550hpからなんと1,500hpまでお好みに
合わせてチューニングして、ナバロのボンネット下に押し込んでくれる 。

さらに付加価値税(VAT)抜きで推定17万5,000ポンド(約2,800万円)を払えば、
ナバラのボディをGT-Rのシャシーに載せることも可能だとか。

それならGT-Rのハイテクな4輪駆動もそのまま使用できる。

ジュークRのクレイジーさは大好きだが、時にはベッドにもなる
5.8フィート(約180cm)の荷台も必要という人には最適な1台だ。

これでもまだクレイジーさが足りないなら、
SVMはもっと他の手もあるという
(もちろん、それなりの予算が必要だが)。

「可能性は無限大だ」と語るSVMのルーク・アンソニー氏は、
「クレイジーなアイディアがあったらどんどん教えてほしい」
とも言っている。

これこそ、我々がピックアップ・トラックのチューニングを
考えるときに聞きたい言葉だ。
続きを読む

1まとめらいぶ2015/11/19(木) 10:27:29.50ID:???.net


フィアット・クライスラー・オートモービルズは18日、2人乗りの新型スポーツカー
「フィアット 124 スパイダー」を、まずは主要市場となる米国で発表した。すでに
ご存じの通り、現行型「マツダ ロードスター」をベースにイタリアンなデザインと
エンジンが与えられた日伊混血のオープン2シーターである。


フィアット 124 スパイダーという名前は、1966年に発表されて20年近くも作り
続けられた同名のスポーツカーから受け継いだもの。エクステリア・デザインも、
目頭に切れ込んだ丸目のヘッドライトや六角形のフロント・グリル、ボンネットに
見られる2つの"パワー・バルジ"など、ピニンファリーナが手掛けた過去の
124スパイダーをモチーフとしていることは明らかだ。その車体はマツダ
ロードスターと共通だが、ボディ・パネルはフィアットのチェントロ・スティレが
デザインした「100%イタリアン」であるという。もっとも三角形のサイド・マーカー
など、マツダと共通の外装パーツもいくつか目に付く。マツダ ロードスターの
ウインド・スクリーン・フレームが重心の低さを強調するブラックであるのに対し、
124スパイダーはレトロなメッキ・フレームを模した(と思われる)
シルバーで塗装されている。

今回発表された北米仕様同士で比較すると、全長はフィアットの方がマツダより
約140mmも長い。これは単にスタイリングのためだけでなく、トランク・スペースの
拡大を狙ったもので、荷室容量にして8.5リッターほど大きいという。また、
全幅が5mm、全高は2.5mmほど、フィアットはマツダより僅かに大きい。
ホイールベースは共通だ。16インチと17インチが用意されるホイールは
フィアットらしいデザインだが、もちろんマツダと同じ4穴。
米国版Autoblogからの報告によると、タイヤも共通だったという。

(続く)

【auto blog】
 http://jp.autoblog.com/2015/11/18/2017-fiat-124-spider-official-photos/ 







続きを読む

↑このページのトップヘ