タグ:インサイト

1:まとめらいぶ 2018/01/13(土) 17:55:10.64 0
ホンダ、新型インサイトが洗練されたデザインで復活!デトロイトショーで世界初公開

ホンダ電動化の核となるモデルとして、インサイトの名が復活する。
北米ホンダは、新型インサイト(プロトタイプ)の新たな画像を公開した。
新型インサイトは、ホンダの北米向け乗用車ラインナップの中ではシビックの上位に
あたるプレミアムコンパクトとして位置づけられており、洗練されたデザインと広々
とした室内空間を両立した5人乗りセダン。デザインでは、ホンダのデザインシグニ
チャーである「フライングウイング」を採用し、太いグリルとシャープなLEDヘッド
ランプでワイド&ローを強調している。LEDライトとテールライトをつなぐキャラク
ターラインはダイナミックな造形とし、クーペのようなルーフラインを表現した。ま
た、室内はホイールベースを長くとることで、新型インサイトはクラストップレベル
の広々としたパッセンジャースペースを実現。上質なインテリアと最新のインフォテ
インメントシステムを採用した。新型インサイトのパワートレインは、1.5リッター
エンジンと3世代目となる2モーターハイブリッドシステムを搭載。多くの場面でモ
ーターのみの走行が可能となり、優れた燃費性能を実現する。また、バッテリーを
リアシートの下に配置することでラゲッジ容量を損ねることなく、さらに、後席は
6:4分割で前倒しすることも可能となる。新型インサイトは、2018年1月15日
(現地時間)に開催される北米国際自動車ショー(デトロイトショー)で
初公開され、2018年後半に北米で発売される予定だ。

【オートックワン】
 http://autoc-one.jp/news/5001182/

no title

no title

no title

引用元: 【速報】ホンダ「インサイト」が復活。しかも超絶カッコ良くなってる

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2017/08/10(木) 03:23:22.36ID:CAP_USER.net
ホンダのハッチバック・ハイブリッドモデル『インサイト』
新型プロトタイプを初めてカメラが捉えました。

「インサイト」は、ホンダが2シーターハッチバックとして1996年に初代モデルを発売、
当時プリウスを凌ぐ燃費で話題となったものの、2006年に生産終了。
2009年には、5ドアハッチバックとしてリベンジを狙い復活しましたが、トヨタ
『プリウス』人気を超えることが出来ずに2014年で無念の生産終了となっていました。

そして2018年、打倒プリウスを合言葉に第3世代が復活の狼煙を上げます。
今回捉えたプロトタイプは完全なミュールボディのためデザインの詳細は不明ですが、
リアドアが延長されており、ボディが拡大され居住性が大幅に向上すると思われます。

予想されるパワートレインは1.5リットル・スポーツハイブリッド「i-MMD」を搭載。
プリウスと同等以上の燃費となる可能性が高いようです。

予想価格帯は250万円~290万円程度と予想され、高い居住性、低価格、高燃費と全てに
おいてプリウスを上回ると見られる「インサイト」次期型の復活は、2017年東京モーター
ショーが舞台となる可能性が高いです。

写真:4年振り復活でプリウスを超える!?





















【ZAKZAK】
 http://www.zakzak.co.jp/eco/news/170809/eco1708090010-n1.html
続きを読む

↑このページのトップヘ