『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.3.31

      イッヌ

      1まとめらいぶ2016/12/20(火)18:11:42lPO
      1 遊 ツヨイーヌ



      2 右 じいちゃんが連れてきたイヌ



      3 中 虚弱イヌ



      4 一 ガイジーヌ



      5 三 サソリーヌ



      6 左 アザラシーヌ



      7 二 豪雨散歩イヌ



      8 捕 カリカリーヌ



      9 指 ケーキーヌ



      P  ケイタイーヌ



      なお故・ヤマアラシーヌ外野手の通夜は明日行われる模様
      【【話題】よく見るイヌの画像で打線組んだwwwww】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/03/17(木) 17:58:07.17ID:1/L+I8AL0 BE:342992884-PLT(13931)
      すべての足を失ったわんこ、黒いゴミ袋に詰められて捨てられる。

      “チチ”という名のゴールデンレトリバーの血が入ったわんこは、
      韓国の犬肉市場で生まれ育った。

      お客に買ってもらうため、足を縛られて吊り下げられる日々。

      結果、足が4本とも腐ってしまい、黒いゴミ袋に詰められて
      捨てられるところを、米国の動物保護団体ARMEが救出した。



      米放送局CBSなどによると、わんこはほとんど瀕死の状態だったが、
      獣医の外科的手術によって一命を取り留めることに。

      足を4本とも失ってしまったが、
      米アリゾナ州フェニックス在住のハウエルさんの家族が里親になろうと申し出た。



      保護団体ARMEのトップであるキースさんは、次のように語っている。

      「韓国では肉の味が良くなると言って、肉として売る直前に、
      生きている犬をひどく虐待することで値をつり上げたりするのです。

      チチもまた同じようにひどい目に遭ったはずですが、彼女は生き残った。

      そしてしっぽを振って笑ってくれるんです。

      とても人なつっこくて、手術をして足を失ったにもかかわらず、
      すぐに歩き始めていました」







      手術から2か月後、チチはアメリカのハウエルさんの家にやって来た。

      階段は上れないが、裏庭の芝生を楽しそうに駆け回るなど、
      穏やかな生活を始めたという。ハウエルさんは「チチは特別な犬です。

      恐ろしい目に遭ったというのに人間のことをとても愛してくれる。

      いつか、身体を切断しなければならなくなった軍人や子どもを力づけてくれる、
      セラピードッグとして働くことができると考えています」とコメントしている。



      ナリナリ ドットコム
      【【悲劇】『すべての足を失ったわんこ』黒いゴミ袋に詰められて捨てられる】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/02/28(日) 20:31:44.11ID:CAP_USER*.net
      ◆ 【画像】ダークサイドに堕ちたような眼差しを持つネコが話題

      常に邪悪な眼差しのネコが話題を呼んでいます。

      写真:



      このネコは日本の小雪ちゃんで、
      9歳のスコティッシュ・ホールドです。

      彼女はインスタグラムに3万5千、
      ツイッターに4万4千のフォロワーを抱える大人気ネコです。

      写真:













      飼い主によると、いつもこのような表情ではないとのこと。

      海外サイトでは「ダークサイドに堕ちたんだろ」
      「ニコール・キッドマンに似ている」
      「人間に疲れたんだ…」

      などと様々なコメントが寄せられています。

      【Mail Online】
       http://www.dailymail.co.uk/femail/article-3457587/Koyuki-permanently-scowling-feline-gains-online-following-menacing-expression-owner-insists-actually-friendly.html#comments

      世界核通信
      【【画像】ダークサイドに堕ちたような眼差しを持つネコが話題】の続きを読む

        このページのトップヘ