『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.10.3

      イッヌ

      1まとめらいぶ2017/08/27(日) 17:25:23.21ID:CAP_USER9.net
      【京都新聞】
       http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20170827000046

      犬のふん害防止策として京都府宇治市が編み出した「イエローチョーク作戦」が、全国で
      反響を呼んでいる。ふんの周りを黄色のチョークで囲み、日時を書くだけという手軽さな
      がら劇的な効果を上げているからだ。各地から視察や問い合わせが相次いでおり、取り
      組みは広がりつつある。

       7月31日、「宇治市五ケ庄で路上にふんが放置されている」との通報を受けた市職員
      2人が現場に向かった。道路にチョークを走らせる姿を、同作戦の視察に来ていた大阪府
      高槻市の職員2人が近くで見学した。

      同市は「経費もかからず、方法も簡単だ」として、実施について検討している。6月には
      同府箕面市からも職員が視察に訪れた。

       イエローチョーク作戦は、目立つ色でふんを囲い、日時を残すことで、放置した飼い主に
      困っている人や迷惑を被っている人がいることを伝える方法。ふんは回収しない。誰でも
      始めることができ、時間がたてば文字も自然に消える。

       宇治市環境企画課の柴田浩久主査(51)が駐車違反の取り締まりを参考に発案。ふん害
      が多かった市道下居大久保線(通称カムループス通り)で16年1月から試してみたところ、
      開始前は約30カ所で放置が確認されていたが、被害はほぼなくなっている。

       市が回覧板などで市民に方法を周知したところ、現在は市内約30カ所で作戦が展開され、
      大半の地域でふん害の減少につながっているという。こうした効果が5月末に報道されると、
      インターネット上でも話題となり、テレビやラジオの番組でも取り上げられた。

      関東や東海、九州の自治体から電話やメールでの問い合わせも十数件に上っている。
       柴田主査は「取り組みが全国的に関心を集めて非常にうれしい」と話す。一方、
      反響の大きさが、ふん害に悩んでいる人々や自治体が多く、対策が難しいことを
      表していると見ている。「一人でも多くの人がふん害で困らないようになれば」
      といい、今後も視察や問い合わせには積極的に応じるつもりだ。

       また、ふん害が多い場所は曲がり角など見通しが悪く、空き巣被害も多い傾向に
      あるといい、イエローチョーク作戦を防犯にも生かせないか検討。道路に
      「パトロール中」などと書くことで、犯人をけん制できるのではと思い描く。

       チョーク1本から広がる可能性に今後も注目が集まりそうだ。

      【【京都】効果絶大、イエローチョーク作戦!犬のクソを拾わずに黄色いチョークで囲む。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/12/20(火)18:11:42lPO
      1 遊 ツヨイーヌ



      2 右 じいちゃんが連れてきたイヌ



      3 中 虚弱イヌ



      4 一 ガイジーヌ



      5 三 サソリーヌ



      6 左 アザラシーヌ



      7 二 豪雨散歩イヌ



      8 捕 カリカリーヌ



      9 指 ケーキーヌ



      P  ケイタイーヌ



      なお故・ヤマアラシーヌ外野手の通夜は明日行われる模様
      【【話題】よく見るイヌの画像で打線組んだwwwww】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/03/17(木) 17:58:07.17ID:1/L+I8AL0 BE:342992884-PLT(13931)
      すべての足を失ったわんこ、黒いゴミ袋に詰められて捨てられる。

      “チチ”という名のゴールデンレトリバーの血が入ったわんこは、
      韓国の犬肉市場で生まれ育った。

      お客に買ってもらうため、足を縛られて吊り下げられる日々。

      結果、足が4本とも腐ってしまい、黒いゴミ袋に詰められて
      捨てられるところを、米国の動物保護団体ARMEが救出した。



      米放送局CBSなどによると、わんこはほとんど瀕死の状態だったが、
      獣医の外科的手術によって一命を取り留めることに。

      足を4本とも失ってしまったが、
      米アリゾナ州フェニックス在住のハウエルさんの家族が里親になろうと申し出た。



      保護団体ARMEのトップであるキースさんは、次のように語っている。

      「韓国では肉の味が良くなると言って、肉として売る直前に、
      生きている犬をひどく虐待することで値をつり上げたりするのです。

      チチもまた同じようにひどい目に遭ったはずですが、彼女は生き残った。

      そしてしっぽを振って笑ってくれるんです。

      とても人なつっこくて、手術をして足を失ったにもかかわらず、
      すぐに歩き始めていました」







      手術から2か月後、チチはアメリカのハウエルさんの家にやって来た。

      階段は上れないが、裏庭の芝生を楽しそうに駆け回るなど、
      穏やかな生活を始めたという。ハウエルさんは「チチは特別な犬です。

      恐ろしい目に遭ったというのに人間のことをとても愛してくれる。

      いつか、身体を切断しなければならなくなった軍人や子どもを力づけてくれる、
      セラピードッグとして働くことができると考えています」とコメントしている。



      ナリナリ ドットコム
      【【悲劇】『すべての足を失ったわんこ』黒いゴミ袋に詰められて捨てられる】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/02/28(日) 20:31:44.11ID:CAP_USER*.net
      ◆ 【画像】ダークサイドに堕ちたような眼差しを持つネコが話題

      常に邪悪な眼差しのネコが話題を呼んでいます。

      写真:



      このネコは日本の小雪ちゃんで、
      9歳のスコティッシュ・ホールドです。

      彼女はインスタグラムに3万5千、
      ツイッターに4万4千のフォロワーを抱える大人気ネコです。

      写真:













      飼い主によると、いつもこのような表情ではないとのこと。

      海外サイトでは「ダークサイドに堕ちたんだろ」
      「ニコール・キッドマンに似ている」
      「人間に疲れたんだ…」

      などと様々なコメントが寄せられています。

      【Mail Online】
       http://www.dailymail.co.uk/femail/article-3457587/Koyuki-permanently-scowling-feline-gains-online-following-menacing-expression-owner-insists-actually-friendly.html#comments

      世界核通信
      【【画像】ダークサイドに堕ちたような眼差しを持つネコが話題】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/01/15(金) 18:27:25.20ID:CAP_USER.net
      茨城県警の嘱託警察犬にトイプードルの「アンズ」(雌、3歳)が選ばれ
      15日の嘱託式で、警察犬章のメダルを授与された。

      飼育放棄されて殺処分になるところを引き取られ、審査会で合格した。
      嘱託期間の1年間、行方不明者の捜索や犯人捜査で活躍する予定だ。

      アンズは生後間もない2013年春、県動物愛護推進員で警察犬の指導もしている
      茨城県東海村の鈴木博房さん(65)に保護された。

      当初は最低限のしつけを受けるだけだったが、鈴木さんが一緒に飼っていた
      シェパードの訓練に興味を示し、ともに訓練を受け始めた。

      写真:茨城県警の嘱託警察犬に選ばれたトイプードルの「アンズ」



      共同通信
      【【イッヌ】『トイプードの警察犬』殺処分免除、審査に合格。】の続きを読む

        このページのトップヘ