『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2018.1.8

      アマゾン

      1:まとめらいぶ 2018/01/23(火) 10:15:45.22 ID:XaCU5ys20 BE:422186189-PLT(12015) ポイント特典
      米アマゾン・ドット・コムは22日、米シアトルでレジのないコンビニエンスストア
      「アマゾン・ゴー」を一般向けに開業した。

      画像認識技術などを駆使した最先端のコンビニをいち早く体験しようと、昼どきには
      周辺のオフィスで働く人らでにぎわった。ただレジで滞らないため、100人並んでも
      待ち時間は10~15分ほど。訪れた人たちからは「忙しい人に最適」「クールだ」
      といった声が上がった。

      アマゾン・ゴーはスマートフォン(スマホ)の専用アプリに表示されるQRコードを
      ゲートにかざして入場すれば、ほしい物を棚から取って店の外に持ち出すだけで自動
      的に会計が済む仕組み。店の天井にはカメラが確認できただけで80台以上は設置され
      ており、誰が何を取ったかを追跡し続けることで実現した。

      一度手にした商品を棚に戻せば、それも反映される。記者は買い物中にサンドイッチ
      の種類を2回、カップケーキを3回取り換えたが、店を出た後にアプリに表示された
      レシートには最終的にバッグに入れた品物が正しく反映されていた。広さは日本のコ
      ンビニとほぼ同じ約170平方メートル。サンドイッチやヨーグルト、菓子などが置い
      てある。

      シアトルのデザイン事務所で働くリンサル・カンパウさん(42)は「私のような小さ
      い子を育てながら働く母親にとって、レジの待ち時間を気にせずに立ち寄れるこうい
      う店は重宝する」と話した。

      【日本経済新聞】
       https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26013650T20C18A1000000/

      引用元: セブンイレブンに激震、アマゾンがコンビニ事業に参入、AI店員が画像認識で自動決済

      (C)2015 - 2018 まとめらいぶ

      【セブンイレブンに激震!アマゾンがコンビニ事業に参入、AI店員が画像認識で自動決済。】の続きを読む

      1:まとめらいぶ 2018/01/23(火) 12:11:36.85 ID:3+N/50fwr
      米アマゾン・ドット・コムは22日(米国時間)、米シアトルに無人のコンビニエンス
      ストアを開業する。 人工知能(AI)の技術を駆使して、レジを無くした。来店客は買
      いたい商品を棚から取り出し、そのまま外に出るだけで自動的に支払いが済む。ネッ
      ト小売りを制したアマゾンが実店舗のあり方も変えようとしている。

      no title

      引用元: 【朗報】アマゾン、棚から商品を取りそのまま外に出るだけで支払いが済む無人コンビニを開設

      (C)2015 - 2018 まとめらいぶ

      【【朗報】アマゾン、棚から商品を取りそのまま外に出るだけで支払いが済む無人コンビニを開設。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/01/22(日) 18:02:05.05ID:CAP_USER.net
      【sorae】
       http://sorae.jp/030201/2017_01_20_ama.html



      思わずディストピアという言葉が頭をよぎりましたが、じつは結構実用的です。
      アマゾンは2016年12月、多数のドローンが合体する
      「メガドローン」の特許を取得しました。
       
      Amazon Technologies Inc.が2015年2月に出願した
      「collective unmanned aerial vehicle」というこのドローン特許では、
      小型のドローンをまるでパッチワークのように組み合わせる
      アイディアが説明されています。

       このように多数のドローンを合体させるメリットとして、「より重いものを持ち運べる/よ
      り長距離を移動できる」などのメリットが予測されています。さらに一つ一つのドローンは
      必要があれば分離可能で、それぞれが配達へと飛び立つことも可能なんです。
       
      例えば普通のサイズのドローンは最大でも30分の飛行、重くて4.5kg程度の荷物しか
      輸送できません。しかしこのような合体ドローンなら「もっと重いものをもっと遠くへ」
      輸送することができます。しかも、航空機のような滑走路は必要ないんです。
      これは実現が楽しみですね!
       
      さらに、このようにドローンを組み合わせて飛行させることで「他の航空機や地上施設からも
      判別しやすい」といったメリットも生まれます。このような合体ドローンは実現へのハードルも
      高くなさそうですし、意外と本当に将来運行されることになるかもしれません。
      【【航空】アマゾン、多数のドローンが合体する『メガドローン』特許を取得。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/10/11(火) 19:51:30.88ID:CAP_USER.net
      pc watch





       米Amazon.comにて、未発表の韓国Samsung Electronics製
      円筒形PCが商品登録され、予約受付が行なわれている。執筆時点
      では公式Webサイトに製品ページも作られていない。

       製品名は「DP700C6A-X01US ArtPC Pulse Premium Desktop」となっており、
      前半は型番と思われる。Amazon.comの製品ページには、第6世代Core i5(2.7GHz)と
      SSD 256GBのモデルと、同Core i7(3.4GHz)とSSD 256GB+HDD 1TBの2モデルが
      登録されており、価格は前者が1,199.99ドル(約124,782円)、後者は1,599.99ドル
      (約166,362円)。発売日は10月28日となっている。なお、アマゾンジャパンには
      同製品は登録されていなかった。

       本体サイズは約139×271mm(直径×高さ)となっており、外観も含めてサイズが
      167×251mm(同)のMac Proをある程度彷彿とさせるデザインを採用。
      重量は約5.39kg。

       筐体は全体が金属製で上部にHarman Kardonの360度スピーカーを搭載。
      同スピーカーはHPが10月に発売した「Pavilion Wave 600」と同じものと思われる。

       説明には1TB HDDの拡張モジュールを足すことができるとしており、
      おそらくCore i7モデルに付属しているHDDがモジュール式になっているようだ。

       Core i5モデルはメモリ8GBで、Core i7モデルは16GBを搭載。両モデルとも
      外部GPUとしてビデオメモリ2GBのRadeonを実装している。OSはWindows 10。
       インターフェイスは共通で、USB 3.0×3、USB Type-C、Gigabit Ethernet、
      HDMI、SDカードスロット、イヤフォンジャックを装備する。
      【【PC】『サムスン』円筒形の小型パソコンを発売!アマゾンで予約受付開始】の続きを読む


      久しく、私日誌を更新致します。

      BOSEのスピーカーについて。

      『Pioneer』『KENWOOD』のスピーカーは以前使っていた事があって、
      今は『SONY』を使用中でしたが『BOSE』だけは使った事がない。
      個人的に憧れもあり、気になっていたので買ってきました。

      購入したのは
      【BOSE】
      『SoundLink Mini Bluetooth speaker II』
      です。

      決めるにあたり条件はひとつだけ
      • 私の使用しているノートパソコンの後ろに置ければOK
      参考価格(投稿時点)

      ヨドバシ.com   本体 27,000円 + 専用ソフトカバー 3,240円
      amazon.co.jp     本体 27,000円 + 専用ソフトカバー 3,240円

      それでたまたま『ケーズデンキ』に行ったので値段を確認しました。

      ケーズデンキ       本体 27,000円(店頭) + 専用ソフトカバー 3,240円 (店頭)

      価格は全て税込みですが、1円の差もなく同額!これは・・・、もしや・・・。


      【【BOSE】『SoundLink Mini Bluetooth speaker II』買ってきた】の続きを読む

        このページのトップヘ