『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2018.1.8

      アップロード

      1:まとめらいぶ 2018/01/01(月) 19:34:23.83 ID:CAP_USER9
      「漫画村」というキーワードでツイッターを検索すると、こんな投稿が次々と引っかかる。

      「オススメ(の漫画)は『××××』(中略)漫画村って検索すればそこから全部読めますよ」
      「危ない!買うとこだったww漫画村で××××読めるの?」
      「全巻漫画村で読んだけど、今まで読んだマンガの中で一番好き」
      「漫画買おうと言ったら学校の子に『そんなの漫画村(?)で読めばいいじゃん』
       と言われた...」
      「学校でも流行ってるわ漫画村」

      つぶやきの主には、プロフィール欄の内容などから、中学生や高校生と
      見られる低年齢のユーザーも少なくない。

      「画像の保管元は漫画村と一切関係ありません」と説明

      ツイートにある「漫画村」は、最近注目を集めているウェブサイトだ。サイトを見ると、
      「名探偵コナン」や「ONE PIECE」、「進撃の巨人」といった人気漫画が、当たり前の
      ように掲載され、「無料で」閲覧することができる。見開き型のビューアーなども備え
      られており、一見すると出版社などが運営する公式のサービスにも見える。

      しかし、これらの漫画は著作権者に無断でアップロードされたものだ。運営者は「漫画
      村はネット上に落ちている画像を機械で収集して保存しているウェブ型クローンサイト
      です」と称し、「10月以降漫画村自身のサーバーには画像を保管しなくなりました。ま
      た画像の保管元は漫画村と一切関係ありません」と説明、あくまで他者がアップした画
      像をまとめているだけ、という体裁を取り、「漫画村は日本国内のいかなる企業・個人
      との関わりはありません」と主張するが。

      「もぐら叩き」状態の違法サイト

      Googleでの検索傾向の推移を調べられる「Googleトレンド」のデータによると、「漫画
      村」が注目されるようになったのは2017年4月後半ごろだ。

      ちょうどこの時期、やはり大量の漫画を違法アップロードしていたサイト「フリーブック
      ス」が突然閉鎖された。フリーブックスについては講談社や小学館など、複数の大手出版
      社からも問題視されており、すでに対応に向け協議を進めていたタイミングだったという。

      そのフリーブックスと入れ替わるように台頭してきたのが「漫画村」だ。ひとつ消えれば
      またひとつ、といった具合で、権利者からすればまさに「もぐら叩き」である。

      こうしたサイトの利用者には、冒頭に挙げたように低年齢層も少なくない。フリーブック
      ス閉鎖の際にも、「悲鳴」を上げたユーザーの多くが若者だったことが注目を集めた。12
      月25日に投稿された、身の回りの小中学生にまで「漫画村」の利用が広がっている、とい
      うツイートは、27日までに2万5000回近くリツイートされるなど、非常に話題を呼んでいる。

      no title

      引用元: 【話題】「漫画村で全部(無料で)読めます」「学校でも流行ってる」 「無断で大量アップロード」サイトの猛威がまた

      (C)2015 - 2018 まとめらいぶ

      【【話題】『漫画村で全部(無料で)読めます』『学校でも流行ってる』『無断で大量アップロード』サイトの猛威】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/03/14(火) 20:32:52.84ID:CAP_USER9.net
      近い将来、試験勉強が数秒で済むようになるかもしれない。そんな夢の技術が現在開発
      されているという驚きのニュースが舞い込んできた。なんと、知識を脳に直接
      植えつけることが可能になるというのだ!

      ■ 脳を刺激するだけで言語習得、試験勉強が一瞬で可能に

      知識を脳にインストールするといえば、思い起こされるのが映画『マトリックス』の
      1シーンだろう。主人公のネオに直接カンフーの技術がインストールされ、瞬く間に
      カンフーの達人になる場面だ。こんなことが実際に起こるというのだろうか?

      英紙「The Telegraph」(3月1日付)によると、米航空機製造会社
      「ヒューズ・エアクラフト」の研究機関「HRL Laboratories」の
      マシュー・フィリップス博士らは、学習機能を格段に向上させる
      技術の開発に取り組み、素晴らしい研究成果を得たという。
      その成果の一端がこの度、科学ジャーナル
      「Frontiers in Human Neuroscience」
      掲載の論文で明らかになった。

      博士らは、熟練したパイロットが飛行機を操縦している時の脳内電気信号を研究。
      その電気信号を素人の脳に電極付きのヘッドキャップを通して送り込み、フライト
      シミュレーターで操縦技術を学習させたところ、電気刺激を受けなかった被験者
      よりも学習が早く、課題を33パーセント増でこなしたという。フィリップス博士
      が興奮気味に語っている。

      「我々の開発した脳刺激システムは画期的です。まるでSF映画のようですが、
      このシステムには膨大な科学的な基礎があります」(フィリップス博士)
      「何かを学ぶと脳が物理的に変化します。ニューロン結合が形成され
      強まるニューロン可塑性がそれです」





      【トカナ】
       http://tocana.jp/2017/03/post_12610_entry.html
      【【科学】脳に知識を直接アップロードする実験に成功!勉強は不要】の続きを読む

        このページのトップヘ