タグ:ひっそり

1まとめらいぶ2017/02/05(日) 19:38:29.96 BE:829826275-PLT(12931)
トヨタがBMWと共同開発を進める「スープラ」次期型が厳冬のスカンジナビアに降臨した。
「86」の兄貴分として、フラッグシップ・スポーツという位置づけでデビューが予定されている
次世代型。パワートレインには、エントリーモデルにBMW製2リットル直列4気筒ターボエンジン、
ハイエンドモデルには最高馬力340psを発揮する、BMW製3リットル直列6気筒ターボエンジン
がラインナップされるという。

ヘッドライトは未だダミーだが、2014年に公開された「FT-1」のデザインからインスピレーションを
得た、フロントバンパーの大口エアダクトやルーフラインが確認出来る。

ワールドプレミアは2017年東京モーターショーが有力だ。

【response】
 http://response.jp/article/2017/02/03/290047.html







続きを読む

1まとめらいぶ2016/11/05(土) 16:31:30.41ID:CAP_USER.net
※ チラシ 

【しまむらグループ】
 http://www.shimamura.gr.jp/shimamura/flier/?ao_flg=0

※ 探して下さい

続きを読む

1まとめらいぶ2016/07/08(金) 10:58:37.27ID:CAP_USER.net
withnews



 東証1部へ上場したコメダホールディングスが展開するコメダ珈琲店。
その1号店が閉店したと聞いた。毎年50~70店のハイペースで出店攻勢をかける中、
発祥の店はなぜ消えたのか。

( 朝日新聞名古屋報道センター記者 ・ 斎藤健一郎 )

痕跡は何もない

 昭和の風情ただよう円頓寺商店街の近く。名古屋市西区那古野2丁目で、
コメダは1968年に創業した。いま、店があった場所には新しい5階建ての
マンションが立っていた。有名チェーンがこの地で第一歩を
踏み出したことを示す痕跡は何もない。

 近所の年配男性が教えてくれた。「ビルが老朽化したもんで、取り壊してそのまま
閉店だよ。繁盛はしてた。うん、経営は良かったと思うよ」。ご近所さんが自転車で
立ち寄るような小さな喫茶店で、木製のドアを開けると
店内は10卓ほどの空間だったという。

老朽化「やむなく」閉店

 コメダによると、1号店は菊井店といい、創業者で元会長の加藤太郎氏が
48年前に開いた。家業が米屋だったことから店名を「コメダ」とした。

 コメダといえば、戸建ての店舗が特徴だが、1号店はビルの一角を間借りしていた。
そのビルが建設から半世紀近くたって老朽化した。地主の意向もあってマンションへの
建て替えが決まり、2014年3月末に「やむなく」閉店したという。

 1号店があった場所の2軒隣で医院を経営する後藤正己さん(65)は推測する。
「駐車場がない小さな店は、大きくなったグループのコンセプトからは外れたんでしょう。
この辺りの商店も軒並み店を閉めました」

 古くからの住民は高齢者ばかりになったという。

「時代はどんどん変わる」

 服部金江さん(64)の家は父親の代から、1号店の向かいですし屋を営んでいた。

 「バブルの時は、近くの会社の営業部長が朝から来て、
一日中接待で飲んでいたもんですよ」と懐かしむ。

 夫が他界し、弟子を多く抱えた店を
12年ほど前にたたんだ。今は子や孫と暮らしている。

 コメダ1号店開店の日には、母の春子さんが加藤氏を手伝い、
一緒に花配りをしたという。その母も2年前に91歳で亡くなった。

 経済成長を追い求める社会で、街の盛衰を見てきた服部さん。
「時代はどんどん変わる。私たちの時代は良かったけれど、
子どもや孫が将来どうなるか。そればかりが心配です」。
続きを読む

1まとめらいぶ2016/02/18(木) 07:19:03.23ID:cZqKj8+L0.net BE:698254606-PLT(13121)
和歌山県の山間部で地元の人たちの仕事を手伝いながら、
わずかな収入で自由気ままに生活している若者たちがいる。

あくせく働かず、自然に恵まれた環境で
好きなことをしながら暮らす“山奥ニート”たち。

かつて引きこもりだった人もおり、「楽しく暮らすのが一番」とも。

そんな彼らに地元の人たちも好意的だが、
こうした「自由な生き方」は新しいライフスタイルとして定着するのだろうか。

1月中旬、和歌山県田辺市五味の畑で2人の若い男性がクワをふるっていた。

就労、就学していない若年無業者がニートと呼ばれるなか、“山奥ニート”を自称する
石井新(あらた)さん(27)と仲間の男性(26)。

この日は近くの社会福祉法人の依頼で、入所者とともに畑を耕していた。

和歌山市から車で約2時間半。彼らが暮らすのは山間部の限界集落だ。

住居は廃校となった小学校の校舎を改装して使っている。

建物は引きこもりの人を支援するNPO法人「共生舎」の所有で、
代表が死去したこともあり、石井さんらが管理人として移住してきた。

仲間の住人は現在4人。いずれも20代の若者で、主に農作業や草刈り、
梅の実の収穫など住民の手伝いをして得た収入で生活。

平均年齢約70歳でわずか8人の地元住民からは、
若い男手として頼りにされている。

「最低2万5千円あれば1カ月暮らせる」そうで、
生活費が不足したときは地方の観光地やリゾート地で短期間のアルバイトをし、
必要なだけ稼いで帰ってくるという。「なくなったら稼げばいい。

楽しく暮らすことが一番大事」と石井さんは話す。

今風なのは、パソコンを持ち込みインターネットを利用していること。

ネット通販を使えば2日で注文品が届くといい、
「山奥でも必要なものはたいてい手に入る」。

漫画など娯楽もシェアし、「しゃべらないけど気にならない。
もともとみんな一人が好きなので」と笑う。

Yahoo! ニュース

続きを読む

↑このページのトップヘ